表現

2015年09月17日

運転免許捨てて、後悔した。

image好きな対談、好きなテレビ。

松尾スズキ×田口トモロヲ。
ぼーっと見てたんだけど、
「(カッコつけて)運転免許捨てて、後悔した。」(松尾スズキ)

はは、同じだ。
私は後悔してないけど?

image松尾スズキの言ってたのは、身分証明のことだったかな。
いきがって捨てたのは、私もそうか。

「やっぱ、判りやすい表現がいい」
松尾スズキにして、そう言うか。

そうだよね。
判りやすいのがいいね。
「オカダさんの言うことは、判りづらい」なんて言われて、喜んでいたような。
イキがっていたような。

またもや、反省。
もうじき「経営計画発表会」

brother_p at 23:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年09月02日

感謝状を戴いた。

image先日の「若竹1000号記念祝賀会」に先立っての表彰式で、感謝状を戴いた。

「あなたは永年にわたり若竹発行にご尽力いただきました。創刊1000号にあたり感謝の意を表します」

まあ、お仕事をいただいて、感謝状までいただいて、今回の記念号での苦労(してないけど、仕事だし)まで労っていただいて。
そうね、ウチの会社の事業理念は「想いを形に」、それが仕事。

昭和3年若竹吟社設立を企てたのは、なんと17歳の若者達。
俳句というから老人が集まって始めたと思ったりするのは、なんたる先入観。
実は、表現の想いに溢れた若者のエネルギーがそれをさせたのか。
昭和3年、そんな時代も感じる。

なんか、心に沁みる話じゃないか。
なんか、身に沁みる話じゃないか。

と、もうじき新年度を迎えるブラザー印刷としても。

brother_p at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年07月22日

幻のスフォルツァ将軍騎馬像

imageインターアクト年次大会が開催された、名古屋国際会議場。

その中庭に面してそびえ立つのがこの「幻のスフォルツァ騎馬像」、その高さ8m超。
ここを訪れるたび、「これなんだろな」と思っていたが。

その由来は:ー

1989年(平成元年)に名古屋市の市制100周年を記念して開催された世界デザイン博覧会の創造工房東海銀行館に出展された。
この騎馬像は、イタリアルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが作り上げようとしたものでる。
レオナルド・ダ・ヴィンチは、ミラノ領主ロドヴィコから世界最大のフランチェスコ・スフォルツァ将軍の騎馬像製作を命ぜられ、1493年11月に馬だけの粘土像(7.2m)を完成させた。
しかし、折りからの戦争でブロンズの鋳造は断念され、この粘土像もその後破壊されてしまった。

世界デザイン博覧会への出展に際してこの幻の騎馬像を再建させるため、1967年に発見されたマドリッド手稿や残された数々のデッサンを参考に、まず2mの原形を粘土で創作し、これをコンピューターで拡大し強化プラスチック(FRP)で仕上げた。
これは日本の研究と技術がもたらした世界で唯一のものである。

だそうだ。

迫力あるよ〜。

brother_p at 21:24 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年07月13日

「想いを形に」

image人に 社会に 想いを カタチに
O//O 愛知県印刷工業組合
----
午後、出席の愛知県印刷工業組合の理事会。

その資料にあった、「愛知県印刷工業組合ロゴ使用ガイドライン」
最近リニューアルの愛知県印刷工業組合のロゴ・マーク。

どこかで聞いたことあるなあと思った。
ウチの会社の事業理念が 「想いを形に」 なんだけど。
ウチのが先だあと、小声で。

他業種でも「想いを形に」は、ちょこちょこあるけどね。
この愛知県印刷工業組合のいう「カタチ」は印刷物なんだろうね。
団体名に「印刷」って入ってるし、「工業」とも入ってるし。

ウチのいう「形」は「見える形」って意味だよ。「形象」。

そう言えば、20年前から10年間やっていた「DTP.DPT(ディティピ・ディピティ)」のキャッチコピーは、「バーチャルをリアリティーに」だったなあ。
同時、「バーチャル」流行りだったんでね。

brother_p at 23:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年06月04日

安倍首相の滑舌

先日のアメリカでの安倍首相の演説は、このブログでも取り上げたよね。

abe確かに、評判の良い演説だったようだ。
安倍首相の英語の発音をとやかく言う人も多いが(英語を喋れない人に限ってね)、内容は悪くなかったようだよ。
スピーチライターの腕もよさそうだし。
東京オリンピック誘致の時もそうだったけど、英語で行こうという姿勢が良いよね。
聞く側にとっては、何の問題もない。

発音云々を言うならば、安倍首相は英語より日本語の方がよっぽど滑舌が悪い。
発音が悪いんでないの。

なんて書くと、なんて皮肉を!と思われるかも知らないが、内容が大事、姿勢が大事と言いたいのだよ。
日本語での国会の議論も、スピーチライターに問答を書いて貰えばいいのに、と思う。
あの悪名高き官僚の書いた原稿どおり発言した方が、よっぽどまともな実のある議論になる、とまで思ってしまうよ。
数の力を借りた気の短い総理大臣を演じて?しまっている。

あ、やっぱり皮肉になってしまったにゃ。

年金情報流出問題が起き、事実を隠蔽してたことに関しても、乱暴に開き直るんだろうかね。

brother_p at 21:32 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年06月03日

描いてるんじゃなくて、貼ってある。

imageいつもの通り道にある、某飲食チェーンストアの大看板。
看板もデカけりゃ、モデルのカーネル・サンダースも一大看板だ。

近づいてよく見ると、描いてあるとか印刷とか印画とかじゃなくて、貼ってある。
そう、絵柄のカッティング・シートが貼ってあるのだ。

(知ってるか)

