2017年09月10日

「青年商工会MG」幕開けの予感

image知り合いの青年社長の依頼で、青年商工会MG開催のお世話をすることとなった。

今日は、そのワンデイMG。
一日3期と言えども、なかなかタフな研修となった。
当初は4期やるなんて無謀?なスケジュールを受け入れてしまった私にも責任あるなあ。
初心者ばかりのMGだし。

でも参加者の熱き情熱は、定刻すぎても冷めず。
今回シリーズで、ワンデイ3回開催の予定。

次に繋がるMGとなったと思うよ。

次? 10月1日岡崎開催。  

Posted by brother_p at 19:02Comments(1)

2017年09月09日

必殺の「ギタレレ」

image「ギタレレ」は何か?というと、「6弦ウクレレ」のことである。
ウクレレサイズのギター(写真一番下)
奏法は普通のギターを「5カポ」で弾くのと同じ。
弦はナイロン弦、でウクレレっぽい。

なんでそれ私が持ってるのかって?
衝動買いに決まってるじゃないの。
でもいいか、10000円以下だし。

これを「あいかん一区切り西の会」に」持参した。

なぜって、西研スーパーシニアはタヒチ研修。
タヒチの海岸でMGをし、タヒチ・ソングを歌う。

imageということでこの日、「Good Idea!」とギタレレ抱えて会食場へ。
なんせ軽いギタレレ、小指で持てる。

盛り上がったね〜。
西研テーマソングの「マルル・アバ」。

弾いてみんなで歌ったら、キヨハルくんなんてウルっと来てた。
ミズノくんはなんも感じなかったようだけど。
30年前、結婚式の2日前に「愛環塾」を結成したのを思い出していたのか、キヨハルくん。

ウクレレは達人の西先生も、最初は戸惑ったようだがすぐ弾きこなしてた。

あ、西先生に「ギタレレ送ります」って約束たかもしれない。
今頃思い出した。

酔ってたし……。  
Posted by brother_p at 17:24Comments(2)

2017年09月08日

あいかんMGひとくぎり

imageあいかんMGが、今回9/9-10の会を以ってひとくぎり。
1989年の愛環塾の時代から通算29年、西先生にお願いしてのMGセミナー開催を終えることとなった。
そのお礼とお祝い?に、清春君の設営で大須の宴。

集まったのは、愛環塾の水野君清春君、そして私。
愛環塾の時代に10数年、MG会場を提供してくださった松浦さん。
そしてもちろん西先生。

しめ?は、ギタレレの伴奏で「マルル・アバウ」、西MGのテーマソングだ。

この月曜から西先生は、MGスーパーシニア「タヒチツアー」、今回はこちらも最後のツアーということで、大盛況の参加者。

2週間に渡って2回分、つまり第1回興行第2回興行みたいな。
西先生は行きっぱなし。

元気だよね〜、私より一回り上の丑年。
今回の最終MG中に79歳を迎えた。

なお、名古屋地区の「西MG」は、新たな開催者で継続されるとも聞く。
期待しよう。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)

2017年04月10日

アド・ヤマモト山本社長の持ち物

imageマネジメント・ゲームでは、社名は自分で決められる。
社長名は、本名。

写真は、アド・ヤマモト山本社長の持ち物。
なんだかわかる?

名刺入れとiPhone。

これから、どんな社長か想像つくかい?  
Posted by brother_p at 18:04Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月09日

二日目、すなはまにも人出。

image昨日、MG1日目。
20名中初MG7人、5期が4人。
遅くまでかかって、飲み会スタートが8時になっちまった。

激しいMGにはなりきれなかったけど、時間はかかったのう。
20名中経営者が6人。
MGのパワーを感じてもらえてるだろうか?

二日目の今日は、19人。
無理やり4卓。

午後から太陽が顔を出した。
浜辺にも人出が。

日曜日の午後、花見も賑わってることだろう。
ボクラ、研修。  
Posted by brother_p at 13:51Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月08日

雨のMGも、いいね。

image雨のすなはまMGもいいね。
窓から眺める海も雨の中ならば、研修を恨めしく思うこともなし。
4卓20人でスタート。

激しいMGにしたいのだけれど、すなはまMGではないものねだりかな。

私もプレーヤー参加して、激しいMGにしよう。  
Posted by brother_p at 15:11Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

これ、酢豚!?

image恒例の「愛環塾」食事会は、名古屋錦の「芳蘭亭」にて。
愛完熟じゃないよ、愛環塾。

前回昨年9月は天ぷら、今回中華。
店選びの基本は、美味しくて高い店。
(皮肉でも悪口でもないよ。褒めことば)

image写真のような驚きの酢豚が出てくる。
定番のフカヒレは出てくる。
しっかり、中華。
老酒が合う。

美味しい!と私が言っても、他の二人には信用してもらえない。
「本当に美味しいの?」じゃなくて「本当に美味しいって感じてるの?」なのだ。

なんせグルメ度(味がわかる度)は、M君が「10」ならば、K君が「8」かな。
そして私は「3」。
それが私へのグルメ度の評価。

imageK君から8月に借りた超高級ギター。
そのお返しにやっと「弾き易い」ギターを持参して参加のこの食事会。
そのギターはヤマハのエレガット。
借りたギターの10分の1、いや20分の1の価格のギターだけど「弾き易いよ」と。

私が「芳蘭亭」まで持ってきたギターを、K君が持って帰った花金(古っ)の名古屋錦の夜。  
Posted by brother_p at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月27日

曇りの二日目

imageMG二日目、第4期は中間決算をやる。
直接原価計算だからわかる損益分岐点、 MGの威力だ。

その第4期中間決算でOK内くんは発表で、「もう達成しました」だと。
つまり、「販売価格が直接原価を1円でも上回ればそれは全て利益となる」ということ。

そこで私は(20円から40円まである)プライスカードのうち「20円札」だけ彼に渡して、期の後半のゲームをするように命じた。

つまり彼は、入札は最安値の「20円」でしか勝負できない。
(facebookで「40円札だけ残しても、いいかも」というアドバイスも来たが)

