2019年04月11日

米山奨学生オリエンテーション

IMG_35532019年度米山奨学生オリエンテーションがナゴヤキャッスルプラザで開催。

我が岡崎城南RCの次年度、私は米山記念奨学会委員長を仰せつかっているので、そのお役目出席。
米山記念奨学会は、東アジア・東南アジアからの留学生から奨学生を選び、支援している。

奨学金と言っても苦学生向けでなく、大学院生でしっかり研究・勉強の環境にいる優秀な学生が対象で、日本語のマスター度合いも半端ない。

今岡崎城南でお世話している2018年度米山奨学生のカン・メイキーちゃんも、マレーシアからの優秀な学生。
母国語は「マレー語」なんだろうけど、公用語は「英語」、中国系マレーシア人ということで「中国語」、「日本語」もネイティブに近いところまで話せるようになってきている。
ということは、4か国語。
バイリンガルどころか、トリリンガル、いや「ポリグロット」だ。

この日集まっている約40名の新米山奨学生も、それに近い学生が多い。
すごいなあ、刺激される。


この奨学金制度の目的に、日本との交流、そしてロータリーへの理解を深めるということがある。
能力のある人をさらに伸ばし、その彼らに日本との絆を深めて行ってほしい。
それが世界平和への架け橋となる。

やっぱ、世界平和でしょ。

今回、それにたがわぬ新奨学生の志の高さに触れるにつけ、おじさんいやおじいさんの私も、血の滾る想い。
まだまだ私も、って感じね。