この看板ならば、「黒」と「赤」と「肌色」の絵柄のパーツに切られたシートが貼ってあるのだ。
並びが悪く貼られると、大きな「福笑い」みたいになっちまう。
が、そんなことはない。コンピュータ制御されているのだろう。

今、看板は殆どこのやり方と、写真系なら印画するやり方である。
壁面一杯に巨大のインクジェットのノズルが描き回る現地プリンタみたいなものもあるけどね。

思い出すのは、子どもの頃の映画館の巨大看板。
全て、看板職人?さんがペンキで描いてた。

ジョン・ウェインの顔も、オードリー・ヘップバーンの顔も、背景も、手で描いてた。
画家さん顔負けの技だ。
そこにはそっくりなジョン・ウェインも、似ても似つかぬオードリー・ヘップバーンも居たけどね。

出し物が変わると、看板も変わる。
その頃は、前の看板の上に重ねて描いていた。

看板屋さんの横を通ると、その看板の断面が見られ、何層にも塗り重ねられたペンキが見えたりして、面白かった記憶がよみがえった。

世の中進歩したんだなってことにしとこう。

brother_p at 12:33 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年05月14日

英語新発見、KIDはヤギの子

imageyoutubeで見た英会話の動画で知ったんだけど、どうやら「KID」は「ヤギの仔」らしい。
もちろんガキンチョって意味もあるけど、元々は「ヤギの仔」。

その動画の先生は、英語はセットで憶えなさいって言ってた。
bread and butter
fork and knife
bacon and egg
sun and moon

英語の幼児向けの絵本を買ったら、そこには動物の親子。
cow and calf
butterfly and cocoon
bullfrog and tadpole、ナルホド。
bear and cub、アメリカの子供はセットで憶えてるんか。
horse and colt
goat and kid、おっ! KIDはもともとヤギの仔か。
kidと言えば「神の子」、じゃなくてgoatの仔。
(あ、けっこうコアな冗談、総格・プヲタの世界)
coltと言えばcowの仔、cubと言えばbearの仔ってか。

ひたすら憶えて、セットで憶えて、英語で考える頭にする。
そう、英語で考えるって、基礎に単語を知らなきゃ。
それも、イメージで。日本語に置き換えたらいかん。

brother_p at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年05月12日

デザインに意味はないけど

image先日のIM。
会場の岡崎市竜美丘会館。

「おい、ここはどこだや〜? 岡崎城がここだから、大樹寺か?」
「北の方だからな。じゃここは伊賀八幡宮で、あれは滝山寺東照宮だな。」
「これは、六所神社かもしれんなあ」「そうかあ?」
と、豪華な緞帳を眺めつつロータリアンが盛り上がっていた。

デザインされたものを「これは何?」と理解したくなる人たちがいる。
ま、緞帳の例は岡崎の名所の神社仏閣が表現されているので、そうなるんでしょうが。
それはそれで良いとして。

抽象的なデザインだったり、関係無さげなオブジェが配されていると、その理由や意味を問われることも多い。
城南ロータリーの発行物の表紙に大きなトマトを使ったら、「どうして?」と問われた。
説明文をつけろと言われた。

抽象絵画の意味を問われて困っちゃうようなもんだ。
現代アートの展覧会で、白いキャンバスに一本の黒く鋭い線が斜めに走ってる作品があった。
「オカダさん現代アートに詳しいよね。この絵の意味は何?」
「これは、作家さんが幼少の頃、養母に虐待されていて、それがこの絵にあらわれているんですよ…」とかテキトーに答えたりする。

あ、話がそれた?

つまり、デザインには意味が有る訳ではない。
だが、意味のないデザインもないのだよ。

brother_p at 11:27 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年05月10日

ブログ読者

imageやすのり会BBQの時の話題で、「オカダさん、近頃のブログ仕事ネタが続いてるね」と。

わ、読んでんだ。嬉し。
当日集まった7人(+1人は私)全員が「伝道ヴァイブ」の愛読者なのだ。

自分も「仕事」ネタが続いてるなと思ったんだ。
いや、続けてたんだけどね。

その連続記録を止めたのが、このBBQネタだったんだよね。へへ。

そう言えばこの日のBBQ、仕事ネタとか高尚な?話題もあったけど、結構「ボーイズ・トーク」してたにゃあ、珍しく。

brother_p at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年05月04日

印刷屋はダサい?

image大学時代、所属の音楽サークルReal McCoys。
年に2回、Opreyと称するサークル全体のライブをやっていた。

当時は、ラジオの深夜番組全盛の時代で、業界人気取りのパーソナリティーさんたちが、「イケてる知ってるバンド」探しに、チケット代払わずにライブ(当時はコンサートって言ってたけど)に来場しちゃったりする時代。

そんな輩、冷たくあしらってたけどね。会長の私は。

そんなライブのプログラムの印刷を、大学前通りの印刷屋さんに頼んだりしてた。
そのプログラムの出来上がりの「だっせー」こと。

なんかな、そんな時代そんな状況でも、そのダサさを受け入れていたような。
徹底的なかっこよさを求めたくなるような状況なのにね。

印刷屋さんに対するあきらめか?
かっこよくデザインするには、お金がないと思ったか?