当然のことながら、ベテランOK内くんはそのミッションを難なく?クリアした。
入札禁止でもよかったか。(プライスカードなし)

まあ、損益分岐点に着目のMGの威力でもあるけどね。  
Posted by brother_p at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月26日

第32回すなはまMG、晴天スタート

imageもう32回を重ねるのだよ、すなはまMG。

第一回が平成19年(2007年)9月だから、もう足掛け10年だぞい。

すなはまMG(蒲郡)のその前が中杉MG(名古屋・守山)5年、さらにその前がアド井上MG(甲府)5年だから、すなはまが一番続いてる。
甲府なんて、毎月通っていたなあ。
守山は隔月。
すなはまは年3〜4回、ウチから40分のところなのに泊まりで来てる。

しかし、引き継いで来た20年。
合計120回は超えるよ。

てことは、期数で600期インストを勤めたことになる!?
延期数ならば平均4卓24人として、14,400期の決算チェックをしているのだ。

と思いつつも、恒例の「研修日和」の晴天の朝。  
Posted by brother_p at 10:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月09日

竹島に渡りたい。

image 「竹島に渡りたい」言っても、李明博韓国大統領じゃないし。
(独島じゃないし)

MGインストラクターの合間に、会場を降りて海辺へ。

八百富神社から竹島を望む。
今は橋があるが、昔は干上がった海を歩いて渡ったんだろうか。

竹島に渡りたい。

惹かれるものがあるのだが、まだ渡ったことがない。
いや、子供の頃にあるかもしれないが、記憶がない。

霊場竹島。
海を歩いて渡りたい。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月08日

二日目は良い天気、潮干狩り日和

image二日目は良い天気、絶好の潮干狩り日和で、MG会場から見下ろす海は多くの人出。

竹島までの海が干上がって、これも絶好の潮干狩りポイントなのだ。

研修どころじゃない、気持ちはそわそわ。
そんな受講生は一人もいない、真剣なMGなのだ。

ビジネスパワー分析の「廊下でタバコを吸っていた。0点」じゃないけど、この3階の会場、喫煙のためには1階の外まで行かないと喫煙スペースがない。

従って、喫煙受講者は海を眺めながら美味しいタバコをいただくこととなる。
ちなみに私、タバコを吸わない。
もう46年も。  
Posted by brother_p at 16:22Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月07日

すなはまMGは、ビーチ・ボーイズのBGMで

imageすなはまMGは曇り空スタート。
潮干狩りで混雑&渋滞と言われたけど、そんなでなく静かなもの。

それでも、会場から眼下を見渡せば、竹島に至るまでの橋の周りは干上がって、家族連れがシートを敷いて潮干狩りを楽しんでいる。
image
曇り空の下。

MGのBGMは、ビーチボーイズにした。
デビューアルバムの「Surfer Girl」、最初の数曲はモノラル録音。

妙に、今回のMGにマッチしているのだな。  
Posted by brother_p at 12:51Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月08日

MGの威力

image今回のすなはまMGは初体験が8人。
5人の税理士事務所の職員さんと1人の金融機関の社員さん。
主催水野印刷工芸の新人さん2人

18人中8人ということもあって、MGの基本をしっかり伝えないとということで。
「教えない、教えさす、紙は自分で」
「ゼロと書く」
「講演より講習、講習より交流」

夜の交流会での「ひとり一言」もしっかりやったし、よく割愛する「ビジネスパワー分析」もやった。
MGの基礎をやり、経営の「基粗」を学ぶ。

そして「MGの威力」
MGの「効果」といいたいところだが、長年やっている主催水野印刷工芸さんにも、経理のプロである税理士さんにも、「威力」を体感してもらいたい。

「効果がなければMGではない」とルールにも書いてある。

これは、他の研修でも、教育でも、学習でも仕事でも同じ。
効果を出さなきゃやっても意味がない。
効果を要求し、結果を出すこと、これが「教育」のあり方でしょ。

「楽しくなければMGじゃない」とも書いてあるが、効果がなければ楽しくはない。
社員福祉でMGしてんじゃないからね。

「良い研修×向上心」で効果が上がる。
結果がでる。

効果があるから、研修なのだ。
効果がなければ、研修じゃない。

経費をかけても売れなきゃ意味がないのと同じ。
だからMG。  
Posted by brother_p at 21:50Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月06日

すなはま、部屋飲み

imageすなはまMGの会場は、蒲郡。
岡崎のウチからは、30〜40分もあれば行ける距離。

なのに、私は蒲郡に泊まる。
主宰のM社長は蒲郡の人、なのに泊まる。
M印刷のOK内くんも岡崎、なのに泊まる。

なぜ?
研修終えて、懇親会終えたあと、ホテルの部屋でゆっくり部屋飲みしたいからなのだ。
MGや経営のことをじっくり話す。

今回の私は、コンビニでマッコリとカラムーチョを買い込んでね。
結果今朝は二日酔い?

インストラクターをしながらゲームをし、決算チェックそして講義の準備もしなくてはの私には、タフな1日となりそうだ。


つけたし:ー
スポーツ大好き3人は、MGや経営のことよりTVのスポーツニュースをハシゴしながら、スポーツ談義が多いけどね。
この夜は、「チリトマト」のカップ麺も買ったんだけど、食べず。
自制心が働いたのだ。はは。

つけたし2:ー
飲んだ後、カップ麺を食べたくてたまらんのは、OK内くんの癖。
今回は食べなかったけどね、買ったけど。  
Posted by brother_p at 13:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月05日

すなはまの朝

image今朝、すなはまMGの朝。
海のない岡崎市から、蒲郡市の海添いのMG会場に向かうのは、主催者水野印刷工芸のOK内さんの出迎えのクルマ。

今朝は、遅れて来るということで、コンビニの滞在時間が増えた。
必然、余分なものを買ってみたりする。

いつものホットコーヒーに加えて、「めめはな茶」と「龍角散ののどすっきり飴」。

めめはな茶:目や鼻の調子を整える。ほこりやハウスダストによる目や鼻の不快感を緩和します。
のどすっきり飴:・のどを使いすぎた時・のどの乾燥を感じた時・たばこを吸いすぎた時・気分をリフレッシュしたい時

