2017年05月19日

果物天国とりわけマンゴ、ミャンマー食の訪問記5/19

imageミャンマーは雨季である。

いつもは旧正月(アジアはこちらが主流)後の2月初旬に訪れていたが、今回の国際奉仕委員長・訪問団長のS君が、「過酷な季節に行ってみたい」ということで、5月下旬となった。

さすが「親パク派」「郷に従え派」。

ところが、まるで雨が降らない。
一度降ったが、夜中。

でも、ご安心を。
とにかく暑い、日差しも半端ないから。
image
移動の途中で立ち寄る、機織り工場など地元の企業?仕事場や、奨学生の家庭訪問?
いや、立ち寄るのでなくて、「ソコ」に移動するのだけどね。

私たちが建設した施設の視察でも同様。
imageそこで、お茶とともに出されるのが果物類、それも決まってマンゴ。
この時期のミャンマーはマンゴで決まり。
熟して美味しい。

家庭にも必ずといって良いほど、マンゴの木が1本植わっている。

image
このマンゴには、「親パク派」「反パク派」なく、手が伸びる。
「親パク派」の中でも、写真(K君とS君)のように、ラブラブ度が高まるのだ。

しかし、今思えばこのマンゴ他の果物類、切って皮も剥かれていたなあ。
以前、皮を剥いた果物も、食べるとお腹を壊すって言われてた。
水で洗うから、その水が汚れていてあたるってね。

今回は来てないけど、T生君なんて東南アジアを一緒に旅するときは、必ずナイフ持参だった。
(きっと彼は、反パク派だね。)

冒頭の写真は、街道沿いに店を出している果物屋台。
ここでは、マンゴを手で剥いて食べたよ。

といったマンゴづくしの旅で、一生分のマンゴ食べたサ。
内緒だけど、最後は食傷気味(で両派一致)  

Posted by brother_p at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月18日

施設視察、家庭訪問、ミャンマー食の訪問記5/18

IMG_735419年のミャンマー支援の歴史のうち、前半は図書館・道路・水道等の建設・建築。
今回施設を訪れると、活用の様子、不具合・老朽化などがわかる。
また、岡崎城南ロータリークラブの名が刻まれていたり、当時の訪問団・式典の写真が残されていたり、感慨も一入である。

IMG_7347こう書いて来ると、お役目でがんじがらめの旅のようだが、そうでもない。
後半は、観光もある。

なんせ、長い距離を車で移動の連続。
学生も、この会のために数百キロをバスで駆けつけたり、バイクで夜通し走って来た学生もいる。
こちらも移動の間、地元の企業を訪ねたり、奨学生の家庭を訪問したりの連続。やっぱりお役目だらけかもしれぬ。

IMG_7500奨学生の家庭訪問の時も、家庭料理でもてなされる。
それもミャンマーのご馳走なんだよね。

ここでも、「親パク」「反パク」
箸の進む組と進まない組(スプーンか、ミャンマー)
この頃になると、お腹に入ればいい派(I倉君)が精力いや勢力を持って来たぞ。

さあ、明日は車でマンダレーへ。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

朝食はモヒンガー、ミャンマー食の訪問記5/18朝

18620394_286675748404752_3884654089100901985_n5/18朝、昨夜の行事会場で朝食。
そこへ、昨夜都合で出席できなかった3人の新奨学生がやって来た。
そこで奨学金と来た記念品の授与。

授与するのは、ミャンマー訪問のきっかけを作り、また育ててくれたO田さん。
18582128_286675781738082_506975754405137263_n
ところが、男子学生(大学1年生)2人の後、女子学生になったらA会長が授与者に。
ちゃっかりK彦さん。

朝食は、モヒンガーという米の麺をいただく。

18556230_286675821738078_7139028154509554397_nこれが意外と、「反パク派」の「日本食が一番」のT君にも受けいてられて、「美味しい」とまで行って食べていた。

I倉君は、美味しいと感じてないにもかかわらず、お代わりしていた。
彼には、食物摂取が生きる道なのだ。
myanmar1
確かに、この麺おいしいよ。
ミャンマーの米は、チャーハンにしても美味しいし。
ミャンマーは、かつては世界一の米の輸出国なのだ。

「日本の米が一番」という人も多いけど、何も「米」というくくりで競うことないのにね。

種目を決めて競いたがる。
結論は「日本が一番」。

この旅は、「親パク派」と「反パク派」の香草のいや抗争(くどい)の旅。

「やはり日本が一番」派と「郷に入れば郷には従え」派。
4人対4人、がっぷり四つの抗争は続く。  
Posted by brother_p at 11:36Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月17日

うずら?に再会、ミャンマー食の訪問記5/17夜

image開けて2日目、5月17日は飛行機でタイのバンコクからミャンマーのマンダレーへ。
そこから車で4時間シュエボ、公式行事の開催地だ。
ここで、公式行事の奨学金支給・交歓夕食会がある。

IMG_2381到着すると準備万端、拍手のゲートで迎えてくれた。
ところが、地元の名士が遅れて来るとあって、宴席の準備も進んでしまう。
式典の始まる前に、食事が配膳されるは、ビールが運び込まれるは(ここからは、当然ミャンマービール)。
IMG_7210私の好物の鳥の(ウズラ?)丸焼き?丸揚げ?も並べられた。

ところがここで、「パクチー派VS反パクチー派」の香草いや抗争に異変が起きた。
反パクのI倉君が、「この鳥の丸焼きは食べられる。好物だ。」と言い出したのだ。

これは意外、反パク派の分裂か?と思ったが、川魚の丸焼き(写真)には手こずっていた。
ちなみにI倉君は、188cm、120kg、食べられるものはなんでも摂りこむ人なのだが。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月16日

タイでエビを釣る?ツアー、ミャンマー食の訪問記5/16夜

IMG_7157バンコクに着いてホテルに落ち着いた後、街に出て食事。
明日からへの英気を養う晩餐である。

エビから始まり、タイ料理の数々。
「タイでエビを食う旅だ」と誰かが私の持ちネタを言う。

IMG_7164ここは、SOMBOOM SEAFOOD レストラン。

美味しい料理(訪問団評価:星5つ)と美味しいお酒で(シンハービール)でテンションマックス。
良い旅になりそうだ。

ここではまだ、パクチー論争は勃発しておらず。

IMG_7172ホテルに帰ったら、タイの国王の遺影が飾ってあった。
亡くなってもう半年? まだ空位のままだ。

このホテル、バンコクの高級ホテル。
タイはやはり、東南アジアでは進んでいる国。  
Posted by brother_p at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