わからないけど、催しと不釣り合いなプログラムが、印刷屋さんの手によって出来上がってきた。
失望もせず、私も(わが音楽サークルも)受け入れてたようだ。

安物買いの銭失いなのか?
印刷屋に望むべくもないことなのか?
両方だね。

うち印刷屋じゃないし。
とは、今のこと。

brother_p at 23:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年02月23日

地区大会2日目、オープニングは能楽の笛

image運営もしっかりしている大会だった。
ホストクラブ(飲み屋さんじゃないよ)の半田ロータリークラブの力だね。

会議の合間はオープニングアトラクションで和ませる。
1日目(私は欠席)午後は、半田ジュニアブラスバンド。
1日目晩餐会(偉い人だけ、私は出ない)は、「獅子舞」大獅子・小獅子。
2日目午前は、「笛」藤田六郎兵衛。
2日目午後は、「コーラス」コール・ロータリー名古屋。

image写真は、私の参加した2日目のオープニングアトラクション。
能楽笛方 藤田流十一世家元
重無形文化財(能楽)総合指定保持者
藤田六郎兵衛(ふじたろくろうひょうえ)

「能楽」ではサイドプレーヤーである「笛」を演奏し、継承することで、重要無形文化財を支えて来た方だ。

その演奏は、繊細でなおかつ力強い。
ぐいぐい引き込まれていく。
この日演奏された「獅子」は、行くところ周りを焼き払うという獅子のエネルギーを感じた。
(説明を聞いたから、そう感じたのかもネ)

MCというか、曲間の語りも、格調というか、これも淡々と穏やかにかつ力強く。
前出の若林RI会長代理とともに、良き先輩の良きものを拝見させていただいた。

大漁、地区大会。

brother_p at 22:10 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2015年02月19日

作詞メモ

image整理整頓発掘シリーズは一段落して、今回は「5Sで発見」

「而立会ソング」の作詞メモ発見。



未来のために
夢という刀を抜いて
(わ、照れくさ)

上を見て前を見て
そんな時間が自分を育てていく
(わー、わー)

もう20年以上前に作ったこの「而立会ソング〜ここに集えば〜」
今でも毎月、例会で歌い継がれている。

フルバージョンは、コチラ。

brother_p at 00:30 コメント( 2 )トラックバック( 0 )  

2015年01月24日

Nothing's Gonna Change My World?

imageImagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
No religion too
Imagine all the people
Living life in peace

イスラム国が日本人を人質にした。
身代金の期限の72時間が過ぎた。

頭の中は、このジョンの歌詞。

これは、
平和のためのマントラじゃない。
日本国憲法第9条じゃない。

私は信者でもない。

でも、頭の中でリフレイン。

brother_p at 20:18 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年12月08日

まいう〜?

10833626_490292184442810_1995345791_nグルメ番組は基本見ないのだが、流れの中でお店を訪ね、そこの名物料理を食べてみるなんてシーン。

一口食べて、まずコメント。
まさか今時、「まいう〜」と言うタレントは居まいが。(いしちゃんか、パパイヤ以外)

まあ、「うまい〜」「ヤバイ〜」が聞かれそうだが、それ以上、いや圧倒的に多いのが「やわらか〜い」
「柔らかい」って味かよと思うのだが、そのタレント最後まで「やわらか〜い」で押し通す。
周りも(視聴者も?)、納得してるふう。

噛まないで済むから有り難いってのか、近頃の若者は。
いや、歯がない老人か。
不思議、フシギ。

brother_p at 19:26 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年11月27日

熟達の技、表現

DSC00434今回のJR岡崎駅イメージソングの作曲者・演奏者の山中惇史さんは、25歳の芸大大学院生。

地元岡崎の、連尺小〜城北中〜岡崎北高を経て、今も音楽の勉強中なのである。
あまり大勢の人前で演奏したこともないかのように、最初は初々しかった。
それが、演奏に聴き入る会場の反応に、だんだん生き生きと自信満々の様子に変わって行った。
演奏への没頭、それも楽しむように。

もちろん、熟達した技術・表現力に裏打ちされたもの。
鍛錬・熟達そして才能の力に、こちらも引き込まれた。
一朝一夕の努力では得られようもない能力と、容易に想像がつく。

一緒に舞台に上った中学生達の目も釘付けの様子だった。
この若者達の人生に影響するのかもしれないと思われるほど。

と言って、この山中さんも十分過ぎるほど若い。
こちらの夢も膨らむ。

帰りがけに私、「明日からジャズピアニストになる」なんてつぶやくと、「えっ?」
「ぼくお星様になる」とごまかしてみる。

何の話?

努力しなくちゃ、為すためには。
人の心をつかむには。

brother_p at 20:38 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年11月22日

秀逸なコピー

IMG_9867イオンに行ったら、目を惹くポスター。
いや、目を惹くコピー。

「塩を甘くみてはいけない」

西武百貨店のポスターだ。
「塩を贈る西武のお歳暮」ともある。

お歳暮商戦の販促ポスターである。
何が良いって?
考えて。

brother_p at 00:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年10月29日

色を減らそうぜ!

image「ブラホー・デザインとレイアウトの話」。
今号の第3回は「色を減らそうぜ!」。

フルカラーでデザインする時、例えば棒グラフの色づけをする時、あらゆる色を満遍なく使おうという素人(失礼)がいる。

色は少ない方が良いのである。

詳しくは、BRAHOO! ブラホー40号で。
もしくは、この写真拡大で。

ところで、昔「ブラフォー」って言うフォークソング・グループ、居たなあ。
Brothers Four ブラザーズ・フォー、略してブラフォーだ。
「七つの水仙」「遥かなるアラモ」「イエローバード」など歌ってた。