だそうだ。

いずれも、いつもの「マスク」代わり?  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月05日

あいかん3人食事会

imageこれが最後のあいかん食事会、なんて書いてあったなあ。
と、名古屋北区の「志ら玉」へ。

話題は自然と25〜30年前、愛環塾全盛?の頃。
当時のM印刷改革の話になった。(というより、私が振った)
電算写植、デザイン別会社、過剰人員……、「小さな大会社」(うんぽうくん自称)と言われたM印刷のリストラクチャーをした。
人を減らし、お客を減らし、根拠はMGとSTRAC-II。
(今になって、どこかの会社もやっている?)

「会社に、
 時間を提供するのはパート
 仕事を提供するのは社員
 成果を提供するのは、管理職・経営者」
といううんぽうくんの名言も生まれた。
(本人は覚えてないって言っとる)

来年の西MGはどうしよう。
弾きにくいギター、高額のマーチンをどうしよう。
(オカダさんにあげるのがよい)
という、きよはる話題もあったっけ。

今回はわたしが支払う番、請求額を見たら高額で、手持ちがなくてカードで払った。
それを気にしてくれたのか、うんぽうくんがお店でお土産を買ってくれた。
美味しい和菓子だった。

「次回はボク払うからね」とうんぽうくん。
今回が最後じゃないみたいね。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月27日

お客様のF4を狙う。

image会社経営の上で、売り上げは伸ばしたい、経費は減らしたい。
V(変動原価)は減らしたい。
F(固定費)には、減らしたいものと、減らしてはいけないものがある。
F4(戦略的固定費)は、かけることによって販売が促進される。
これ、MGの教え。

F4には、赤チップ(広告宣伝)、青チップ(研究開発)、黄チップ(教育)がある。
これらは投資といえる。
従って繰延資産にもなる。

自社でこれを積極的に、バランス良く行うことが大事なのだが、顧客の費やすF4は、実は当社の狙い目商品なのだ。
お客はF4に「お金をかけよう」と思っているのだ。
お金をかけて、効果を高めようと思っているのだ。

これに、印刷会社は(いや、ブラザー印刷は)対応することができる。
赤チップ(広告宣伝)、青チップ(研究開発)、黄チップ(教育)の効果を高めるというのは、当社の提供価値なのだ。
経営の支援になるのだ。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月26日

MGセミナー開催の意義

imageすなはまMG主催は、水野印刷工芸さん。
ここで講師をしている私は、こう説くことがある。

開催の目的は、水野印刷工芸の社員さんへの教育、部外者の参加により刺激を受け、気づきも深まる。
部外者を呼ぶことで、参加費用一人15,000円が入る。
MGによって経営の質を高めようという同志の会社を集める。
そんなだよね、今んとこ、と。

もうひとつ大事な目的があるとも、説く。
それは、経営を社員に教えようという経営志向の経営者さんとつながることができる。
経営の支援というのは、有効な提供価値なのだ。

それを何で行うのか。
印刷物もウェブも、それを満たすものを持ち合わせている。

つまりMG開催は、顧客とのつながりを創るという、最重要な目的があるのだ。
だから、MGには見込み客に参加してもらうといい。
それはMG受講の見込み客じゃない。
印刷物等を発注くださる見込み客なのだ。
その方たちの経営支援が商品なのだ。

提供価値とは、「価値の提供」、顧客にとっては「獲得価値」となるのじゃ。  
Posted by brother_p at 23:22Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月24日

MGの朝、「オレオレ」販促活動の話題

imageすなはまMGは、毎回水野印刷のOK内くんが講師である私を、迎えに来てくれる。
自宅から会場の蒲郡まで、OK内くんとの車中の語りはなかなか良いものなのだ。
テンション高く私の一方的なシャベリなのだが、OK内くんには好評(と本人が言ってた。確認済み)のようだ。

今回、珍しくOK内くんからの話題。
「あの”オレオレ”まだ続いてますね。また電話かかって来ましたよ」

岡崎高校の同窓会名簿が、オレオレ詐欺の「見込み客名簿」に使われているのだ。
OK内くんはアノ名門、岡崎高校の同窓生(私も)。
その同窓会名簿を使っての「オレオレ」電話が以前、OK内くんのお母さんにかかってきて、また最近もかかってきたというのだ。
一時、新聞にもその被害状況が取り上げられたにもかかわらず。

名簿制作会社の当社としては、妙な濡れ衣がかかりそうだし、次回の名簿作成も危ぶまれているし。
「オレオレ」副作用も降りかかりそうなので、岡崎高校同窓会SNSに「名簿制作業者は当社です」とカミングアウト?しておいた。

流れた名簿が「オレオレ」販促活動に使われたのであろう。

名簿の制作・販売元である当社は、以下の仕様・コンプライアンスのもと制作・販売をしている。
・同窓会からは制作費用はいただかない。
・名簿の販売と広告収入によって賄う。
・広告も同窓生以外からはいただかない(変な業者の広告を載せない)。
・会員消息は当社が調査する(同窓会からの情報もいただくが)。
・販売も同窓生以外に売らない。
そんな、営利活動の手足をもがれたような形でのカタギの制作なのである(が、しっかり儲けたい)。

そんな名簿がどこからか「オレオレ」さんの手に渡った。
そら、手に入るよな〜。

と、事実をここで伝えておこう。
そして、2017年発刊が危ばまれているいる同窓会名簿も、ぜひ発刊の許可がでることを望んでいる。  
Posted by brother_p at 20:25Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月23日