朝、バンコクへと発つ。ミャンマー食の訪問記5/16朝

IMG_7132今回の、岡崎城南ロータリークラブのミャンマー訪問団は8人。
私は撮影役なので、写ってないのだ。

お酒大好きが6人と、完全下戸1人、ほどほど1人。
果たしてどうなることやら。

パクチー大好き3人と、大嫌い4人、ほどほど1人。
果たしてどうなることやら。

この写真にもあるが、早くもパクチー入りカレーを食べる君(酒◯・パクチ◯)。
もう食べ納めと、和食を食べる君(酒◯パクチ×)。

チェックインを済ませ、搭乗を待つセントレアの朝のフードコートにて。
ここでは、6人がビール。

さあ、今回の旅。
如何なる飲食絵巻が繰り広げられることやら。  
Posted by brother_p at 10:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月09日

岡崎城南RC例会は「ミャンマー訪問団壮行会」

image岡崎城南RC、いつもの火曜日夕方からの例会。

本日は「ミャンマー訪問団壮行会」だ。
今回の訪問は、ミャンマーとタイで5月17日〜22日。
例会の写真を数えて、今回7名参加。

と、岡崎城南RCのfacebookに書いたが、実は8名だった。
自分を数えるのを忘れてた。

私? 本日欠席。
ロータリー例会に出ず、会社に来られた皆様をお迎えしていました。

従って、例会欠席。
先日の「13クラブ親善スポーツ大会」の応援が、メイク・アップになるらしい。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月05日

釣果満点、くにひこ会

image釣果は満点だった。

K彦さんの釣り上げた魚を食す会は、ホームグランドのにて。
たぬきは、持ち込みの魚でも気ィ良く捌いて料理してくれる。

残念ながら、直前3人ドタキャン。
残念ながらというのは、会にとってじゃなくて、釣果に有りつけなかった欠席者に、アイム・ソーリー。

image鯛を中心に、イサキとか、××とか。
鯛やイサキの舞踊り、鯛も色々。

私にはよくわからん。
実は、味もよくわからん。
わいわい騒ぐのが好きなだけのようだ。
酒の味もわからんし。

先日のピザ会は「ピザにはワインでしょ」と半ば強制的に飲んでいただいた。
今回は、日本酒派の皆さんまかせ、なんせ魚だし、釣果だし。

刺身から始まって、卵とモツ、××、と続いて、煮魚、そして握り。
堪能して、参加者の満足顔。

吉例〇〇会って、満足度高いよね。
やすのり会(保庵)、のりやす会(ピザ)、いぬづ会(ホタルイカ)、くにひこ会(釣果賞味)。
それにひきかえオカダ会、単に飲むだけ。う〜ん。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月29日

13クラブ親善スポーツ大会、お疲れさんっす。

image毎年4月29日は、恒例の13クラブ親善スポーツ大会。
13クラブとは、岡崎市内のロータリー、ライオンズ等々(他のクラブの方、割愛ゴメンナサイ)の各種団体。
ボウリングやゲートボール(呼び名は違ってたかな)のこともあったが、ほとんどがソフトボール。
今年も、ソフトボール。

そうなると、「昔取った杵柄」の腕自慢たちは張り切るのだ。
我が岡崎城南RCも、小学校のグランドを借りて数回の練習を重ね、当日を迎えたのだ。

1回戦は不戦勝、2回戦はJCとの戦いを勝ち上がってきた岡崎南RC。
クリーム色のユニフォームを上下揃えている。
当城南はまちまち。ユニフォームらしきシャツを着てる選手もいる程度。

ユニフォームにとどまらず、南RCチームは動きも違う。
城南とかなり違う。

image結果、敗北。
スコアは、21対8(写真)
なぜか4点のハンデだか、オッズだかが付いていたので、実質は21対4。

なんか、南RCの方が平均年齢がたかそうだったのになあ。

圧倒的に勝ち上がった南RCは準決勝進出。
この実力、この勢いならば当然南RCの優勝かと思ったが、準化粧で敗退した。
大敗だったらしい。

あ、言い忘れたけど、私は応援参加。
プレーはしてない(知ってるか)。

弁当食べて、帰って来た。  
Posted by brother_p at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月26日

第三部、ゴルフ or 見学会

image一夜明けて、会津若松との交流。

ふた組に分かれて、ゴルフと見学ツアー。
見学組は岡崎の地場産業、岡崎石工団地に。
私も、他の岡崎城南会員4人とともに石工団地ツアーにアテンド。
賑やかな私が居るといいかなと。

image石都岡崎には3つの石工組合があり、この岡崎石工団地は岡崎西部に40数社が集っている。
岡崎石工団地協同組合で説明の後、各社巡りの見学ツアー。

地元の私も、改まって見学した。
なかなか、面白いもんだ。

image会津の方も大変興味を示してくださって、お土産を所望されたが、なんせ石は重い。
食事の後、八丁味噌蔵のSHOPに寄った。
まあ、たくさん買い込まれること。

そうだよね、遠来の旅だものね。
平日に丸二日。
よく来てくださった。

image写真は、ゴルフ組。

歓迎ゴルフなのに、岡崎城南メンバーが優勝したらしい。おいっ。




タイトルに第三部と書いたが、昨夜例会が第一部。
第二部が、歓迎懇親会。
そして第三部なのだが、昨夜第二部の後にも非公式?交流が夜遅くまで行われたらしい。

見学会参加者に、その影がありありと。
喜ばしいこっちゃ。

岡崎で遊んでもらえて。  
Posted by brother_p at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月25日

遠来の友たち

image岡崎城南ロータリークラブの例会に、会津若松城南ロータリークラブの10人がビジター出席。

会津若松城南RCは岡崎城南RCとは「城南」つながりで、姉妹提携クラブ。
岡崎と会津若松は 、江戸時代の「始まりと終わり」という縁もある。
つまり、家康と白虎隊。

その友が、何故大挙して例会に来訪したのか。

それは、東北大震災が発生した折、いち早く岡崎城南RCは福島に会津若松城南RCを通じて義援金を送った。
それを毎年続けて来たのだが、今回を区切りとすることで、そのお礼と報告ということで来られたのだ。
その会津との交流の歴史を確認し、さらに深める意図で例会でお迎えした。

image例会の後、会場を変えて歓迎親睦会。
しっかり、おもてなし。

会津の人は、酒が強い。
ノリも良い。

つい私も、レディ・ガガ?してしまった。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

のりやす会は、第三回ピザ会

image1年半ぶり、と思ったら2年半ぶりだった。
待望の、第三回のりやす邸ピザ会。

日曜日の午後、オカダ会?メンバーが飲み物を持ち寄り、のりやす邸へ。
共通の知人のお葬式があって、集まりが遅れた人もいたけどね。

ピザとワイン、手作りのピザを味わった。
奥様手作り、ダンナは窯係。

昼間っから飲んじゃった。
みなさん、連日飲み過ぎのようだったけど。

それから、「ヨシヲ・すずき」のミニ・コンサート。
6月末の、天野会長年次最終例会が本番、その中間報告のコンサートというか、練習。
会長に歌ってもらう歌も、音合わせをしたのだよ。