関係なかったか。

brother_p at 00:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年10月18日

ネイティブ発見!

image何度も何度も何度も言うけど、何度も何度も何度も取り上げてすまぬ。セブンイレブンよ。

ついに?発見した、何の貼紙ポップの施されてないコーヒーサーバ。
滅多、見ない。

店員の創意工夫のないお店?
本部の指導の行き届いている店?
本来のデザインを重視している。

この店に来るお客は、Ice / Hot、Large / Regularの識別ができる知的レベルの高い??お客さまが多いんだろうか?

brother_p at 19:02 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年10月02日

新種発見、サーバ表示進化論?

image何度も何度も言うけど、何度も何度も取り上げて、悪意があるんじゃないよ、セブンに。

でも、今日はここまで進化したのを発見しちまった。
本体パネルに、説明テプラ?が貼ってあるのに留まらず、親切に説明シートがサーバに貼付けてあった。
このシート(パネル)、しっかり作り込んであるなあ、と感心してしまった。
思わず、写真を撮っちゃった。

この際限なき、改善の積み重ね。
カイゼンは永遠なり。

ベスト改善賞を選出して、それを今後のコーヒーサーバの基本デザインにしたらどうか、なんて皮肉めいたことを考えてしまう。

brother_p at 18:53 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年09月22日

また書きたくなった、創意工夫?

imageコンビニのコーヒーが美味い。
セブンイレブンがお気に入りだ。
その場で挽いてドリップして1分以内で手に入る。(8/27付、前掲)

という、セブンイレブンがお気に入り前提で書いてることだからね。
なんて前振りして、また書いちゃお。

写真は某SAのセブンイレブンにあったコーヒーサーバー。
なんと、親切ハリガミのオンパレード。
同行のデザイナーさんと思わず、いいものみっけ的感動。

image上部に、
『レジで注文された
 カップのボタンをカップを入れてから
 押してください!!!』
う〜ん、丁寧?だがわからん。
『Hot
 (R)は小さいコップ (L)は大きいコップ
 Ice
 (R)は小さいコップ (L)は大きいコップ

ボタンの上には、
『カップのサイズとボタンに注意!!』

そして、ボタンの横には、
『HOT
 あたたかい』
『ICE
 つめたい』

カップ置きの透明トビラには、
『ボタンの押し間違えにご注意下さい。』

そして、台座には、
『こちらのコーヒーは
 レジでカップを購入してから
 ご利用くださいませ』
と、念のいれよう。

わかるって、そんなにせんでも。
わからんかも知れんなあとも、思えて来た。

究極の親切? おせっかい?
サーバーをデザインした意図は、完全に無視されている。
意図とは、情報の簡潔な伝達と形よさ。

なんだけどな〜。

セブンイレブンをけなしてんじゃないよ、念のため。

brother_p at 21:28 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年08月27日

創意工夫?

imageコンビニのコーヒーが美味い。
セブンイレブンがお気に入りだ。
その場で挽いてドリップして1分以内で手に入る。

そのセブンのコーヒーは、HotのRegularとLarge、IceのRegularとLargeの選択肢。
お客さんはカップを置いて、その4つの選択肢のひとつのボタンを押す。

それが分かりにくいと思われたか、コーヒーサーバーのボタン付近に(ホット)(アイス)(大)(小)みたいな貼紙が貼ってあるのだ。
全てじゃないけど、多くの店が。
店員さんがデザイン?してプリントしたよなポップの工夫。
店ごとに違う形で。

もともとのコーヒーサーバーのデザイン台が無し(と私は思うのだ)。
(これ、どなたかのfacebookで話題にしてたなあ?)

だいたい、コーヒーお買い求めの人は、「HotとIce」「RとL」くらい、いくら英語?とはいえ辿り着くよ、みたいな。
おばあさんには、ムリか。

ま、その議論?はともかくとして。

今朝、移動中に寄った店はそれをはがしたアトがあった。
本部から言われたんかんなあ?「はがせ」と。

brother_p at 14:56 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年08月26日

ロータリーで一席

DSC00250岡崎城南ロータリークラブの例会卓話は、雷門幸福師匠の一席。

例会場の岡崎ニューグランドホテルの宴会場には高座が設けられて、雰囲気も盛り上がる。

落語家の数の話を聞いて驚いた。
DSC00247関東500人、関西300名に対して、幸福師匠のホームグラウンドの名古屋地区は、なんとなんと3人だって!

みたいなつかみの話から始まり、古典落語に。
古典落語は笑いもあるが、笑いもともかくというか、話術・芸能を楽しむって感じかな。

絶滅危惧種の落語家さん。
帰りは、ポロシャツとデニムのパンツで、帰って行った。
ユカタじゃないんだ。

brother_p at 23:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年08月08日

ビフォーアフター

image先日のブロブでも紹介した某事務所さんに、今回も営業と共に訪問した。

今回は、先日の会社パンフレット制作から始まった、社用広報物印刷物のイメージ統一の一環で名刺の納品。
追って封筒も納入される。
それと、私からも某事務所さんに相談の案件もあって。

この事務所さんとお付き合いのきっかけとなったのは、以前別の印刷会社で制作された会社パンフレットが大不満で、ほとんど在庫で残っている中、当社に発注をいただいたのだ。
そのきっかけとなったのが、ニュースレター。

やはり、社長さんとか、営業マンとかが、胸を張って誇りを持って渡せるものを作らなきゃね。

そして出来たのが、写真のパンフ。
どっちがNGで、どっちがOKかって?