マーチャンダイザー/PAC生産性/マーケットリサーチ

imageMG会社版。
上部に三つの丸、左から「マーチャンダイザー」「PAC生産性」「マーケット・リサーチ」。
それぞれに緑チップを配し、仕入れ買い付けの有効化、生産効率のアップ、市場調査を行うのだが、ある日真ん中に一個緑チップC2を買えば済むようになった。

つまり、パーソナル・コンピュータの実業活用の黎明期に、PC活用を重要視するルールとなったのだ。
そして、「マーチャンダイザー」「PAC生産性」「マーケット・リサーチ」の経営項目の用語は消え、ここでMGの「気づき」は希薄になったような気がしてきた。

今や、「マーケティング」全盛の時代、最優先の時代、必須の時代。
その「気づき」の復活を望む。

「誰に売るか」
「何を売るか」
「どのように売るか」
に尽きるでしょ、企業活動。  
Posted by brother_p at 14:42Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月22日

すなはまMG、始まった。

image今日明日と、すなはまMG。
いつもの蒲郡南部市民会館で。

今回の私のテーマは、「選択と集中」。
MGを重ねて、
「いつもと違うことをやろう」
「人と違うことをやろう」
といいつつも、ビビってできなかったり。
いつもと同じ、チップの次繰りに汲汲としたり。
結局、みんなと同じチップ数になったり。

必要なのは、選択を決断する勇気、集中して断行することだね。
勇気の裏付けは感性、正解は3つくらい?あるのだ。
選択する勇気、集中する勇気。

「値上げ」も「顧客を減らす」も「××」も勇気が要る決断。
さて、どうやりきるか。  
Posted by brother_p at 13:48Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月15日

すまはまMG、夏の陣

image某MNKA社から、研修のFAXが届いた。

「おっ、MGだ!」
名古屋最有力?のコンサルティング会社MNKAでも、MG(マネジメントゲーム)を薦めているんだ。

image社内でもやってるのかな?
ソフトバンク、京セラ、etc...のように。

「おっ、20,000円(注:会員は15,000円)」
但し一日コース(9時間)だ。

そのキャッチコピーに、
--------
〜経営者の心情を理解し、経営計画・経営戦略の重要性を体感する〜
マネジメントとは、昭和51年に西順一郎氏により開発された、経営力育成ゲームです。これまで多くの企業の教育研修の一環として取り組まれ、企業経営に必要な計画立案力、計数管理力、交渉力、決断力の養成に役立っております。本研修では、臨場感溢れるマネジメントゲームを体感することにより、経営感覚、戦略会計論を実践で身に付けていただきます。
-------
と、ある。
MGを勧める側としては、「MGをどう説明するか」も興味あるしね。
この文、どうだろね。

iPadに写ってるのは、第29回すなはまMGの案内。
すなはまMG某日参加の、公認会計士さんの「参加者の声」が載っている。
-----
第29回すなはまMG

日時:2015年8月22日(土)、23日(日)
(両日とも、9時30分開始18時頃終了)
場所:蒲郡市南部市民センター
参加費:15,000円  
Posted by brother_p at 23:30Comments(3)TrackBack(0)

2015年05月19日

ビジネスパワー分析、やってみた。

image今回すなはまMGでは、いつも飛ばしてしまう「ビジネスパワー分析」をやってみた。

MGジュニア研修2日間コースでは必須なのだが、もぐりインストラクターの私としては、割愛することが多かった。

あたりまえのことなのだが、やってみるとなかなかいい。
MGの、「講義より講習、講習より交流」の思想?にもあっている。

「ビジネスパワー分析」は10項目を、まず自己評価し、次にみんなで衆目評価する。
ねらいは、耳学問。
自分は自分をどう見るか記し、周りは自分をどう見るかに耳を傾ける。

やってみて驚くのは、この「ビジネスパワー分析」のスコアの順は、ゲームでの「自己資本」の順に一致するのだ。
人の目の如何に正確なことか、数人集まればね。

ここで思ったけど、人材の評価って究極「頼りになる人」に尽きるかなと。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月18日

「景気をよくする」ということ。すなはまMGを終えて

image「お金は有るに超したことがない」系?の格言に、
「恒産なければ恒心なし」
ってのもあったっけ、と先日のブログにツケタシてみる。

「景気を良くする」ということを、MGのゲーム盤上でどう表現するか?
いかに好景気状態のゲームにするか?

時間を長くする。
資金繰表の行数を増やす工夫をする。

これらは、よく言われること、試されること。

私はそれらに加えて、
友人からお金を借りる場合は、自分の卓でなく、他の卓から借りる。
を加えよう。
これも実効があるよ。
自分の卓の資金量が潤沢になる。

「貧すれば鈍する」
「恒産なければ恒心なし」
の訴えるところサ。
「腹が減っては、戦ができぬ」辺り同義?か。

ところで今回のMG、山本商店が2社あった。
どっちの山本商店が優秀?だったかな?  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月17日

「貧すれば鈍する」すなはまMG2日目。

image何故か蒲郡なのに、海沿い「海岸荘」に一泊。
すなはまMG2日目。

4期目準備の説明をしていたら、借金をしたがらない参加者。
見たら残高60円、それでも借金しないでやろうと言う。

それは、それでいい。
やってみて学ぶことが多い。それがMG。

でも、インストラクターの私は、こうアドバイスしてみたさ。
「借りるといいよ。借りないと残高ばかり気にして、周りにも影響悪いよ。卓にそんな会社が2社もあってごらん。景気が悪くなってみんな儲からないよ。借りて市場を活性化させてみたら」と。

imageホワイトボードに書いてみた。

「貧すれば鈍する」

漢字を思い出すのに時間がかかったが。


貧すれば鈍する=人は貧乏になると、利口な人でも愚かになるということ。(故事ことわざ辞典)  
Posted by brother_p at 10:28Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月16日

今日明日、第28回すなはまMG開催

imageもう28回!