今回は、S君にとって緊張の洋楽、英語の歌。
間奏も任せてしまって、圧かけ過ぎかなあ。S君。

次回は、クニヒコ会。
GW中の「釣果を食す会」を約束して散会となった。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

「花見例会」を終えて、「花見」に行った。

image岡崎城南RCは、花見例会。

夜の例会なので、このあと目の前に広がる桜の名所岡崎公園に繰り出す「口実」のような例会名である。
例会は、「写真同好会のの活動報告」と題して、写真を鑑賞。

さあ終わったと、夜桜へ繰り出す。

image目当ては「花より酒」
保育園の桜の開花を気にしていた私も、しっかり飲酒モード。

屋台を横目で見つつ、大きな居酒屋と化している屋台に席を確保する8人。

この夜は「日本酒モード」だったか、冷酒と熱燗を注文する。
来たお酒は、同じワンカップ! 違いは、熱いのと冷たいの、おい。

それでも、飲む機会に恵まれた我々は急ピッチで飲み、お開き一人1600円。
花なんて、見てやしない。

中の数人は、「オシッコ!」とニューグランドホテルへ。
出て来るのを待って、飲みに誘うが「行かない」って。

「まだ時間早いね」と残された3人で、離れた所にある(しかし、3人の家に近い)飲み屋さんに行ったよ。

そこは大きな大衆飲み屋さん。
桜の名所から数キロと離れてないけど、ガラガラ。
いつもは大繁盛なのに。

さすが岡崎。
みんな桜の呪縛にかかってる。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月28日

例会場へのアプローチは、桜の下見

image火曜日夕刻、岡崎城南RCの例会場の岡崎ニューグランドホテルへと向かう。

名古屋は桜の開花宣言があったこの日、いつもと違って愛環線で行くことにした。
岡崎駅まで徒歩10分、愛環線に乗って2駅5分、中岡崎で降りて岡崎公園の中を10分。
30分もあれば辿り着く。

imageこの時期、なかなか良いコースだと自賛。

愛知環状鉄道のホーム0番線も、いつもと違って少し興奮気味。
マナカ(交通カード)が使えないので切符を買って入場なのだが、いつもの癖で「ピッ」とやってしまった。
降りる中岡崎駅には、「ピッ」がない。
岡崎駅の駅員さんに、入場解除してもらって、再度切符で入場。
やっぱ、興奮気味か。
image愛環中岡崎駅を降りて、しばらく街を歩いて公園に向かう。

期待感は高まる。
「咲いてるかな〜」
「やっぱり、まだだよな〜」
二つの期待感。

image伊賀川の橋を渡ると公園。
河川敷で、シートを広げて何やら飲食?しているのがふた組。
桜はまだ蕾、花の一つも見せてないのに。

公園内も、まだシートのかかった屋台が準備万端、開花を待っていた。

期待通り?の例会場への道すがらだったよ。


例会が終わってから、飲み会。
久しぶりに中山さんと飲んだ。

image中山さんも、岡崎公園を抜けて例会に来たという。
名鉄宇頭駅から各駅停車で2駅(宇頭>矢作橋>岡崎公園前)、岡崎公園前駅で下車して、公園を抜ける。

いやいや、さすがの会長(中山)幹事(私)の中、17年前。
オツですな。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月21日

病気自慢は人の常

image岡崎城南ロータリークラブの例会、今年度シリーズで「会員職業紹介」。
なぜって、ロータリークラブのユニークな奉仕活動に、「職業奉仕」ってのがあるのだよ。

この日も卓話は、カメラスタジオを営むKさん、印刷会社のOさん、石材店のKさん。

image一人10分弱の短い時間だが、話は自然と?職業でなく「病気自慢」となる。
「検査でトンデモナイ数値が出た」とか「大病を患って大変な思いをした」とか。

決まって、嬉しそうな顔をしてお話になる。
「ひどい目にあっちゃったよ」とかいってね。

この写真の二人も、血液検査でトンデモナイ数値が出てる話をしてたが、一人はお酒を控え、一人は命をかけて飲んでいる。
多少気にしつつね。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月07日

動画編集は、ロータリー・ソング

imageロータリー2760地区の西三河中分区(豊田岡崎7クラブ)の集会(IM)が行われた3月4日土曜日。

懇親会で各クラブがアトラクションをするようにと、分区からの司令?が下った。

こらあ是非、ヨシヲスズキ(伝説の仕掛りバンド)の出番と思ったが、有力メンバーのヨシヲが当日富士山行きで欠席。

ならばと、(他のクラブのように?)カラオケ自慢とか、盛り上がらない楽器演奏にならぬよう、画策。
それが、城南プロモビデオ上映。
だって、ロータリークラブの魅力は、メンバーの人柄いやキャラだもんね。

誰が創るの?ってことで、ヨシヲスズキのスズキ君に無茶振りした。
彼は、ビデオ制作なんてまるで経験ないけど、彼なら多分出来るし。
キャリア・アップにもなるし(スキルアップか?)。

image題材は、「ロータリーソング」。
それを歌っているメンバーを写し続けるドキュメンタリー(違うか?)。
我ながら良いテーマ、良い課題だなと。

IM当日本番では、つつがなく上映されたようだ。

imageところがIMは、城南会員の一部の参加。
多くの城南メンバーは、どんなビデオか知らない。

そこで、創立記念例会の席で例会で披露された。

仕掛けた私も、初めて見るのだ。

これがなかなか良かったよ。
なんか、嬉しよ。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月01日

ライオンズ・クラブさんを招いて例会卓話、その2

image例会当日の、岡田プログラム委員長の卓話者紹介。

「本日は、岡崎竜城ライオンズクラブの会長小林和好様、幹事犬塚純子様をお招きしての卓話となりました。
ひょっとしたら画期的な出来事となるのかも知れません。
ロータリーだ、いやライオンズだと、お互いの狭い世界の中ではあるのかもしれませんが、同じ志を持つ仲間として、交流を企てました。
ROTARYが先でLIONSが後に出来たということになってますが、実はオックスフォード辞典では「LIONS」が先となっております。

(少し沈黙)

オックスフォード辞典はアルファベット順ですから。

(笑いなし、少し長い沈黙)……(後略)」

いつものすべり芸? 大成功の卓話者紹介だった。

*ちなみにこのすべりジョーク、著作権フリーといたします。
ご自由にお使いくださいませ。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月28日

ライオンズ・クラブさんを招いて例会卓話

「そうだ、ライオンズクラブを例会に呼ぼう」と思いついたのは、いつだっけ?

