2020年05月25日

環境整備のMonday Morning

IMG_7596第1・3月曜の朝は、会社の草刈り。
社員をB班・P班の2班に分けて、始業から15分間。

B=Brother、P=Printing ということね。
ウチ風のネーミング。

私はP班。
会社正面の生垣を主に、草むしりをしている。

社外の人が、「おっ、会長が草むしりをしている!?」狙いって訳でもないが、車通勤の社員と違って徒歩の私は、門扉辺りの草が気になるのでね。

草をむしっていると、よくお向かいのMお父さんに冷やかされる。
「要領悪いねえ」みたいな。
要するに下手だねえ、慣れないことをするからってこと。

Mさんちは生垣と言い、庭と言い、ホント見事に整備されている。

草をむしりながら、昔のことを思い出す。(またか)
1985年頃、会社の「環境整備」に力を入れていた。
当時師事をしていた「社長学」の一倉定先生の教えで、環境整備すなわち掃除。

毎週月曜の朝は、職場の身の回りの掃除から始めていた。
きれいになり、能率も上がり、ミスもなくなる。
朝イチで掃除をすることで、頭もすっきり、やる気も漲り、頭と心の環境整備なのだ。

その教えに、「回りのビニタイル毎回1枚磨き上げろ」というのがあった。
30兒擁の面積を徹底的にきれいにし、次のビニタイルに行く。

というわけで、今朝の草むしりは生垣幅約50僂鬚爐靴襪卜韻泙辰拭
満遍なくでなく、一度に少しずつ、きっちりと。

焦らずとも、まだ充分時間がある、私の人生?