しかしこの写真、もうちょこっと上手く撮ってよね。
と言って、社長の私が撮った。はは。

拡大すると、某事務所がどこかバレちゃうか。

brother_p at 17:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年07月30日

十二支御祝儀袋

imageだいぶ前だが6月15日、印刷組合のバス旅行で訪れた清水寺。

バスの出発待ちの時間に、参道のお店ぴょんぴょん堂で買った「十二支御祝儀袋」。
一見何だろうと思うが、実はポチ袋。

松村翠風という作家さんが一枚一枚手書きで描いたものである。

ステキな袋だが、さてどうしよう。
額に入れて飾っとくのもいいが、その干支の方にお祝いをあげる時にでも使うのか。
あげると、手元には無くなっちゃうしなあ。

brother_p at 11:08 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年07月18日

載るということ、著すということ。

image先日の「岡崎空襲体験記第4集総集編出版記念の集い」の模様が、NHKで放映された。

私もちょこっと映っていた。
嬉しいもんだ。

マスメディアに取り上げられたり、載ったりするのは誇らしいというか、ちょっぴり興奮する。
テレビだけでなく、新聞に写真や活字として載ったりもね。

image印刷物というメディアにも、そういったことがあり、役割でもある。
印刷会社の社長の私でも、新聞や印刷物に取り上げられれば「載ったよ」と人に知らせたくなる。
今回のようにね。
放映は過ぎたけど。

また、本に著す(あらわす)ということは、更に大きなことだ。
今回、岡崎空襲の体験を投稿してくださった方々も、本という「形」になったことで、大きな達成感を得られたことだろう。
「載った」ということも含めてね。
今回の本は、それが読まれて広まることが目的であり、更なる達成感となるんだけど。

また、この本に投稿したことが動機となって、自分の本を書かれることを決められたという方も、この会の参加者の中に居た。
著す価値と喜びを得られることだろう。

そんな表現のお手伝いができる職業を持つ私は、幸せに思うところである。

brother_p at 22:36 コメント( 2 )トラックバック( 0 )  

2014年07月08日

メッセージ型人間と、メディア型人間

image若い頃読んだ、マクルーハンのメディア論。
20代だったか、むさぼるように読んだ。
------
ラジオのような「熱い」(hot)メディアと電話のような「冷たい」(cool)メディア、映画のような熱いメディアとテレビのような冷たいメディア、これを区別する基本原理がある。
------
今時読めば、ラジオかよ、みたいなところがあるが、時代がその論を検証して興味深いところがある。
「クールメディア」「ホットメディア」と表現するメディア論は一世を風靡?した。

たしかその中に書いてあったのが(違ったらゴメン)、「メディア型人間とメッセージ型人間」という分類・分析。
「メッセージ型」は水道管、「メディア型」は水道水、そう自分的には理解した。
「メディア型」は伝えることが上手、「こんなことがあったよ」をそのまま。
「メッセージ型」は自前のネタはいくらでも出せるが、伝えることは下手。

私は「メッセージ型」だと思う。
経営の企画でも、小さい所ではブログのネタでも、いくらでもある。
ネタに困ったことが無い。
なんせ、取材対象は自分、ローコストに内省だから、汲み出せば井戸水の如く湧き出て来る。
たとえそれが、ゴミでも。
そんな私だから「成功事例を追っちゃだめ」「成功事例は失敗の元」とか、わけのわからんことを言い出す。
つまり、何を言っとるのか判らん。

「メディア型」は、情報を「仕入れる」ことが必要だ。
「こんな良いことがあったよ」「こんな面白いもの見たよ」みたいな。
伝える、繋ぐが大好き。
判りやすいが、手間がかかる。
内省じゃないから、情報を集めなきゃならない。

SNSの世界でも、この二つの類型で眺めると、顕著に識別できる。
「シェアくん」が居る。(悪口じゃないよ、と念のため)

私は「メッセージ型」優位・上位と唱えてるんじゃないよ。
自己愛の強いB型ではあるけれど。
たまたま私が「メッセージ型」なだけで、わが友Yさん、Nさんなんて、私と対極どころか超対極。
それで役割を果たしてる。

組み合わせが必要だよね。
ネタがあっても伝わらなきゃ意味ないし、ガセを上手く伝えても弊害をまき散らすようなもんだ。

いいたいのは、そんな視点で人間のコミュニケーションを見てご覧、ってこと。

brother_p at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年07月03日

E-Book、つまり電子書籍なるもの。

image写真は、岡崎城南ロータリークラブ創立25周年記念誌。

先日の25周年実行委員会の打ち上げでは、完成直後のものを配らさせていただいたが、今回7月1日は例会で会員全員に配布した。

この記念誌のお買い得感は、前のブログでも紹介したが、今回の紹介は電子書籍。

さらにお買い得は、この記念誌を制作(印刷)するとE-book電子書籍がついて来る。
アナタが「当初から」それを望むのならね。

電子書籍は何冊も印刷する物ではないのだから、一個作ればそれでよし。
後は、ネットで公開。
電子書籍を売る場合は別だけどね。

つまりブラザー印刷はコンテクストとコンテンツとを売る会社。
(わー、カタカナ。分かりづらい)
中身を作る会社なのだ。
印刷もWebも容器みたいなもんだ。

ちなみにこの記念誌、p49以降はお客様の編集レイアウト、力作。

なんかまた、話を難しく書いてる? 私?

