2017年03月17日

プロレス総選挙2017

imageプロレス総選挙2017が行われた。
この番組、なんとゴールデンのはずが、WBCの延長で放送時間が一気に深夜番組となってしまった。
午後9時始まりが、なんと0時過ぎ開始。
そこんとこ、やっぱプロレス並み扱い。

「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙」というからには、総選挙なんだろう。結果は:ー

第1位、アントニオ猪木
第2位、ジャイアント馬場
第3位、初代タイガーマスク
第4位、オカダ・カズチカ
第5位、力道山
第6位、棚橋弘至
第7位、ジャンボ鶴田
第8位、獣神サンダー・ライガー
第9位、三沢光晴
第10位、スタン・ハンセン

まあ、順当かな。
筋金入りの「プヲタ」の私としては言いたいとこもあるが。

第6位棚橋弘至が意外だったけど、新日本プロレスの不人気時代を支え、今の大人気を取り戻した功績が大きいのかな。
オカダ・カズチカ時代を導いた。

それに、棚橋と入れて弘至が一発変換で出たところは、認知されてるのかも知れん。

ちなみに、11位以下は:ー
11位、長州力
12位、武藤敬司
13位、小橋健太
14位、天龍源一郎
15位、ケニー・オメガ
16位、橋本真也
17位、蝶野正洋
18位、ハルク・ホーガン
19位、真壁刀義
20位、アンドレ・ザ・ジャイアント

これも、ケニー・オメガ、真壁刀義以外は順当か?
力道山以来のオールド・プロレスファン、「プヲタ」としてはね。

この総選挙、多分恒例とはならないと思うよ。
紙のプロレス、亡き今としてはね。

ということで、「私の選んだベスト20」の発表でもしようか。

この記事へのトラックバックURL