2018年07月23日

湯の山温泉の1歩手前にあった。

IMG_1469入場すると、例年訪れた「山の中のスーパー銭湯」とはまるで違って、「おしゃれスパ」
多少勝手が違った風もあったメンバーだが、風呂には満足。

猛暑の露天風呂は、お湯より日差しの方が熱かったが。

そして、湯上りビールとともに、昼ご飯。
定番必須のコースである。
ここもよくある食券方式でなく、レストラン+割烹スタイル。

そして、お土産物売り場って感じを超えた広いスーベニア・ショップ。

来年からの吉例「日帰り温泉ツアー」の選択肢が増えたなあ、こんな温泉もあるんだと。

吉例は、岡崎に帰ってから反省会と言う名の飲み会があるのだが、それには時間がある。
じゃあ、御在所ロープウェイに行こうと向かったのだが、その入り口までの狭い道で大渋滞、断念して帰ることとした。

その御在所ロープウェイに向かう途中に湯の山温泉があるのだが、アクアイグニスを見た後だけに、なんか寂れた感が強かった。

時代に対応しきれてないのかな。
「温泉」に人気はあれど。

さて、岡崎にもどって反省会。
みなさん、熱暑温泉で力尽きたのか、参加者は3人。
遊びにどん欲な、Kさん、Nさん、私。

会場は、3人の家から真ん中あたり(歩いて5分、10分、15分これバスかな?)の居酒屋さん。
遊びの仕上。