2017年06月18日

「英語は右脳で学べ」

image「英語は右脳で学べ」Kindle版
苫米地英人:著
コグニティブリサーチラボ:刊

帰りの飛行機で読んだ本、ただしKindle版。
Kindle Unlimitedだから、無料かな。

しかし、アメリカ旅行の帰路になぜ英会話の本。
時すでに遅し、かな。
付け焼き刃よりいいかも知れんよ。

英語を喋れるようになるには、覚える>使う>身につく。その繰り返しなんだろうね。

本著では、英語のシリーズ物ドラマを見まくること。(1日2時間)
英語の名演説を丸暗記すること。ケネディの就任演説、スティーブ・ジョブズの演説など。

演説!?その通りだと思ったよ。

今回の旅で強く感じたこと、それはアメリカ人のスピーチの上手なこと、プレゼンテーションのよどみないこと。
絶対噛まないし。

それにひきかえ、日本人のスピーチの下手なこと。
日本語でも英語でもいいんだよ。

以前から、ちゃんと人前で上手く食べることを、自分自身の課題と感じていただけに、今回大会のプレゼン等でそれを強く感じた。

そしたら、たまたま帰路で読んだこの本に、ソンナことが書いてあるんだもんね、驚いた。
啐啄?

今回も因んだものたくさんあるよね。
リンカーンのゲティスバーグ演説、キング牧師の演説など。

人前で上手く喋りたいもんだ、と改めて。
日本語でもね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/brother_p/52496919