保護司の会で「薬物」の話題になった時に、思いついたのだ。
そういう私は、岡崎城南RC現プログラム委員長。
今年度毎週行われる例会の卓話等、プログラムを企画する委員長なのだ。

image今年次第32通算第1310例会

2017年2月21日18時30分〜19時30分
岡崎ニューグランドホテルにて

卓話「我がクラブのアクティビティ薬物乱用防止教室について」
岡崎竜城ライオンズクラブ
会長 小林和好様
幹事 犬塚純子様

ロータリーだ、ライオンズだと、R村&L村では話題にするが、世間ではどーでもいいこと。
奉仕という同じ志を持つもの同士、交流しなくちゃね、と。

写真の岡崎城南RC天野会長曰く「歴史的瞬間」。
そうなんだ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

スズキ会

今年度のロータリー例会後のオカダ会という名の飲み会は、開催頻度が低い。
というもの、オカダ会メンバー?のほとんどが理事役員になっているので、月イチの例会後19時30分からの理事会に出たりなどで、飲んでる暇などない?らしい。

そう思っていたのだが、例会日のこの日は理事会がないにもかかわらず、皆さん行かないと言う。
そこで、病み上がりのNくんを誘い、S木くん、T村くん、S田くんと飲みに行ったのだ。

imageオカダ会でなく、S木くん主導?のスズキ会だ。
5人が行ったのは、焼き鳥の専門店「鳥S」。

メンバーが違えば、飲み方・食べ方・話し方?も違う。
飲み代も、違う。

imageいつもの「たぬき」なら、だいたい一人1,500円のセレブな会なのだが、この日は一人4,800円。
いつもの3倍超だ。

いつもと違う若者ペース?で、私もタッタカタッタカ頼んじまった。
写真の「山川光男」なるユニークはネーミングとラベルのお酒など、調子こいて頼んでしまったりね。

なーんて書くと、派閥色の濃い城南ロータリークラブのように思うかもしれないけど、そんなことはないよ。
私が勝手に「オカダ会」を名乗ったりしてるだけさ。
(命名は、板倉幹事だけどね)

会長・幹事・会長経験者・幹事経験者ばかりの会だが、通常1,500円、たぬき価格。
セレブだかなんだかわからん。
みんな小遣いが少なそうではあるけどネ。

良い会なのである。(強引か)  
Posted by brother_p at 16:37Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月14日

教育環境賞

image岡崎城南ロータリークラブの例会で、環境教育賞の授与。

城南RCでは、環境に貢献する教育を行なっている小・中学校を対象に賞を設け、表彰を行なっている。

今年は、「地域と共に未来を創る小豆坂小の子の育成」と題した小豆坂小。
そして、「環境を見つめ、考え、働きかける新香山中生」を謳った新香山中。
その2校を表彰し、例会ではその中身の発表をしていただいた。

小学校は担当の先生、中学校は生徒さんに発表していただいたのだが、驚いたのは新香山中学校の生徒さんの発表。

「時を守り、場を浄め、礼を尽くす」
中学生の口から、そんな言葉が出てきた。

森信三先生(1896ー1992年)の言葉だ。
岡崎の教育界は森信三先生の教えを引き継いで来た所だ。

私は、その岡崎だからということでなく、学校で習ったのでもなく、社会人になってからこの言葉に出会った。
森先生の教えも知った。30歳代の後半かな。

「腰骨を立てる」
「履物を揃える」
そういった語録も遺され、私の本棚にも数冊の著書と共に並んでいる。

そんな私は今、
腰骨を立てず、姿勢がわるいし、
履物を揃えるなんて、特に取り立てることもないと思い、
時は守るが、時には遅刻し、
場を浄めようと、部屋のゴミ屋敷解消に着手したところだし、
相変わらず、無礼な態度をよしとするような傾向もある。

いけませんね。
中学生に負けてますね。
ってことじゃなく、思うところの多い「環境教育賞」だったよ。

いいこと知っても、学ばなくちゃいけませぬ。
身に付けなきゃ、いけませぬ。
人にも言えぬ。

コロンビアで活躍の横井研二さんのエピーソードを知っちゃってね。泣けたよ。
ってことも、なぜか付け加えて書いておこう。
修身。  
Posted by brother_p at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月11日

少人数、「やっすあん」

image「急な話ですが、明日ワカメしゃぶしゃぶ如何ですか?」とメールが入った金曜の朝。

急だろうが何だろうが、空いてれば行かぬ訳はない。
土曜の夕方、市民病院への見舞いを終えた後、そのまま向かえばいい。
見当違いの土地勘で納得しつつ、開始の17時ちょい遅れてY則くんの別荘?「保庵」に着いた。

居たのは、Y則くんとK彦くん。
「みんな、遅れてくるの?」

いや、今宵の宴はこの精鋭3人らしい。

メニューは、いきなり「ワカメしゃぶしゃぶ」から。
美味、そして体によさそうだよね。

ビールで始まるが、時間を待たず秘蔵の「日本酒」に変わる。
この人達と付き合うと、自然と美味しいお酒にありつけることになる。
味の分からぬ私にも、確かに美味しい。

次に「豚しゃぶ」、そして「鱈鍋」。
鍋のピッチも早ければ、酒のピッチの早いこと。

特にK彦くん、ここぞとばかりに飲んでいる。
だが彼、自分では早いピッチの自覚がないよ。

鍋のシメは麺とオジヤのダブル。
しっかり出汁が出ている、効いている。絶妙。
たらふく食べて、しっかり飲んで、嵐のような飲み会は終わったのは、やはり10時過ぎ。
やっぱり、5時間超。

少人数でも、長時間。
長くなければ、保則庵じゃない。
No Sake, No Life.  
Posted by brother_p at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月24日

久しぶりの例会は、職場例会

image私は2週休んで、久しぶりのロータリー例会出席となった。
お正月休みを挟むから、12月20日から1ヶ月と4日ぶり。
みんな私の顔が見られず、寂しかったことだろう。