すなはまMGは、いつもの蒲郡南部市民センターで開催。
目の前の竹島、そこへ至る400mの竹島橋の辺り、島までの浅瀬は引き潮ですなはまと変わり、絶好の潮干狩スポットになっている。

image朝から、家族連れで大にぎわいだ。

それを横目で見つつ、MG研修。

今回は、5社20名4卓の会となった。
主催のM野印刷、Y印刷、T研究所、一R社、ウチB印刷からも、4名参戦だ。  
Posted by brother_p at 10:21Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月14日

告知:第28回すなはまMG開催

image回を重ねて28回目の「すなはまMG」が開催される。
つまり、参加者募集。
マネジメントゲーム研修である。

近頃、MGと勝手に名乗っちゃいけないみたいだが、大胆にもMGマネジメントゲームと銘打っている。
講師は、私。
こちらもインストラクターの資格なしでの、講師料までもらっての研修。
なんか、開き直ってる?
imageだけど、研修効果は抜群。
なんせMGだし。

うちの社員も、5名参加予定。
うちの社員に会いたければ、参加しておくれ。

日時:平成27年5月16〜17日
      (5月の海は、イイよ)
場所:蒲郡南部市民センター
      (しぶい所だよ)
参加費:15,000円
      (なんと有料)  
Posted by brother_p at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月27日

1989年4月西研企業見学会、その2

imageそんなに広くない社屋に、大勢の見学客。
社内はごった返す。

写真は、当時の営業ルームで拡声器で説明をする専務、いや当時は営業部長か。
当時はわたしが専務か?

写真には、なつかしい方々の顔が見える。

木原さん(東京)横田さん(名古屋)村山さん(新潟)。
昨年亡くなった山城さん(新潟)も。
今でもしょっちゅうあってる地元の吉川さん高木さん、若っ!
もう26年前のことだもんね。

image一団が去った後、専務は(いや営業部長は)拡声器を持ってないや。
みんなが去った後に残ったテーブルには「カバンおかない」の標示。
きっと、営業マンがアタッシュケースをよく置いちゃうんだろうね。

こりゃ「5S」だね。
当時「環境整備」と呼んで、運動してた。
この時の会社は、今から一代前の旧社屋。
古い社屋だが、磨き上げていた。
床もピカピカだった。

でもこの写真では、キャビネットの上の荷物、これは「5Sチェック」だね。
空調の上の置物のツノ、これはいいか?

さて、まわり回って、今「5S」。
この見学会後のブラザー印刷はどうなっていったんだろうか。  
Posted by brother_p at 22:36Comments(2)TrackBack(0)

2015年02月26日

1989年4月西研企業見学会

image「5S」の過程での出土品。
1989年4月7-8日西研企業見学会、「あいかん3社」の見学会の写真だ。

「あいかん3社」つまり、鍋清(名古屋)、ミツワ印刷(名古屋)、ブラザー印刷(岡崎)は「愛環塾」を結成し、3社の全社員を巻き込んでMGを軸とした経営研修・研鑽をしていた。
その経営事例を見学に、全国から大勢の人が集まったのだ。

西研のおかげで3社は全国区となっていた。(当時はね)

imageブラザー印刷の売り物は、「分社経営」。
会社を9つの分社に分け、それぞれに月次で分社決算をしていた。
分社決算が、マイツール(パソコン)の打ち出しで掲示板に張り出される(写真)。
全員MG、全員MT(マイツール)、全員NK(脳力開発)。
マイツールは当時100数十万円もするパソコンを、50名の社員に30台も導入していた。

今ならアタリマエだが、当時は1980年代後半IT前夜、インターネットなんてない時代のことだった。

その後、その会社はさて?  
Posted by brother_p at 21:55Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月15日

もう27回、足掛け8年

image昨日「第◯◯回すなはまMG」なんて書いたけど、主催者の水野印刷工芸のOK内くんが数えたところ、今回で27回。
2007年から開催しているから、足掛け8年。

数えないとわからないところが、スゴイ?
すなまはMGらしいって?

私も、8年27回もインストラクターをしてることになる。
私のインストラクターデビューは1997年あたりに、山梨のアド井上(当時。今アドヴォネクスト)からオファーを頂いて5年間ほぼ毎月開催。
その後、名古屋中杉印刷に舞台を移して、5年間。

参加者も、上記3社とブラザー印刷からは定期参加という形で進んで来た。

山梨・名古屋・蒲郡(時にスポットで岡崎)の会社仲間で17年間もMGが開催され、私はインストラクターとしてお手伝いをしてきた。

果たして、開催者に何が得られたか?
これから何を目指して続けるのか?
(水野印刷工芸さんは、「続ける」意思は固まっているのだ)
なにが足らないのか?

そんなことを、語った「すなはまMG」後恒例の3人の反省会だった。

私にとって得られたものとは、この20年間の多額のギャラだなあ、なんて。
そんなことを思う、確定申告の季節。  
Posted by brother_p at 21:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月14日

どこの誰か? なぜ来たか?

imageMG1日目のお昼ご飯の時間は、自己紹介タイム。
「どこの誰か?」、「なぜ来たか?」
MGの定番なのだが今回、
「 Who?」、「Why?」
でやってみた。

同じことなんだけど。

自分が誰かを告げ、何が目的で来たかを語る。

今回の参加者、全員が印刷会社。

ところで、印刷会社って顧客が誰か知らずに売ってるよなあ、って。
(陰の声)ウチの会社なんて営業日報の顧客のプロフィールに住所も電話番号も記入なし、なんてあるんだぜ、おいっ!
請求書は手渡しだから、住所いらないとか。
郵送する段になって、あわてて調べたり。
おいっ!

