2022年06月10日

格闘技系youtuberはバイリンガル

FullSizeRenderFullSizeRender
しかし、私の好きなスポーツ観戦、今年は「出来事!」が多い。
6月7日なんて、1日に佐々木朗希の完全試合クラスが2つ起きたみたい。

「マドン解任」「井上ドネアを倒す」

「井上・ドネア戦」は、事後にyoutubeで知った。
そして、その試合の模様と解説はyoutubeの動画を見まくった。

その中でピカイチの動画は、
「familytimeFT/ 格闘技エンタメCH」
サブ・チャンネルの「格闘キャスト」

FullSizeRenderこのチャンネルは、英語と日本語のバイリンガルの兄弟のトークがいい。
井上ドネア戦の解説なんて、雨後の筍のように現れたボクシング歴代世界チャンピオンyoutuberよりよっぽど専門的だし、的を射ている。

FullSizeRenderレジェンド評論家youtuberなんて「井上すごい」しか言ってない。

現役時代にパンチを受けすぎて、脳が壊れてるパンチドランカー?


FullSizeRenderバイリンガルyoutubeだけあって、途中「英語単語レッスン」を挟んでくる。(↑日本語変?)

「映画を英語で」を目指して勉強中の私にはありがたいチャンネル。
まさに「One stone, Two birds」。

<格闘チャンネル英語単語レッスン>(写真)は、

Saved by the bell = ゴングに救われる。

Humble = 謙虚(これはドネアの人柄のことを言っていた)

Negativity breeds negativity = ネガティブ思考はネガティブ思考を生む。