この日は「職場例会」
ロータリーの会員企業もしくは関連の職場で例会を開催し、その職場の優良社員を表彰したりする。
ロータリーの奉仕活動のひとつ「職業奉仕」の一環なのだ。

会場は、愛知県弁護士会西三河支部会館。
西三河支部長さんの卓話と、会館の職員さん二人を表彰した。

写真は、お弁当のうな丼(なんと鰻の小さいこと)。
ご心配なく?おいしいオカズ弁当がちゃんと別にあり。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月29日

恒例、長時間忘年会は保庵で。

imageいつも長時間に渡る保則庵での「飲み会」

今回も正午スタートだと言うんで、こらあ10時間は覚悟しかないと。
そう思って、トリスを持ち込んだ。
長時間の飲酒には、トリスのお湯割がいいのだ。
マイルドでね。
日本酒ビール焼酎の合間に、チェイサーがわりに飲み続けるのだ。

結局、3人で始まった宴会は、最大時9人。
最後は6人、9時間後の21時に無事終わった。
保則庵から一番近いノンアルコール豊生くんが、飲んべえ4人を送って回ってくれた(すみません)。

いつもは一人残って泊まり込みで片付けをし(すんません)、翌朝自宅に帰る庵主の保則くん。
今回はみんなと一緒に帰り、翌日に出直して片付けることにした(すまぬ)保則くん。
その後は家族で餅つきをする予定だそうだ。

忙しいよね。
そうなのだ。正月休みは皆さん忙しいのだ。
私なんてこの飲み会しかないよ、正月行事。

あ、いけね。
保則庵を「保庵」(やっすあん=やっさん)と呼ぼうと言う議案提出を忘れてた。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月06日

次年度、新リーダーコンビ

image12月6日、岡崎城南ロータリークラブの年次総会で、次年度理事役員が選出された。

次年度会長は、永井量基さん。
次年度幹事は、柴田仙功さん。

image人格・実力ともに兼ね備えた、強力コンビだ。

このコンビも良いが、(写真の)脇?を固める天野現会長と近藤次年度エレクトも心強い。
楽しみな次年度である。

ちなみにロータリーの新年度は、7月始まり。
先のようで、すぐ。
よろしく。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月03日

ロータリークラブで「交通安全」のしめ縄を配りました。

image「信号むし・スピードの出し(す)ぎは交通事故のもと気をつけて下さい。幸せにくらせるよう大門しめ縄をお届けします」
(原文ママ)

岡崎城南ロータリークラブ恒例の、年末交通安全運動。
12月2日15時から、岡崎北地区大門駅南でドライバーにしめ縄配りをした。
小学生の書いた交通安全のメッセージ付きでね。

しめ縄は大門の地場産業なのだよ。

ロータリーの地域貢献活動なんだけど、実は私不参加でした。ゲヘ。
ロータリー活動のご報告として、書きました。  
Posted by brother_p at 12:28Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月02日

二席入選

image先日のロータリー例会。
会場に、額入りで写真が飾られていた。

城南写真同好会が、会員に作品を公募。
題材は、「一泊例会、博多への旅」

続々と集まったかは聞かなかったが、私も写真同好会の端くれ(会費のみの参加)として応募した。
それが「二席」に選ばれたんだと。

image題材は、「呼子のイカ」のアップ。

これ実は実際のイカを撮ったんじゃなくて、イカ料理のお店の廊下に貼ってあったポスターの一部を撮ったものなのだ。

わあ、パクリだ。マヤカシだ。
そう言われるよね。

でも私の「アート」とは、観る人のそういう反応も含めて「アート」なのだ。
「アート」とはそういうものなのだ。な〜んちて。
だからこのアートは、当選という過程を経ないと「実はね、、」と話せない。
成立しない。
そこも織り込みずみなのだ。

マッド・アマノやアンディ・ウォーホルなのだ。
(なんか、大袈裟になってきた。はは。)  
Posted by brother_p at 09:39Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月29日

高齢運転者対策

imageロータリー例会、卓話は「道路交通法の改正点」
愛知県岡崎警察署交通課の大野課長のお話だ。

やはり話題は、昨今の交通事故。
加害者も老人ならば、被害者も老人が多い。

クルマの運転とは「周りを認知して」行くものなのだが、それを「認知症」が運転してしているという恐れの現状。
来年3月12日からの道路交通法では、高齢運転者対策を推進する。
75歳以上の免許更新時に(または事故時に)認知機能検査をするという。

そこで、認知症のおそれのある者については、高齢者講習・個別指導を行うという者だが、講習や指導で認知症が直ったりするもんなのかね。

もっと断固とした処置が望まれる。
免許書き換え費用も重要な収入源なのだろうが。

話の終わりに、質問をした。
「私は免許なしクルマなしの高齢者の岡田吉生と申します。随分前に免許返上したんですが、その返上証明がなくて、返上の恩典に預かれません。今はタクシーも返上者は1割引で乗れます。なんとかなりませんか。」

なんともならないみたい。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月08日

ここ通ったよ。事故の10日前。

imageここ通ったよ。

10月29日のロータリーの博多旅行、夕食に水炊き鍋で宴会。
そあと午後9時前、K藤Y則くんを先頭とする10人は、盛り場を求めて歩いていた。

まさにここ、博多駅前2丁目交差点を西に曲がって中洲を目指したのだった。

その10日後の11月8日午前5時、幅27メートル長さ30メートルにわたって陥没したのだ。
死者はなし。
われわれ10人も無事だった。

いやその後の盛り場で、無事でなかった人も居たかも知れない。
  
Posted by brother_p at 12:14Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月06日

地区大会、最後までいたメンバーでご苦労さん会

imageそれは、メッセージにあふれた素晴らしい地区大会だった。

けどね。

やっぱ午後になるといなくなっちゃうんだよ。
昼食食べたあとが潮時って?じゃないかなあ。

「真のロータリアンになろう。真のロータリアンを見つけよう。」

これが、今年度ガバナーの方針だもんね。
この会場の様子を見れば如実にわかる、がはは。

我が岡崎城南の仲間は、残った者でご苦労さん会しようって決めてたさ。
残ったのは、参加28名中5人! 岡崎に戻って飲み会。
途中抜けて飲み会に合流した一人もいたけどね。計6人。  
Posted by brother_p at 22:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月01日

