2022年03月14日

水辺にしらとり。(葵桜、その3)

IMG_3449葵桜を眺めて、桜のひと枝でも母の仏前に持って帰ろうかと思ったが、道徳的は兄妹は思いとどまって、枝を折るのをやめた。
母自身が植えた桜だけれども。

母と一緒に来れなかった、花見。
母にとってみたら、父とも会える花見。
(向こうの世界で合ってるか?)

そこに、一羽の白鳥が水辺に。

「あ、母来てんじゃん」
なんて、こじつけてみたくなるシチュエーションだよね。
(ヤマトタケルかっ。)

来てるなら、桜の枝を折って持ち帰らなくても良かったね。
と兄妹で納得。

IMG_3463花見終えて、その近くの回転寿司で妹と昼食。
せっかく名古屋から来てくれたせめてものおもてなし、と言って私が昼間っからビールを飲みたいだけなんだけどね。

その店の植え付けで取った案内札の番号が「51番」!
母の桜の番号「51番」と一緒じゃん!

なんて、いろんな偶然をこじつけてみたくなるこの日のシチュエーションだよね。

普段なら「51番」と言えば、イチローの背番号じゃん!
てとこなんだけど、ここは「イチロー」じゃなくて「スシロー」(回転寿司)