2020年02月08日

泣かないよ。ストリートライブ

IMG_6620 土曜日の朝からまた大森へ向かっている。
バンドの仕事、明日も。

ホントこき使われるなあ。
(でも、嫌じゃないよ。I上君。)

岡崎某駅のゆったりとした南口、大きな看板が掲げてある。
構内禁止行為、音楽活動もかよ!

横の看板には「みんなできれいなまちづくり」だと。
音楽活動はきたないんかい!

実は3日前の夜、例のたぬきでグルテンフリー夕食を済ませ、帰宅しようとご機嫌でこの岡崎某駅南口を通りかかったら。

ストリートライブが始まったのだよ。
例の看板の掲げてない大柱の前で。

「退去させられるよ」と言ったら「そうなったら、それはその時」
やっぱ、ストリートは腹が座ってるなあ。

女性二人、ギター/ボーカルとカホン/コーラス。
普段は男子のギターとベースを従えて、活動してるらしい。
バンド名はW××× C××ing。

名前出すと「違法行為」をちくるくることになるし。
(このなんとも細やかな心遣い)

ライブの告知ビラももらったけど、ここでは非公開にしておこう。

バンド名の日本語訳は「泣かないよ」みたいな。
泣いてないし。

結局ワンステージ1時間くらい聴いて、ご機嫌で帰宅。
ヴォーカルも上手、洋楽ロック味で良かったよ。
Superflyを美人にしたようだ、と持ち上げてね。

このブログを書いていたら、気分が上がって来たよ。
大森での「音楽」の仕事に向けて。

大森は「駅前でストリート」じゃないよ、念のため。
外じゃ、老人には寒いし。