米山記念奨学生の卓話&日本語の先生の卓話

岡崎城南ロータリークラブの例会卓話は、米山記念奨学生の陶涵さんと、愛知教育大学准教授の上田崇仁さんのお話。

image二人とも、興味あるいい話だった。

上田先生は、日本語だけで日本語を教えるというお話、非常にお話が上手で憧れるほど。
なんせ私、近頃「人前で上手に喋りたい」というのが課題なもんだから。
(意外でしょ。そうなんです。)

image陶さんは、「植民地支配されていた台湾における同化教育の研究について」。

原稿を読みながらだけどしっかりしたわかりやすい日本語で、憧れるほど。
なんせ私、しっかり準備してわかり易く話す」というのが課題なもんだから。
(意外でしょ。そうなんです。)

日本が同じ「同化」政策を摂った「韓国」と「台湾」の違いの話は興味深かった。
韓国の対日悪感情と台湾の対日好感情、いいテーマだよね。

聞かせてやりたい。誰に?  
Posted by brother_p at 22:00Comments(1)TrackBack(0)

2016年10月30日

「武蔵、待ちかねたぞ」で有名な島らしいが

image焼きカレーの後、門司から「巌流島」に渡ったのだよ。

巌流島上陸は、今回の楽しみのひとつ。
なぜって、アントニオ・猪木とマサ・斎藤がデスマッチを闘った島なのだよ。

imageまた、宮本武蔵と佐々木小次郎が闘った島でもある。
こっちの方が有名か。
いや、みんなこっちしか知らないか。

島へ向かう船の中で「猪木と斎藤が闘った島」を強調するのだが、いつものように「オオカミ少年」状態の私。
信用してもらえない。
ま、それが狙いのツカミなんだけどね。

image島に石碑があった。
それに巌流島の歴史が刻んである。

あった、あった!
その中にアントニオ・猪木とマサ・斎藤が闘ったことが刻されていた。
ほらごらん。

オオカミ少年はドヤ顔をするのであった。

武蔵と小次郎から375年の時を経て、1987年猪木と斎藤が闘ったのだ。
そこに今立っている。泣ける〜。  
Posted by brother_p at 15:30Comments(0)TrackBack(0)

焼きカレーったって。

image旅のグルメレポートは続く。

昼食は門司港の「焼きカレー」

焼きカレーったって、カレイを串に刺して炭火で焼くんじゃないよ。
そう言ってみたが、みんな違うって知っていた。

カレードリアの上等なやつというか、中に目玉焼きも入ってる。
これにはワインが合うかなと思って飲んでみたが、二杯目からはみんなと同じ生ビールにしたよ。
これは合うね。

夕食は、新幹線の中でそれぞれ弁当だから、これがこの旅最後のグルメレポートとしておこう。

さあ、今から船で巌流島上陸だ。  
Posted by brother_p at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

抹茶と食べたのは「梅ヶ枝餅」だけじゃなくて……

imageそれぞれ思い思いの博多の夜を過ごした後、明けて二日目は、まず「太宰府天満宮」

参拝を終えて参道の裏道を歩いていたら、「お〜い、岡田くん」
茶店の中から私を呼ぶ声。

暖簾をくぐって入ってみたら、声の主のF江さんが庭で「一緒に抹茶飲もまい」と。

お抹茶と梅ヶ枝餅と梅干のセット。

imageF江さんと、世界情勢・天下国家を語りながら、餅を食べ、抹茶を啜った。
なかなか良い時間じゃと思っていたら、突然「ガリッ」と。

餅の中に何かある。
それも硬くて大きい金属のようなもの。

わ、歯が取れちゃった。
いや歯じゃなくて、歯を補正していたブリッジが取れた。
こんな硬くて大きいもの、噛んだら歯が欠けちゃうと思ったが、その噛む歯の方が取れちゃったような状況なんだよ、これが。トホ。

でもそんなことにもめげず、梅ヶ枝餅を味わい抹茶を楽しんだ。のだ。  
Posted by brother_p at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月29日

旅の目玉は、イカの目玉

image10/29-30の、ロータリークラブの博多例会。

順序が逆になったけど、昼食のグルメレポートをしておこう。

セントレアから福岡空港に着いてバスで2時間、車窓から海を眺めつつ佐賀へ向かう。
そこで昼食、「呼子のイカ」有名なんだそうだ。

image刺身から始まってイカづくし、美味〜。
随分甘いイカだなとみなさん感心していたが、実は醤油が甘かった。
こちらの醤油はこんなかと。

多すぎて残ったイカの天ぷらをお持ち帰り、バスの中でのつまみにいいとね。
グルメ旅の始まりだ。

お酒? 酒は朝から飲んどる。
Y則くんなんて、バスがお店による度に日本酒を買っていらっしゃる。

焼酎王国九州も、北部は日本酒があってよかったね。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

一泊例会、なぜ博多? 水炊き?

image岡崎城南RC一泊例会は、博多へ。

なぜ博多?
会長と若手会員の要望らしい。

普段も夜の例会の我がクラブ。
この日も、定刻の18時30分に点鐘。
(ロータリークラブは、開会の合図のゴングを点鐘と呼ぶ)

その宴会の開会のセレモニーの折にカメラ撮影したのだが、なぜか上部に青い帯?(写真)

このシャッターチャンスに、他のカメラがフラッシュ撮影したらしい。
デジカメ(これはiPhoneだけど)はスキャナーみたいなもんだから、フラッシュ光は拡散せず、こんな形で撮られることとなる。

私の撮った他の写真にも、こんなフラッシュ跡が写っていた。
よっぽどもう一人のカメラさんとシャッターチャンスのタイミングが合ってるんだなと感心。

imageあ、そうそう。
肝心の会食宴会は、博多名物鶏の水炊き鍋。
お店は「博多 華味鳥」。
美味しかー。
お腹いっぱいになった。
A会長の今夜のお楽しみは、「水炊き」の後街に出て「ラーメン」。
そう言い張っていたが、終わった頃にはあまりの満腹、果たしてこの後いったんだろうか?  
Posted by brother_p at 20:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月16日

今朝も早よから

image日曜日の朝も早よから、名古屋に向かう。

今年も、通称「エレクト研修」の季節が来た。
9月と10月と11月に、まるまる1日を各一回の計3回。
「お昼ご飯食べたら帰ろ」が定番とお考えのロータリアンには、地獄?の研修。

そう大変がるエレクトさんも少なくないけど、ディスカッション・リーダーの命を受けているこちらとしては、毎年のお勤めとなっている。

でも、会長エレクト(次年度ロータリークラブの会長となられる方)の研修を何年も続けたわけだから、ロータリーのお偉い?方々が、私のことを「先生」のごとく思ってくださる。
いや、思ってくださるような気もする(錯覚か)。

これは一種、有難いことかも知れぬ。
中身の伴わぬ私としては。あれ?