写真左のにちょこっと見えるのは、岡崎南ロータリークラブ50周年記念誌。
なんで写ってるかは、ヒミツ。

brother_p at 17:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年05月23日

古橋先生、三冊目

image古橋睦典先生が三冊目の詩画集を上梓された。
これで「ひこばえ」三部作の完成ということだ。

平成10年に最初の「ひこばえ」を作られてから、16年の間に3冊出されている。
先生は「これが最後」と言われているが、また作る気になってほしいものだ。

ところでこの本、3冊共縦200mm×横210mmという変形サイズで出来ている。
A4とかのJIS定型サイズはいうまでもないが、この200mm×横210mmサイズも、紙の取り寸法としては経済的サイズで、よく採用される。

また、(画集とかには)レイアウトしやすいサイズなのである。

つけたしでした。

brother_p at 00:01 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年04月16日

「パピーズ子どもミュージカル」ミニ公演

imageロータリークラブの例会で「パピーズ子どもミュージカル」。
例会の制約の中、30分のミニ公演。

演題は、
岡崎の民話ミュージカル”竹千代でんでん”より「真達羅大将の巻」

imageなんか、会員諸兄熱心に見て(聴いて)たなあ。
普段、私語ばっかりの人も。
若い人たちの気持ちが伝わったんかな?

しかし、いくらミニ公演とは言え、舞台背景にロータリー旗と日章旗はいただけないなあ。
衣装もしっかり、プログラムもちゃんと作ってたよ。
出来もばっちり。

brother_p at 00:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年03月01日

形美運己粋奈・ケビンコスイナー写真展

画像1友人の写真展・オープニングパーティーに行った。

『形美運己粋奈・ケビンコスイナー写真展』
1.コスイナーの「僕でもパリで写真展ができた」
2.近藤由貴ピアノコンサート(展覧会の絵、ラカンパネラ、その他)

ケビンコスイナー本名小山祐司、彼のオフィスSpeech Balloon Studioで開催の写真展とオープニングパーティー。
色んな友人とも交流できた。

と言っても知らない人が多かったが。
デザイナーの生田薫くん、浅井司くんも来てて話もはずんだ。
小山祐司さん(年上だから、さんか)と私の4人で遊んだこのオフィス。

1990年頃か、もう25年も前だ。
ケビンコスイナーは、そのころやってた「アカデミック・シネマ・クラブ」での源氏名だ。

小山祐司さんの人をつなげる引力というか縁力(なんて言葉は無いか)はスゴイ。
今回も、自身のパリ写真展を開催できるに至ったエピソードでも語っていたが、彼と居ると私の周りにも同じ現象がおきるから不思議だ。

この現象を、超確率現象という。

brother_p at 23:47 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2014年02月05日

Lennon & McCartney って訳には行かなかったんだよね。

画像1耳も聴こえてたみたいね。
全聾の作曲家は、実は詐欺師?
作曲を分担?していた男が、共犯者でしたと告白した。

最初から共作としておけば良かったのに、とは今だから言えることなんだよね。
全聾の奇跡の作曲家、現代のベートーベン、そういう触れ込み無しでは売れなかったんだろう。
「ゴーチ&ニーガ」じゃね。

そこへ行くと、ジョンとポールは「Lennon & McCartney」とクレジットし、将来のバカ売れを夢見た。
なんでもポールは「McCartney & Lennon」を主張したのだが、ジョンが「Lennon & McCartney」を強行したらしい。
というのは、先日見たビデオでポールが言ってた。
皮肉屋のポールらしいコメントだ。

そういえばこの連名、昔私も「シスター岡田&ジョーカー棚橋」っていう作詞作曲ユニットだったなあ。
ブラザー印刷の岡田とキングの棚橋社長のコンビ。
最初、「シスター岡田&ハート棚橋」として怒られた。

なんせハート社は、キング社の競争相手の封筒メーカーなんでね。

brother_p at 22:44 コメント( 2 )トラックバック( 0 )  

2014年01月19日

インターネットで伝わってしまうもの

画像1姪のエステ店主(25歳)は、おじさん(私)を尊敬し、「伝道バイブル」や「アリシャチョ」を買ってくれる。

もちろん、当ブログの愛読者である。

今年のお正月の、実家での会話。
「ねえ、おじさんのあのブログ、最高に面白かったよ。ポテチを散歩させている人のブログ。

私を尊敬してるというからには、もっと真面目というか、教訓に満ちているというか、能書きを垂れてるというか、そっち系のブログが気に入ってると思ったら、「ポテチを散歩させている」ブログだったとは。
(実は、そっち系が嬉しいんだけどね。私としても)

「あれは、高島屋の前のを通って外に出て、名鉄の入り口……の写真だよね。見たら分かる。」
そうなんだ。
分かっちゃうんだ。
地元、名古屋人としては。

ネット、危ないね。
別に、GPSなどで場所がデータに刻まれていなくとも、見る人が見たら分かる。
解析したら、当然分かる。

近頃、「ビッグデータ」(また、ヨコモジだ)という言葉がITビジネス界で横行している。
普通のアプリケーションやデータベースソフトじゃ解析しきれない「巨大で複雑な データ集合の集積物」のこと。
この個人や企業が受発信している「全て」のデータを解析しようと言う、不気味な?動きなのだ。

