2017年05月13日

社長プレゼン、スライド3(つかみ3)

image<前項から続く>

そして、本題。

スライドはいきなり地味になり、

「A4×4ページ、1000部、カラー刷でいくらですか?」

これも私の持ちネタで、よく使うツカミ。
前にもブログに書いたが、そんな質問されても、「わからない」と答える。

「あれ、印刷屋の社長じゃないの?」と来る。
その返事は、「中身によって違います」と。
会社案内なのか、資料パンフなのか、社内資料なのか等々、内容によって違うでしょって。

「紙の枚数を売ってるんじゃないです。キレイなデザインの印刷物と落書きのような印刷物じゃ、値段が違うでしょ」って、畳み掛ける私。
「そして、ブラザー印刷は高いです」
(上から目線でモノを言いますねって言われる私)

ま、言いたいことの前提が、「効果のある印刷物」「訴求力のある印刷物」を提供する会社と認識してほしいってこどだものね。

そんなことをお話しした後は、私のブラザー印刷キャリアと色々とやってきたことの紹介。
つまり、いま流行りの?「しくじり先生」的な話。

そして、今はあれこれ手を出さず、私も飛んだり跳ねたりせずおとなし目。
会社の実力を付け、等身大のブラザー印刷を売ろうとしています、と言う話をさせていただいた。

この辺ここでは大幅割愛だが、詳しい話が聞きたい方はいつでも「しくじり先生」の話をさせていただきましょう。

ただし、私の講演料は高価です。ハハ。
高価=効果とは言い難いが。

<4話完結>

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52494437