どこの誰かを知らずに、または意識せずに売って(売ろうとして)いる。
顧客名なんて、請求書の宛先くらいにしか思ってないのかなあ。

見込み客どころか、ターゲットの市場あたりから、売る相手は「Who?」って意識しなきゃ販売は始まらない。
マーケティングの「マ」だよね。

と、印刷会社ばかりのMGで思っておる。  
Posted by brother_p at 14:06Comments(0)TrackBack(0)

第◯◯回すなはまMGスタート

imageこりゃまた、良い天気になったもんだ。

絶好の研修日和と自虐的?に言ってみる。

インストラクターの私なのだが、ゲーム進行と決算チェックはOK内くんにでもまかせて、竹島にでも散歩に行きたくなる。

そういえば、西先生はそんなパターンが多かったよなあ。
「バンちゃん、お願いね」とか言っちゃって。

さて今回、どんなMGになるのやら。  
Posted by brother_p at 09:30Comments(2)TrackBack(0)

2014年12月11日

あいかん三人会食、アゲイン

デスクトップ会社では「+D営業研修会」をやっているんだが、抜けて名古屋栄で「あいかん三人」の会食会へ。
こちらが先約だったし。

今回は、天ぷらの「天一」。
よっぽど天婦羅が好きなんか、あの二人。
私は、それほどじゃないけど。

しかし、今回間隔短い。
前は数年あいてたのに。

というのも、M野くんからいただいてた印刷の仕事で大間違いをして、刷り直し。
当然費用は当社持ち。

それが申し訳ないねと、今回M野くんのおごり。
ちゅうことは、次回は私ね。

楽しい宴だったのだが、K春くんの重大な心配事があって、浮かない顔して参加。
でも楽しい語らいで、だいぶすっきりして帰ることができた。
さすが三人。

私は、社長室の掃除で出てきた1980年代当時の「あいかん西MG」のアルバムを持って行って、話の肴。
その何枚かを懐かしいと抜いた、K春くん。
あとの大量の写真は、お店に捨ててもらお。

ブログにも、SNSにも載せないよ。なんちて。

さ、宴を終わって、いつものコメダかな。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月16日

MGはシミュレーション?

image1すなはまMG。
今回は、なんとか3卓。
インストラクターの私もゲーム参加して、やっと3卓。寂し。

今回のセミナーのテーマは「やりきる」。
途中で、止めない、めげない、迷わない。
やり切らねば、評価もできぬ。
改善も改革もできぬ。

私の会社は(MGの?)、岩盤を突き破るほどに落ち込み、そこからV字回復させる計画だ。

練習の1期目のあと、2期3期で赤字を重ね、借金をしまくってみる。
与信が取れないので長借はできないが、資金ショートを作り、短借をしまくってみる。
不幸なことに?岩盤は突き破らず、債務超過ギリギリで留まってしまったが、まあそれでも何も無い状態。

4期目でなんとか盛り返し、5期目は激戦のA卓に辿り着く。
再生計画はV字とならねば成功と言えぬ。
他の卓のお金持ちから借り入れをして(おいっ、また借金かよ)さあ、決戦だ。

で、結果は幸いにも、写真の如し。
みごとな、V。
しかも右肩上がり。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月06日

あいかんの三人で食事した。

imageもう30年近くも前、愛環塾という団体?があった。
会社ぐるみでMGをやり、脳開をやり、全員コンピュータをやり。
それを、鍋清・ミツワ印刷・ブラザー印刷の三社ぐるみでやった。

その愛環塾のかつてのスリートップ、K藤きよはる、M野うんぽー、Oカダヨシオで久しぶりに食事。
ノスタルジーはないので?写真はなし。
「あ、懐かしい顔」なんて言われないようにね。(何それ?)

かわりに、食事のお店に行くためのiPad-miniの画面。(何それ?)
カーナビじゃなく、ヒトナビで辿り着いたのだ。
方向音痴の私には、ありがたい。

お店の名は、天ぷらの「天喜」。
場所を知りたい人は、写真を参照。(何それ?)

美味な天ぷらをいただきながら、美味な話ができたよ。
お勘定担当は、K藤きよはる君。
高かったのでね。  
Posted by brother_p at 22:08Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月01日

戦略的固定費=F4

image9月1日の月イチ朝礼の「ツケタシ」でこんな話をした。

軽費節減は大事だが、固定費には使っていい経費もある。
投資とも言えるが、かけることによって売上に貢献する固定費もあるのだ。
MGではそれをF4(戦略的固定費)と呼ぶ。

青チップ(研究開発費)、赤チップ(広告宣伝費)、黄チップ(教育費)だ。
そのF4仲間に、私は交際費を加えて考えている。

売上を押し上げる力を持つのがF4、交際費。
社長の生活費の足しにするのが交際費じゃない。
仕掛けることが、交際費なのだ。

ウチの会社は、交際費はほとんど使っていない。
ということは、戦略意識に欠けているということだ。

そんなこと朝礼で言って、社員に伝わったかなあ。

ツケタシでない本論の朝礼の社長の言葉は結構シリアスで、みんな驚いていたなあ。
でも伝わったかなあ。  
Posted by brother_p at 22:36Comments(2)TrackBack(0)

2014年08月24日

身の毛もよだつ、真夏の怪

imageすなはまMG、表彰式の後、まとめの講義では「怪談」。

表彰式なのだが、今回アウェイ?参加のGOLGO社労事務所のKさんが、唯一の表彰資格者で最優秀経営者賞。

他の成績優秀者は、みんな落馬。
すなはまMGらしい??

さて、その「怪談」とは。
怪談「印刷業」。

なんせ、上記の社労士さん以外の参加者は、みんな印刷業の今回すなまはMGなのだ。

怪談「印刷業」
第一話「かじやの怪」(梶谷くんじゃないよ)
第二話「センチュリーの怪」
第三話「パンフレットの怪」
身の毛もよだつ、怖〜い話だった。

内容は?って。
タダじゃ、話せん。(嘘です)  
Posted by brother_p at 19:00Comments(0)TrackBack(0)

すなはまMG、さてM&A

imageさて、2日目第4期。
K商店を買収したOK内社はどうなったか?