今朝も7時前のバス停。
久しぶりの抜けるような青空。
絶好の研修日和と自虐ネタの冗談を言いたくなる。
(実際開会の挨拶で偉い人が言うとった)

なぜか筋肉痛が出て来た?
と、2日前金曜日のボウリング大会を思い出した。

2日遅れの筋肉痛は、若い?老い?  
Posted by brother_p at 10:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月04日

オバマ、そんなこと言うとったなあ。

imageロータリーの例会で、N康くんからお土産をもらった。
娘さんの結婚式でハワイに行って来たって寂しげ。

もらったのはマカダミアナッツのチョコ。
例会の食事の後のコーヒーで、早速いただいた。
もらったものはすぐ開けなきゃ。
食べなきゃ。

N康くんは、面白げなナンカ持ってた。
オバマの似顔絵のミントケースだ。
それもちょうだいと言ったら、ミントをひと粒だけくれた。

imageケースが欲しかったのに。

★OBAMA MINTS★
・YES WE CANDY・

やるなあ、YES WE CAN-DY。

かなり古いけど、N康くん。  
Posted by brother_p at 21:30Comments(2)TrackBack(0)

2016年09月28日

「4つのテスト」4つの疑問

image昨夜(9/27)のロータリー例会は、会員卓話。
演題は「Paul Percy Harris と4つのテスト」
小山章仁ロータリー情報研修委員長のスピーチだ。
Paul Percy Harrisは、ロータリークラブの創始者(1905)。
「4つのテスト」は例会の冒頭に唱和をする。

ロータリークラブは「職業倫理」を唱えて創始した。
職業倫理を高めよう。
職業を通じて奉仕をして行こう。
というのが、他のクラブ活動?にはない、ロータリーである所以である。

4つのテスト
言行はこれに照らしてから
1. 真実かどうか
2. みんなに公平か
3. 好意と友情を深めるか
4. みんなのためになるかどうか

THE FOUR - WAY TEST
Of the things we think,say or do
1. Is it the TRUTH?
2. Is it FAIR to all concerned?
3. Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?
4. Will it be BENEFICIAL to all concerned?

英文を訳したが故に(と言われているが)いくつかの「?」があるという。
今回のタイトルでは「4つ」とあるが、果たしてそれはなんでしょう?

本日の卓話では、それが語られた。
「?」のままのものもあるが。  
Posted by brother_p at 21:20Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月27日

新会員はお友達

image岡崎城南ロータリークラブに、新会員。
K田産業のK田社長さんだ。

72歳での入会、すごいね。

とても72歳とは思えない、と言ってもこの写真じゃわからないか。
真ん中の人じゃないよ、この人A会長(知ってるか)。72歳じゃないし。
右の人。左の人でももちろんない。

顔出ししちゃまずいかも知れんと思って、本人にブログに載せると言ってないし。はは。

「大社長さんなのに偉ぶらず、お人柄の良い方ですね」と会員の評判(失礼)も上々だった。

いつぞや、K田社長にアポをとって正式に面談をしに行った時、同行者の「K田社長とうちの岡田はどう行ったご関係ですか?」という質問に「う〜ん、トモダチかな」
人柄が偲ばれますでしょ。

高齢(失礼)なのに入会?って雰囲気はあるんだけど、何歳だからJC、何歳だからロータリー、(何歳から敬老会なんて)順番序列はもともとない。
(わが国にはそんな価値観?があるようだが。飛び級もないしね。)

岡崎城南RCなんて29歳で入会したH田くんなんて居るよ。
JCとRC両方入ってた人も居るよ。

というわけで、岡崎城南ロータリークラブ、年齢性別問わずどしどし入会を。
と言っても「推薦」が要るし、審査もあるんだけどね。

キミなら大丈夫、私でも入れたし

結局は岡崎城南RCの宣伝ブログでした。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月13日

ガバナー公式訪問

image今日9月13日のロータリー例会は「ガバナー公式訪問」。

岡崎南ロータリークラブとの合同例会で、夜間例会の岡崎城南RCは南RCに合わせて、昼12時30分からの例会開催なのだ。
当然夜の時間が空く?ので、そこは「特別例会」という名の飲み会で埋めることとなる。

ガバナーとは「統治者」。
愛知県RI2760地区の83クラブ約4800人のロータリアンを統治するのだ。
今年度のガバナーは、服部良男氏(岡崎RC・服部工業)。
岡崎南部の地元の有力企業で、日頃からのお付合いも多い。

ガバナーとなられて、こうして公式訪問をされている姿には、他人事ではないという感情に加えて、誇りを感じるよ。

なんてことを思いながら、夜の飲み会の召集を待つ私。  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月11日

第6期RLI2760分科会研修パートI

image恒例のロータリークラブのエレクト研修。
丸一日研修を3日間、飛び飛びだけど。
時間拘束という意味では、結構ヘビーな研修である。
受講者の各クラブ会長エレクトさんたちはもちろんだが、それ以上に我々お世話役のDL(ディスカッションリーダー)も。
image今朝も早よから、星城大学リハビリテーション学院に参集して会場の準備から精を出している。
全体会場の設営、各6分科会教室の設営、いわゆる手弁当である。

ちなみに、この会の弁当は格別に美味である。
image
美味しいお弁当を食べて、後片付けに備えるのだ。

と思いつつ、今日も第一会議が始まった。
第一会議のDLはやらずに済んで、私は第二会議から。

お腹すいた。  
Posted by brother_p at 10:22Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

日曜日朝5時35分、遅刻しそう。

image日曜日朝(なのに)4時50分起床。

恒例の「草刈奉仕」が6時から。
というわけで、徒歩30分の道のりを歩く。
草刈会場の菅生河原を目指し。

日焼けしないよう、長Tを着込んで。
コンビニでお茶と軍手とティッシュを買って。
昨日から風邪で、鼻水が止まらないのだ。

image鎌はないけど、まあいいか。
と歩き出して10分、坂の途中で真っ赤なオープンカーが横付けして来た。
Sくんだ。

というわけで、クルマで向かう。
遅刻せずに済みそうだ。  
Posted by brother_p at 05:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月23日

