2022年06月03日

遠来の客、佐賀・神戸

IMG_4173遠来のお客が二人。
佐賀から松浦さん(76歳)、神戸から岸さん(66歳だっけ?)。

かつて全国印刷緑友会で、活躍した同業者の現役経営者さん。
引退した私の様子見に来ていただいた。

なぜか、(遠い駅)東岡崎集合だったので、創業からの会社所在地巡りでブラザー印刷まで。
ちょうど東岡崎駅から真南に五ヶ所、4km。

まず、私の生家でありブラザー印刷(当時はブラザー孔版社)創業の地、
 嵬逝膸町川端」
名鉄東岡崎駅の真前である。
そこから、タクシーで移動なのだが、乗っていきなり運転手さんに怒られた。
「降りてくれ」って。
私の言動がひどかったのだが、「また、やっちゃった」感のいつもの私。
口は災いの元、運転手さんに謝った^^;

◆嵬逝膸長泉」
3歳の時に家族と共に引っ越した先が、ここ。
大きな民家でいわゆる「家内制手工業」、謄写印刷・ガリバン屋だったし。
それでもこの社屋兼住居では30名近くの社員に膨らんだ。

「明大寺町銭堤」(1967.5〜)
新築移転、「銭堤」なんていい名前だったが、塀の向こうに警察署!
今は、住宅が8軒建っている。
この社屋の時代、1979年に神戸の岸くんがブラザー印刷入社、2年勤務した。
懐かしがってくれた。

ぁ峺雄蠶町原山」(1987.8〜)
新築移転、ここには1986年頃佐賀の松浦社長が単身訪ねて下さった。
通路の掲示スペースにずらり貼られた「分社毎月次決算報告」に驚いた(と、この日語ってくれた)。
2000年に周りはイオン・ショッピングセンターとなった。
そのイオンのオープンを待たず、父岡田一秀社長は現役のまま亡くなった。
イオンに囲まれて、イオンの邪魔になっていた。

001.外観北西面ァ崔貭福部池」(2006.6〜)
2006年6月新築移転した現在地。
もう16年建ったんだ。
「とてもそんなに思えない。」と岸くん。
岸くんは、ここへの訪問は、10年前と2度目。

私も久しぶりの、ブラザー印刷。

そこで、中原社長を交えなんと3時間近く懇談。
そして、会社内案内。
私も一緒に回って、改めていろいろ思う。

その後、岸くんが在岡当時からの親友のお寿司屋さん「結」で、3人貸切飲酒・懇談。
暴言を控えるように、人の話は聞くようにしたが、果たして出来ただろうか。

この「結」たまにプロがジャズライブをやるので、奥さんの?ピアノが店に置いてある。
終わりぎわ、興が乗って「イマジン」のサビ部分だけ弾いて(歌って)みた。

二人はその間、聞かずに「おあいそ」を済ませてくれた。私抜きで、ありがたい。
岸くんはそのままここに泊まり、松浦さんは岡崎のホテル泊まり。

佐賀から飛行機で来て、明日は午前中の飛行機で帰る。
30数年ぶりの私と語り、日本酒を酌み交わすだけのために来て下さった。ありがたい。

今度は佐賀に行こう。
一週間くらい、連チャンで飲もう。