お昼の一言の時間に、OK内社長はこう語っている。
「人がたくさん増えたのが重荷になりました。特にK商店の社員だった人たちの働きが悪くて……」と話して笑いを取って(ドヤ顔?をして)いた。

実際、会社の規模は約倍になったが、F固定費の増大と有効利用に苦戦してたようだ。

実際のM&Aも、金銭上の問題だけでなく、会社風土の違い、理念・価値観の違いが大きな条件となってくると思うね。
その後のリストラという定番の流れも用意されているようだが。

ところでM&Aの経理処理だが、昨夜OK内くんはM&Aを決めたものの、どう会計処理をして良いもんかわからず、インストラクターも親身に指導してくれず、買収を諦めかけたらしい。

明けて今朝、アルコールも抜けた今朝、インストの煽るだけでアバウトな期首処理の下、何とかスタートしたのだが……。

上記の経過となった。  
Posted by brother_p at 16:42Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月23日

すなはまMG、やってます。

image水野印刷工芸主催・すなはまMG、8/23-24。
蒲郡にて。

今回は、人数の都合でプレーヤーとして参加。
ゲームして、自分の決算をして、受講者の決算チェックをして、結構忙しいもんだ。

1日目のみ参加のKさんが、自分の会社を売りたがっていた。
OK内くんを焚き付けて、買わせてしまった。
M&Aってことだ。

しかし、経理処理を指導するのは、インストラクターの私の役目。
なんとかなるかな?
無事、明日の第4期を迎えられるかな?  
Posted by brother_p at 19:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月08日

「すなはま」は、快晴海日和

image「すなはまMG」2日目は快晴、海日和。
ゲームが始まる前、T木化学の新人部隊は海辺の散歩をしていた。

「今日も暑いですね」と、散歩にいきそびれた高K化学の新人さんに声をかけられた。

MGは飴ちゃんと差し入れオヤツばかりじゃない。
各社広報物もサイドテーブルに。

写真は、マスクマガジン「MUSCOTTO」と、「+Dパンフ」と、水野印刷工芸社内報「ishin-denshin」と、「BRAHOO! 39」。

これらのものを、経営用語で「ニュースレター」と呼ぶ。
「ニュースレター」→「ビジネスレター」→「商品パンフレット」順でリアルな商品に近づいて行く。
そう考えれば、「+Dパンフ」は「ビジネスレター」か。

今回参加のTK研究所さんY印刷さんも、次回のMGにはお披露目となるのでは?なんてね。

あれっ? ブラホーが置いてあるってことは発刊してる?
まだ社員に配ってないのに、社外に配っちゃってる。またか。

「ブラホー」は「ブラック企業の社内報」の略かって思われちゃうかも。  
Posted by brother_p at 10:55Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月07日

すなはまMGは、大雨のち晴れ

image大雨の中始まった「すなはまMG」は、夕刻には晴れていた。
朝は土砂降りの中、駐車場から会場までの10mでもずぶぬれになるような雨だったが、今は嘘のように晴れている。
MGしないで、海辺を歩きたい。

「大雨のち晴れ」と言っても何か事件があったわけではない。
単なる天候の話である。

今回は、20名4卓。
T化学さんからの大勢の参加で、活気のあるMGとなった。
高K化学さん、ありがとう。

高木K学のT元専務が、陣中見舞いに来てくれた。
たくさんのオヤツの差し入れ、ありがとう。
バナナ、食べた。

写真は、マスクマガジン「MUSCOTTO」と余った弁当を持っている私。
「弁当ヴァイブ」である。(?)  
Posted by brother_p at 16:33Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月16日

有智若聞、即能信解

画像1今回のすなはまMGには、ヨシノ印刷のジュニアY専務が社員さんと共に参加。

ヨシノ印刷のY社長(おとーさん)とは一緒にMGを始めた間柄だ。
1985年1月15日、雪の新潟OA見学会にY社長(当時専務)と一緒に出かけた。
新潟に全員コンピュータの会社がある、ということで訪ねた新潟。
そこにはコンピュータの活用事例というよりは、MGがあり、妙にさばけた初対面の方々が居た。
なんだろこれは?と感じた。

そして、Y社長と即MGを始め、全員コンピュータも目指した。
まだパソコンが200万円もしたころ。
数年して、二社で岡崎MGを毎月開催した。感激だった。
一卓はヨシノ印刷、一卓はブラザー印刷、一卓は外部参加者、そんな参加者構成で。
そんな感慨にも耽った今回のMG。

二日目には、Y社長も見物(親子参観?)に来砂。
講義では、その頃のことも少し。
1989年には愛環塾(ブラザー印刷・ミツワ印刷・鍋清3社)として、MG全国ブランドとなり、あいかん見学会が行われ、全国から集まった。
その時のミツワ印刷のシャッターに書かれていた言葉、
「有智若聞、即能信解」
西先生の訳では、「本物はすぐヤル。アホは疑い迷って永久に機会を失する。」

その言葉を、今回の受講者にお知らせした。

写真は当時の「あ、いかん通信」記事である。  
Posted by brother_p at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月15日

第21回すなはまMGは、印刷会社4社

画像1今日から二日間、すなはまMG。
もう21回目の開催となる。
ということは年4回開催だから、足かけ6年ということになる。

今回は、地元蒲郡岡崎豊田から、印刷会社ばかり4社の参加者だ。
また、「MGは印刷会社に向いとんの?」とか、「印刷会社はMGばっかやって」と言われそう?