「今どきの、スマホ事情」

image今夜の岡崎城南ロータリークラブ、卓話は「今どきの、スマホ事情」、私の出番。

今朝の社屋青空紹介(写真)の後のスライドは、「お願い:卓話の間、スマホから目を離して下さい。」

それでも、いじり始める人っているよね〜。
居た! 若干一名。やっぱり、彼。

先日取った「城南スマホアンケート」を元に、今年度地区方針「SNSとMyRotaryの活用」が正しく運用されるようレクチャー。
それが本論に入った辺りで時間切れ。いけね。

しかし、城南クラブのスマホ率高いよね〜、驚異の78%。
そんな彼らが、無謀運転をしないように仕掛けたつもりだったんだけど。  
Posted by brother_p at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月17日

エンドレスパーリー

image今回のやすのり庵は9人参加。
でも3人は、営業日とあって夕方から参戦だ。

今回のメニューは、室内で肉系鉄板焼き、屋外テントで魚系炭火焼の予定だったが、猛暑で屋外は戦意喪失となった。

食うわ飲むわ喋るわのエンドレスパーリー、いつ果てるともなく続く。
このブログ書いてるのは17日、だからと言って日をまたいで今朝まで続いたわけじゃない。
良い子は、午後10時過ぎには帰ったよ。
7時間の宴を終えて。

実はこの会の中で、我が岡崎城南ロータリークラブ歴史的な話し合いがなされたのだよ。はは。
元会長3人、現役会長幹事、元幹事、次期会長、次々期会長というそうそうたるメンバーの会議(飲み会)で決定されたのだ。
中身はヒミツ。ガハハ。

名実共に皆さん大満足?で帰途に着いたが、、、

昨夜はやすのり庵で疲れ切って眠ってしまった店主やすのり君。
泊まっての今朝、洗い物・片付けご苦労さん、ありがとね。  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月06日

発信するロータリー

image午後、ガバナー事務所横の会議室。
来るRLIエレクト研修に向けて、RLI委員会開催。

会議室に入ったら、目を引くボード。
インタビューボードだ。

へえ、作ったんだ。
会見でもしたのかな。

発信するロータリー。
服部ガバナーの方針でもある。

そのボードに見守られながら、来るべきRLIパートIへの準備。

終えて今夕、大花火の岡崎にご帰還した。  
Posted by brother_p at 18:04Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月02日

例会場の眼下に桟敷

image8月最初のロータリークラブ例会。

例会場は、乙川(通称、菅生川)の川畔の岡崎ニューグランドホテル。
会場の外、眼下には今週末土曜日開催の岡崎大花火の桟敷席。

着々と準備が進み、町全体の気分が盛り上がる週なのだ。

さてこの花火、私は今年はどこで見るのかな?
当日、日中はロータリー地区のRLI委員会、夕方までびっちり。

ところで例会も今年次第5回目の今宵、ひと月経って天野さんも会長が板に付いて来たってえもんだ。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月30日

クラブ奉仕委員会でバラを食う。

imageS邸ミーティングのあと、岡崎城南RCのクラブ奉仕委員会へ。

S邸だけどね、先週歩いて15分と書いたけど、10分かからず行ける距離、訂正しとこ。

クラブ奉仕委員会だけど、親睦活動委員会、プログラム委員会、出席会場委員会、広報雑誌会報委員会、ニコボックス委員会を束ねるのが、クラブ奉仕委員会。(わかりにくいか?)

その傘下の委員たるや、全会員の半分以上が属してる。
その委員が集まって、今年度「やっていこうぜ」って気勢を上げる懇親会なのだ。

食事に小さなバラが添えてある。
「これ何? 食べていいの?」って隣のクラブ奉仕委員長(本会の開催者)のYさんに聞いてみた。
ナンチャラとか言う(聞いて忘れた)食べられるバラ(総称Edible Rose)ということ、即食べてみた。

初体験、味はなかった。
「食べられる」けど「食べない」でいいものらしい。

会のあと、恒例の?「たぬき」に6人。
長老に若手も参加で、意義のある?二次会となった。
お勘定は、いつもの一人1500円。
カンパがあって一人1000円、安っ。

安すぎて嫌うロータリアンもいるよ。はは。

食べられるバラはなかったよ。
飲み過ぎた〜。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月26日

雨じゃ、出来ない。

image風の次は、雨。
雨じゃできない、ビアガーデン例会。

でも、例会は開催しなきゃならぬ。

岡崎ニューグランドホテル一階のレストラン(実は普段は喫茶スペース)で納涼例会となった。
寒くないし、雨にも濡れない。
ぎゅうぎゅう詰めで、ホットな例会となった。

今宵も、Beer & Water。


そういえばOGNH、3階で 「大野真澄の岡崎名誉市民を祝う会」(だっけ?)をやってた。
「君とよくこの店に来たもんだ」の大野真澄。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月25日

今宵は、友人宅ガーデン。その2

image練習はこのテラスでなく、ガーデンビューのS木さんの部屋で。音聞こえるしね。

1年かけての遠大?な計画なので、練習は焦らずじっくりなのだ。
あんまり根を詰めてもね、疲れちゃうし。

でも、癒す疲れがなくても一杯やるのだ。
目玉は、お手製のベーコンと燻製チキン。

ビールを一缶やったあと、あとはシングルモルト・ウィスキーを炭酸割りで、くいっクイ。
テラスに風が通る、会話が弾む、酒が進む。

進み過ぎて、一夜明けた朝頭が痛い。
やっちまった、二日酔いというやつだ。
日曜に飲んで月曜頭痛だから、二週酔いだ。

焼きそば、旨かったなあ。  
Posted by brother_p at 09:53Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月24日

今宵は、友人宅ガーデン

image日曜の夕方、一年後のロータリーの会目指して、友人宅で練習。(何の?)


初めて行くお宅だが、近所なので楽勝。
歩いて数分かな?みたいな、ただしiPhoneのナビを頼りに。

ところが、住所の入力間違えた。
番地の入力、×-7-17ってところを、×-17-7って。
iPhoneの指示する全然違うところをウロウロぐるぐるしてた。

夕方と言っても夏の4時。
日はまだ高い、ギターのハードケースは重い。
(なんで部屋にあるはずのソフトケースがなかったんだろう)

堂々巡りしていたら、「あ、岡田さん、こんな所で何してんですか?」とO野くん。
「S木さんのお宅なら、××通りのコンビニの向かいですよ。居酒屋××の向かいと言った方が(岡田さんには)わかり易いかな?」

さて、たどり着いたらステキなお宅。

階上にテラスというかガーデンがある。
練習を終わったら、ここで一杯。
そんな期待が膨らむ。

(この話、つづく)  
Posted by brother_p at 17:00Comments(0)TrackBack(0)