2017年02月11日

少人数、「やっすあん」

image「急な話ですが、明日ワカメしゃぶしゃぶ如何ですか?」とメールが入った金曜の朝。

急だろうが何だろうが、空いてれば行かぬ訳はない。
土曜の夕方、市民病院への見舞いを終えた後、そのまま向かえばいい。
見当違いの土地勘で納得しつつ、開始の17時ちょい遅れてY則くんの別荘?「保庵」に着いた。

居たのは、Y則くんとK彦くん。
「みんな、遅れてくるの?」

いや、今宵の宴はこの精鋭3人らしい。

メニューは、いきなり「ワカメしゃぶしゃぶ」から。
美味、そして体によさそうだよね。

ビールで始まるが、時間を待たず秘蔵の「日本酒」に変わる。
この人達と付き合うと、自然と美味しいお酒にありつけることになる。
味の分からぬ私にも、確かに美味しい。

次に「豚しゃぶ」、そして「鱈鍋」。
鍋のピッチも早ければ、酒のピッチの早いこと。

特にK彦くん、ここぞとばかりに飲んでいる。
だが彼、自分では早いピッチの自覚がないよ。

鍋のシメは麺とオジヤのダブル。
しっかり出汁が出ている、効いている。絶妙。
たらふく食べて、しっかり飲んで、嵐のような飲み会は終わったのは、やはり10時過ぎ。
やっぱり、5時間超。

少人数でも、長時間。
長くなければ、保則庵じゃない。
No Sake, No Life.

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52486979