写真は、MG主催の水野印刷工芸Midecoの社内報「ishin-denshin」毎月発行、大したもんだ。
今回参加の印刷会社4社では、社内報率50%ってことになる。
ブラホー最近出てないけど。ひひ。
  
Posted by brother_p at 10:57Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月18日

MG者でないと解らぬ話、ちょいと長いが読んどくれ。その2

画像1(その1からの続き)
結果S井くんの次繰盤は青チップ5枚を置いたまま1期を終えた。
もはや買い足すことはしなかったようだ。
1枚買い足せば、サイコロ振れるのにね。

今度は、同卓のKすんけくんが、このS井くんの5枚封じ込め作戦に出て、6枚を次繰りした。
これでまた、S井くんは(今度はいやいや)サイコロを振ることとなる。
私も「オカダサンが赤チップでやるなら、ボクやります」とのKすんけくんのそそのかしに乗って、赤チップを6枚次繰りした。
前に書いたように、定番の次繰りは「青5枚、赤2枚、黄1枚」なのだが、近頃のMGルールは赤チップが多く持てるように(広告宣伝の力を評価するように)変わって来ているからね。

「わあ、これで次期のこの卓は青チップも赤チップもさいころだあ」と、我が意を得たりと思ったが、そうはいかなかったのだ。

Kすんけくんも私も、PQ(売上額)不足で卓を転落、しかもジュニアルール。
S井くんはしっかりA卓。
ボクラのサイコロは、S井くんには届かない。
青チップ5枚は無事つかえるのだ。

転落の二人は、ジュニア相手に(失礼)サイコロを振るのであった。
テンション低く。  
Posted by brother_p at 11:22Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月17日

MG者でないと解らぬ話、ちょいと長いが読んどくれ。

画像1今回は参加者の数の都合で、インストラクターの私もゲームに参戦。
子供に負けじと。

ゲームをし、自らの決算をし、受講者の決算チェックもし、ってのはなかなか充実した時間が過ごせるのだよ。

今回密かに最優秀経営者賞を狙っているにもかかわらず、
「今回のMGの目標はサイコロをたくさん振ることです」
と、MidecoのS井くん。
S井くんの言うのは、PQ(売上)区間賞をとれば、次期の景気変動を決めるサイコロを振れるということだったのだが、
「チップを6枚以上次繰りすると、サイコロでチップが使えるかが決まるんだよ」
と告げると、「それもいい」と青チップを6枚次繰りして次期を迎えた。

5枚までなら次期に全部使える。
S井くんは同卓者の青チップを封じ込めたいのだ。
一人6毎以上がいれば、5枚以下でもサイコロを振らなければならないから。
従って、定番の次繰りは「青5枚、赤2枚、黄1枚」となる。

サイコロの目が奇数ならば、青チップが有効となる。
サイコロの目が偶数ならば、青チップが凍結となる。

で、結果はどうだったか。
奇数1、偶数5、つまり1枚しか有効とならず、なんと1勝5敗。
策に溺れたS井くん、自分の青チップを封じてしまった。

なお、写真はS井くんではない。念のため。
赤チップだし。

→その2に続く。
  
Posted by brother_p at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月16日

土日は、すなはまMG

画像1絶好のお天気、しかも蒲郡の海辺で。
土日は、Mideco主催「すなはまMG」なのだ。

わが社からも新人研修で2名参加。
で、講師は私。
さらに今回は3歳と6歳の少年が、ごらんのように1卓?を形成した。

社員Nの子息二人、土曜は保育園であずかってもらえず母親とともに出席なのだ。
MGに興味の長男Mくん、時々入札を手伝ってもらったりして。
売れない時には、くやしがったりしてた。

いやいや参加の社員もいる中(この日はいないか)、子供は興味津々の参戦?だった。  
Posted by brother_p at 11:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月24日

すなはまMG蒲郡で開催、Wao!

画像1今日明日土日ですなはまMG開催。

近頃、熱中症対策もあって水をしっかり摂取している私は、研修が始まった早いうちに自販機で水を購入。
階下の自販機から3階の研修場にもどったら、なんと廊下に給水機。
買わなくてもよかったか、と。

今夏の私は頻繁に水を採る。
昨年までとエライ違いだ。
1日に1リットル位。寝るときは枕元に水。

以前は夏でも全く飲まなかった。
だからという訳かはわからないが、夏のトイレ(小)は、起きたときと寝る前のほぼ2回のみ。
近頃の猛暑、そしてビールを毎日飲む私は、水を採ることにした。

それでもトイレは日に3回位。
夜中に起きて、ということもまずない。
新陳代謝悪そ?  
Posted by brother_p at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月05日

3本目の矢、10年で150万円所得増

画像1日本中から圧倒的な支持を受けているが如き、アベノミクスの第三の矢の成長戦略。

「10年で150万円所得増」だそうだ。

ということは、

150万円に企業負担分を加え、
社員の人数を掛け、
限界利益率(つまりM%)で割れば、
必要な売上増分が出る。

当社の場合なら、約2億円の売上増が必要となって来る。
粗利をすべて給料につぎ込んだ場合なんだけど。

安倍ちゃんによれば、景気回復により売上がそれぐらい増えるから、社員の給料を150万円増やせということなんだろう。

ところで、上記の売上必要増分の計算は30秒もあれば出来る。

安倍政権が一生懸命絞り出した計算値なのかも知れないが。
MG(マネジメントゲーム)を20期もやれば、すぐわかる。
社員でもわかる。
財務大臣や、厚生労働大臣じゃあ分かんないだろうね。

だから、孫正義は(ソフトバンク・アカデミアで)、「全員やれ。100期やれ」と言うのだ。  
Posted by brother_p at 16:43Comments(1)TrackBack(0)

2013年05月19日

「モノ」に価値を載せて、「コト」を売る。

画像1付加価値というイメージしづらい言葉。
MGではM、粗利、PーV=M。

MGの気づきの中で、
「V+M=P」
というのがあった。

材料(原価)にMを加えたのが、P(価格)なのだよね、という気づきだ。

今日的にいうならば、
「モノ」に価値を載せて、「コト」を売る。

この言葉を、M社長にプレゼントしよう。
M社ニュースレター「ishin-denshin」43号の特集は「付加価値について考える」にちなんでね。  
Posted by brother_p at 13:22Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月18日

前途洋々、幸先よし

画像1今日明日、第20回すなはまMG。

それを記念してではないのだろうが、M社長のジュニア初参戦。
来春、技術系の会社に就職内定の学生さん。
「おまえも社会人になるんだから、社会勉強のつもりで参加すれば?」ってなところか。

ルール説明のとき、練習で意思決定カードを引いたら、初カードは「リスクカードを引く」
で、リスクカードを引いたら、「研究開発成功!」

そちら系に進む桃たろう君、幸先よし。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)