ビジネスには有効なのだが、それもひとつひとつの小さなデータの中に潜んでいる情報がネタなのだ。

この、「ポテチおにいさん」の情報のように。

インターネットという一網打尽の世界の中に、存在しているのだ。
いや、存在させてしまっているのだ。

brother_p at 23:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年11月10日

パッケージで、買う。

画像1ロータリー関係で3つの行事が重なった日曜。
重なったことに不満はないよ。

重なったらラッキー?他の2つは出なくてすむ。
だって、身ひとつ。

岡崎城南ロータリークラブ日帰り家族例会
会長エレクト地区研修会+懇親会
地区ローターアクトクラブ会長幹事会

全て、ほぼ終日。
私のチョイスは3番目、地区ローターアクト委員のお役目で出席、江南市へ。

お尻の痛くなる委員会と会議オブザーバーのお役目を終えて、会長エレクト地区研修会の懇親会乱入という手もあったが、やめて帰路の金山駅。
酒のつまみでもと構内のコンビニに寄ったら、なにやら目を引くものがある。
シンプルだが、他の商品より際立っている。
きっと味もセンスいいだろうと買っちまった。

「缶つま」シリーズ。

缶つまというからには、みんな缶詰。

「ハバネロサーディン」
「厚切りベーコンプレーン」
「国産鶏ぼんじりソラチたれ焼き」
「ぶりあら炊き」
「マテ茶鶏のオリーブオイル漬け」

さあ、どれからつまみにしよう?

brother_p at 19:30 コメント( 2 )トラックバック( 0 )  

2013年11月01日

「どぞう」に出会えた「こうふく」

画像1先日昼食に、おそば屋さん「口福」に行った。

「十割そば」が目玉のこのお店、11時過ぎに行って「十割そば」を注文したら、お店から「十割そば残り2人前」の声が掛かった。
12時には売り切れてしまうんだろう。

「十割そば」を美味しくいただいてレジに行くと、カウンタに見覚えのある本が……。
「百蔵」、山共建設の山本寿仁さんの著、「百蔵」と書いて「どぞう」と読ませる。
多くの土蔵や土壁が紹介されている本である。

そう言えばと店を見渡せば、土壁を生かした山共建設の作風のお店。
「この本は山本寿仁さんの本ですね。ウチで制作・出版しました」と告げると、「口福」の大将と顔合わせをすることができた。

あとで気づいたのだが、山本寿仁さん、蕎麦打にかけても超プロ級。
「百蔵」と書いて「どぞう」、「口福」と書いて「こうふく」、ナルホド。

この「百蔵」、アマゾンで買える。
この「百蔵」、ウチでも買える。
ま、直販がありがたいけどね。

brother_p at 23:40 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年10月28日

あいちトリエンナーレ2013康生会場

画像1あいちトリエンナーレ2013は昨日で終了。

しっかり見て回るつもりが、名古屋は芸術文化センターしか行けず、岡崎は松本会場に行けなかった。
3ヶ月も会期があったのに、残念。

だが、終了間際の10月24日に、あいちトリエンナーレ2013芸術監督の五十嵐太郎氏の講演が聴けたのは良かったね。
それで急遽、閉会間際に岡崎の各会場を回ったくらいだから。

写真は、岡崎・康生会場、シビコでの展示だ。
シビコは近々取り壊されて、マンションに変わる。
岡崎の繁華街ど真中の交差点に君臨していたビルだ。

brother_p at 23:49 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年10月27日

あいちトリエンナーレ2013東岡崎会場

画像1駆け込みでトリエンナーレを回った日、アートを上回る衝撃に遭遇した。(写真)

東岡崎岡ビル会場は3階、フロアほとんどを使った展示の端に、ひっそりと?営業しているお店があった。

画像1スパゲッチの店
オーマイキッチン
「こも」

展示のアートを凌ぐ存在感、それが営業しているのだよ。

トリエンナーレに来てよかった。
店には入らなかったけど。

brother_p at 23:31 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年10月25日

あいちトリエンナーレ2013岡崎会場

画像1五十嵐講師の言葉で「気恥ずかしさ」を何故か覚えた「康生・シビコ」会場と「岡ビル」会場、行って見ねば。

「シビコ」も「岡ビル」もワン・フロアが使えるとは、アーティストにとって贅沢?。
天井は低いけど。
岡崎出身、東北で被災の出展者志賀理江子さんは如何お考えかと思ってみる。

贅沢な空間にふんだんな表現、空きビル冥利には尽きないか。
トリエンナーレ無ければ、頽廃感そのものの「シビコ」「岡ビル」、だからこその気恥ずかしさなのだが、残念ながらそれがアートの現場かも知れぬ。

「康生・シビコ」会場と「岡ビル」会場を回って、時間があったので「松本」会場に向かったのだが、駐車場事情もあって、今回(次回はいつだ?)はパスとなった。

アートの制約は、展示「場」と駐車「場」か。
なんかマイナー脱せず感。
アートが主役の時代、来るんだろうか。

人間にとって主菜なのだと思うが、おかず感否めず。

brother_p at 23:53 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年10月24日

「あいちトリエンナーレ2013」をつくった人

画像1「五十嵐太郎講演会」は、出会いの駅おかざき推進協議会の定例の「まちづくり講演会」に、岡崎信用金庫南部ダリヤ会、岡崎市、特定非営利法人アースワーカーエナジー、一般社団法人アーキエイドが共催に手を挙げてくれた。

