2020年03月23日

ウイルスと人類の総力戦

DF906099-1020-4BC1-B1C2-50F3CA9D85BC昨夜、と言っても今朝か。
深夜1時から2時間、youtube を観た。
Coronavirus Talk コロナウイルス対談: YOSHIKI & (Nobel Laureate Physiology/Medicineノーベル生理学・医学賞)Shinya Yamanaka

9890B92E-DACE-4F2F-AB72-0BAC9F2E5AC1
【新型コロナ対策 緊急対談】日本は「新型コロナ」にどう対応すべきか?〜尾身茂氏(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長)×山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所所長)

観終わってからも目が冴えて眠れず、寝不足なのだが眠くない。
彼らの話で「目覚めた」のだろう。

わかったこと:
・この騒ぎは、ウイルスと人類の戦いである。それも総力戦。
・情報の少ない中でも、現状のエビデンスを最大限活かして、今できることを時を待たずやらないと、後悔することになる。
・国のトップの責任において判断されたことは、確証が出ていない今であっても実行すること。リーダーを信じて。
・判断を問われるのは厳しいが、自分も(山中教授)組織のトップとして、部下にそして皆さんに発信し実行する。
・その後新たな、もしかして反対のエビデンスがでたら、それに基づいて変えて行けばいい。
・平時のことならば、もし自分が健康を害しても自分の問題ととらえればいいが、今回は自分の感染は社会の破滅の動線をつくることとなる。自分のためでなく、社会のために動く必要がある。
・YOSHIKIさんが、イベントの中止とか、強行したアーティストへ向けて?のツイッターとか、それらに対しての賛否両論の嵐。スポンサーからのクレームもあるようだ。

YOSHIKIさんも山中教授も、影響力のある自分が伝えなきゃならないこと、それにいても立ってもいられないのだ。
その志に、泣けるよ。
同意すること、納得できることばかり。
でも、私のまとめはうまくないから、実際のyoutube見てちょ。

うちの会社も先月末に方針を決め、実行している。
社長は、まさに「時を待たず」リーダーとして流石の判断を下した。
私も、対外行事・会議もすべて欠席しているし、自ら主催の会も中止した。
それを伝えたときの他の方々、特に社長さんとかの「?」の反応を見るにつけ、かえって今すべきことが明らかになった思いだ。
社長に感謝している。

経済とのバランスとか、株が下がるとか、言ってる場合じゃなく、まずは「コレ」をやっつけることが優先、まさにウィルスとの戦いも「先手必勝」なのだ。

そして、「いつまでやればいいの?」と「悩み」をアピールする人達へが良く口にする「理屈」のレベルに落ち着かせるように、今後の「戦法」の変化もあろう。

「孫子の兵法」の必勝法?にもある。
「戦わなければ、負けない」、そんな調和状態も落としどころの一つなのだろう。
だが今は、そんな段階ではない。
ウイルスと平和条約を結ぶ段階じゃない。