2017年02月04日

通過儀礼、YAMAHA NTX-700

imageK君に渡ったギターは、YAMAHA NTX-700。

既報の通り、(貸して)いただいたギターの10分の1、いや20分の1の値段のギター。
サウンドホールに機番が見えてるから、価格わかっちゃうね。

だって、彼の望みは、
・押さえ易い。
・指が痛くならない。
・サイズが大きくない。
ということで、
・ネック(指板)が細い。
・ガット弦(実はナイロン弦)
・ちょっと小ぶりのシングル・カッタウェイ。
それに該当するギターが(たまたま)安かった。

そして、エレガット。
ピックアップとイコライザー内蔵。
アンプ/スピーカをつなげて、拡声できる。
これは、オマケの機能かな。

imageで、渡す前にしっかり弾いておこうと、手元に置いていた。
S君との練習にも持って行ったりして。
その練習の時、ギターの上にカポタストをコツンと落として、小さな穴をあけた。
貫通はしてないが、塗装はしっかり取れた。
軽傷、軽傷。

これ、よくやるんだよね。
ギターを買った新品のうちに、よくやる。
通過儀礼のようなもんだ。

買って来たギターのをギターケースから出す際に、ケースのバックルの爪にギターを「ガリッ」とやってしまったり。
弾く前に、傷付けてる。
あれも確か、ヤマハだったなあ。

扱いが雑なんだよね。
手入れもしないし、拭きもしない。

だから、S君の所に持って行ったり、置いてくるといいんだよね。
ピカピカになる。弦も新しくなるんだよ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52485381