2022年04月21日

気迫で圧倒、大谷くん

IMG_4858IMG_48634月21日、ミニッツパークでのエンゼルスVSアストロズ戦。大谷くん大爆発。

6回途中までパーフェクト。
12奪三振で、今季初勝利投手。
降板した後は1番打者DH、4打数2安打2打点。

IMG_4883あのインチキ・アストロズを叩きのめした。
毎シーズン、地区の優勝候補のアストロズ、これまで大谷くんは0勝3敗じゃなかったっけ。
この日残念ながら、インチキ・アルトゥーべは欠場していたけど、コロナで良かったねと言っておこう。
対戦して叩きのめした方が痛快だし。
(でもこの数年、アルトゥーべはズルがバレてから不調だよね。)

大谷くんのリベンジはすごいね。
昨年もニューヨークで初戦ヤンキースにめった打ちにあった翌日に、打者として痛烈リベンジ。

それと今回の爆発は、佐々木朗希くんの完全試合騒動もあったと思うな。
「まだまだ主役はボクでしょ」って。

それにしてもこの日の気迫は凄かった。
投球と同時にに大声で吠えてた。
顔つきもいつもとまるで違ってたよね。

「精神論」で言ってるんじゃないよ。
「気迫」も重要な戦闘力Weaponのひとつってことさ。
「気迫」が全て「気迫」のみの星野なんたらと大違い。

球速とか、変化球のキレとかと同じように、気迫で勝負していた。
つまり、「力でねじ伏せた」アストロズ戦だった。

佐々木朗希くんと比べたりする人も多いけど、芸風?が違うよね。
そうだ。
今度の日曜日、また佐々木朗希が投げる。
完全投球は続くよね。

「DAZN」解約できないよ。

、、、、、「力で屈服させた」証拠は、次のブログで。