2021年02月06日

その2:今になって、何故ブログを爆発的に書き始めたか?

IMG_9551昼ごはんは、玄米ご飯(パック)とウィンナとワイン。

ウィンナとワイン、なんか綴りが似ていそうだけど、ちゃいます。
「Vienna」と「Wine」、ダジャレには気をつけようね、エセ・インテリ諸兄。

さて、なぜblogなの、Twitterでしょ。インスタは? どっこいFacebookも生きてるよ。
と言いたい人も多いでしょうね。

まあ、露出したいけど、それほど晒したくもない。
やっぱ、記録性では、ブログかなと。

また、前置きが長くなった。
本題の「なぜブログを書くのか、続けるのか?」と言う話。

・生活の記録を残す。
今自分の断捨離、加えて父、弟、母(まだ元気)の遺したものは何かと強く考えるようになった。
断捨離だから「物」は「断」を選択されるよね。
父は、毎日日記を書いていた。
毎日文庫本ほどの量の文章を、毎日書いていた。
だから今、大量の日記が遺されている。
これって、見られていないブログだなあ、そう思った。
日記は知られるために書いていた訳じゃないけど、読んで欲しい人を想定していたのかも知れぬ。
その時どう考え、生きていたかも。

・書く力をつける。
正直、衰えを実感する。
衰えたから書けなくなったのか、書かないから衰えるのかわからないが、このところのブログの文章の酷さを実感する。
現に、この文章も。
社長を辞めた時SNSにその報告をしたら、それを見た新社長の言葉。
「何あれ? 随分、文章が下手になったね」
その「衰えたね」の意味を含む言葉、新社長のセンサーは鋭いね。(だから社長)
適切な指摘をいただける。

年齢的なものは、確かにあると思う。
だからこそ、「これから」は努力が必要。

これからの人生に、書くことは必要。

そう言ったところかな。
だから、ブログとして排泄し、晒している。
断捨離と排泄。
断捨離+拾う=「断捨離拾」かな。

長くなった、ダラダラと。
やっぱ下手になったなあ。

さあ、プロテイン+牛乳の用意をしよう。