2018年01月21日

発掘、考古学にふさわしい。

IMG_0762また、発掘の話。

まだまだ、50%に達していない部屋の環境整備。

今回は、テニス・ラケットが出て来た。

机の下の奥深くから出て来たのだ。
1990年頃10年間ほど、複写ハガキなるハガキを書き続けていて、そのいただいたハガキが約5万枚。
それが、机の下及び窓の下壁面、棚などに保管されていたのだ。

それらを捨てることにし、机の下のハガキの壁を決壊させたら、奥から出て来たラケット3本。
Wilson2本と、なんちゃら1本、M/Cって?
テニスしてたのは、40年以上も前だから……。

「捨てよ」と今朝のごみ出しに。
「可燃ごみ」か「不燃ゴミ」かわからないけど、今朝は「可燃ごみ」と「不燃ゴミ」の日。
置き場所のちょうど中間辺りに置いといた。はは。

ここまで、書き続けると、どんだけゴミ屋敷かもはや読者の想像を超えているんではないだろうか?
とこちらも想像するのだが、そういった書き方になってるよね。
私の自虐型作風?

ともかくも、はがきと言い、ラケットと言い、3〜40年も前のをどう始末するかってことだがら、やっぱり発掘・考古学ってことか。
しかし、この延々と続きそうな今回のごみ屋敷退治。
どこがゴールで、どういったスケジュールなのかだが。

ゴールは、床に物が置いてない状態かな?
現状は、50%も床が見えてないや。