2018年01月08日

八角、発覚。白鵬、吐く方。

thデストロイヤーは1963年5月に突然、日本プロレスリングのリングを襲い、力道山に対戦を要求する。
その後、デストロイヤーvs力道山は死闘を繰り返す。
視聴率も50%超え。
(その年の12月力道山は暴漢に刺されて死亡)

デストロイヤーはその後も何度も来日し、馬場猪木と戦いを重ね、ついには和田アキ子とゴールデンタイムのバラエティー番組のレギュラーとなる。

興行の世界、お約束の世界だ。

「プロレスは八百長、唯一ガチンコは力道山」という「白帯プロレス者」がいるが、力道山とてケーフェイ(お約束)。
ケーフェイと八百長は違う。
ケーフェイ=お約束と言うか。
忖度と言うか、そうだ忖度だ。

大相撲も中途半端な真剣勝負ごっこをやめて、こちらの世界に来たらいいかも。

貴乃花一派は日本大相撲協会抜けて、ガチンコ「真・大相撲」協会を作る。
かたや、「白鵬・八角」協会は、プロレスをモデルに興行をすればいい。
共存・共栄するよ。

そしていつか「プロレスvs総合格闘技」のように、「どちらが強いか決める」戦いをすればいい。
それは、かみ合わない試合となるけどね。

プロレス大好きの私も、大相撲に関してはガチンコが好み。
貴乃花支持ということにしておこう。