2021年03月03日

懐かCD-番外編:RAY CHARLES, 'BEST OF RAY CHARLES'(1989)

I田くんのfacebook「今日のごきげんミュージック:その14」のRAY CHARLES。

それを見て自分も聴きたくなったレイ・チャールズ。

聴いたCDは、「BEST OF RAY CHARLES」、もちろん後々のCDプレス1989年。

もう「懐かCD」でベスト・アルバムを聴くのはよそうと思ったんだけど。
なぜかというと、ベスト・アルバムは寄せ集めで、まつわる思い出も少ないしね。

持っていたレイ・チャールズのCDは「BEST OF RAY CHARLES」は、コピー盤でジャッケットもなし。
従って、写真なし。

ヒット曲の寄せ集め(よく言えばコンピレーション・アルバム)だけど、1 曲目「Georgia On My Mind」で始まって、最後に「Ellie My Love(愛しのエリー)」が聴けるという良さもある。

FullSizeRenderそれきっかけで写真のDVD「RAY CHARLES, 'Most Famous Hits'」も続けて観た。

弟の遺品の中にあったDVD。
らしくないDVDだなあと思った。
数十枚残されていたCDとDVD。

他のなんて、「Oldies Collection」とか、「永遠のフォーク&ニューミュージック」とか、「松下奈緒」とか。
不思議。

このDVDも「Most Famous Hits」ライブの寄せ集め。
いろんなビッグネームとの共演が入ってて、それが面白い。
ジェリー・リー・ルイスと演ってる「Lewis bBoogie」なんて興味深い演奏。

しかしこのDVD、画質が悪いなあ。
リリースは2005年なのに、Made in Hong Kongがいけない?

でも、なんでそんなDVDを弟は持ってたんだろう?

ところで、
DVD初期の頃、画質の悪いものが頻出してたね。
そもそも初期のDVD自体がビデオ・テープより画質が悪い。
つまり、解像度という魔物が現れてね。
さらに悲劇は、みなさんそれを知らずにビデオ・テープを捨てて、DVDに切り替えた人多いんじゃない?
それに、扱い勝手もビデオ・テープ以下の初期のDVD。

FullSizeRenderあ、もう一枚と言うか、ワンセット持ってたレイ・チャールズのアルバム「Ray」。
CDとDVDのセット、これは最近のそれも映画から抜粋のDVDだから、きっと綺麗だろうね。

観てみよう。
また、レポートします。


<おススメ度:☆☆☆★★>