2018年07月24日

法人会南部支部防災研修会

IMG_1487岡崎法人会南部支部主催の防災研修会。
共催は、竜海支部と福岡支部。

「心肺蘇生法実習、特殊車両見学会」
日時:2018年7月24日、14時〜15時
場所:岡崎市消防本部中消防署本署講堂

IMG_1482折しも猛暑、エレベータのない3階講堂にたどり着いた参加者は、すでに大汗と息が上がった状態。
今日の研修にふさわしい?

法人会員20名、一般30名の方々が集まってくださった。
参加者は2チームに分かれ、AED実習と特殊車両見学を交互に行った。

この研修の企画が出
されたのは、6月。
その後、大阪で地震が発生し、西日本の豪雨災害、そして今般の歴史的猛暑。
時を得たテーマと言うか、喜ばしいことではないが、「防災・減災」はまさにタイムリー。
皆さんの関心も高く、多くの参加者につながった。

目玉の一つ、サラマンダー。
日本に一台しかない全地形対応の最強消防車、それが岡崎消防署にある。
それが、西日本の豪雨災害に出動しており、戻って来たのだが只今点検整備中で、不在なのだ。
残念。

でも、見学者に岡崎消防署は災害復旧の当事者として真っただ中にいるという実感を与えたのではないだろうか。

心肺蘇生法実習、つまりAEDの使い方も、一つの班は質問が殺到し、実習は時間切れ状態になってしまった。
これも、参加者の関心の高さ故なのだろう。

少し、時間設定が短かった。このプログラムならば2時間は必要かと反省。

いずれにしても参加者の方々は、この法人会防災施研修をきっかけに、防災・減災「想定外を想定内に」進めていただければありがたい。

(文責:南部支部長 岡田吉生)