演題は「震災復興活動から、JR岡崎駅周辺のまちづくりを考える」。
講師は、五十嵐太郎氏、今回の「あいちトリエンナーレ2013」の芸術監督。

まずツカミは、オカザえもん。
他のユルキャラとの違い、アート性を説く。
デザインには目的があるが、アートにはない。
オカザえもんはアート。私も同意見だ。

氏の口から、岡崎のイントネーションを「オカザキ」とちゃんと発音していただいたり(わかんないか)、会場の「シビコ」、「岡ビル」の単語を聞くと、なんか妙に気恥ずかしいというか。

なんせ、「シビコ」も「岡ビル」も壊滅寸前と言うか、衰退岡崎のシンボルのような。
それが、トリエンナーレの会場となっている。

brother_p at 23:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年10月04日

今使うなら「過去でしょ!」

画像1「今でしょ!」
「じぇじぇじぇ」
「お・も・て・な・し」
「倍返し」

流行語ばやりというか、言い換えれば流行語の流行。
なんだそれ。

みんな流行りものが好きになったもんだ。

近頃になっても、街道沿いに「……なら、今でしょ!」の旗がはためく。
今じゃないでしょ、もう「過去でしょ」って。
そうも言いたくなるから、このフレーズはよく出来てる?ってなもんだ。

当社のお客様に、チラシの「ここに、今でしょ!って入れてよ」とか言われたらどうしよ、とか。
まさかウチの営業も「ここに、今でしょ!って入れましょう」なんて言ってんじゃないか、とか。
心配は尽きない。
これは、杞憂ではない。
恐ろしい現実だ。

もし。旬の流行語を使ってほしいなんて要望があったら、「今でしょ!」から「倍返し」まで、あらゆる流行語を使っちゃいたくなるね。
あ、やりたくなって来た。

「アベノミクス、消費税上げるなら……、今でしょ! じぇじぇじぇ。後で不況じゃ倍返しのおもてなし、でござる。」
なんちて。
皮肉でウケたい私は、正統派。

brother_p at 15:40 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年10月01日

ー少数民族を訪ねるー中国・貴州紀行

IMG回を重ねて18回、中根洋先生の写真展。

日時:平成25年11月26日〜12月1日
場所:岡崎信用金庫資料館市民ギャラリー

中根洋先生は、もう30年も毎年中国・シルクロードを旅され、毎年写真展をされている。
80歳を裕に超える高齢なのに、すごい。

8年前には、当社で写真集「絹の道」を作らせていただいた。

写真は今回の作品のひとつ、程陽永済橋(通称風雨橋)

今回の案内状が出来上がったとき、電話でその旨を伝えようとしたら、言う前に「本読んだよ。お父さんのDNAをしっかり受け継いでいるねえ。安心(感心)したよ。」

なんとありがたいお言葉、早速読んでくれたんだ。
本とはもちろん「伝道バイブル」

brother_p at 18:44 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年08月27日

気持ちの良いあいさつ

画像1商業界の編集長の講演に出て来た新潟のワイナリー「カーブ ドッチ」。
挨拶教育はしない。お客はお店を選べない、お店が客を選ぶ。という企業。

気に入ったなあ、と思ったから書くのじゃないが。

お店に入ったりした時に、元気で明るい挨拶で迎える。
それはいいよね。
いい気持ちになれたりする。

でもさ、「何と教育の行き届いているお店だ」って言うんじゃな〜い。
(ギター侍かっ、古っ)
それ変だよね。
「気持ちのいい挨拶だな〜」でいいじゃな〜い?

何で「教育」って入るんだろ。
教育が悪いって言ってんじゃないよ。
「何と教育の行き届いているお店だ」って言ってる側のことを言ってんだよ。
わかる?

何かに毒されてる?って、言い過ぎかなあ?
この国の特徴?

言ってることわかるかなあ? くどいか。

brother_p at 21:28 コメント( 2 )トラックバック( 0 )  

2013年08月07日

オカザえもん、全国2位

画像1オカザえもんが、「ご当地キャラ総選挙」で全国2位となった。
優勝は、関東地区代表の「ふなっしー」。

これを知った岡崎市の内田市長は緊急記者会見を開き、「私の趣味ではないが」と前置きした上で、「うれしく思う。驚いた。敬意を表したい。」(東海愛知新聞より引用)と微妙、しかし正直な感想。

市長は、オカザえもんバッチは以前から胸に付けている。

いずれにしても、日に日に存在感を増している。
最も「存在感」という言葉からほど遠いキャラのオカザえもんが。

ちなみに、オカザえもん以前の、岡崎のヒーロー?は徳川家康だが、この徳川家康のユルキャラはすでに他地域で存在している。
浜松の「出世大名家康くん」だ。
これは、昨年のユルキャラグランプリ2012の第7位。

岡崎市にしてみたら、アイドルを先に取られちゃった感があったのかな?

brother_p at 22:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年08月06日

報告が遅れました。背中に倶利迦羅紋紋、じゃなくて刻印。

IMG_3172昨日ブログ書いてて思った、刻印の話。

私のiPad-miniとiPodtouchの裏には「人格で一番大切なのは、機嫌の良いことです。」と刻印してある。
かつて所有していた歴代のiPad、iPodtouch(iPhoneはどうだったかな?)にもね。
ご報告?が遅れました。

Apple Storeで買うときに、刻印も一緒にしてもらうのだ。
無料。
自分の名前を彫ったり、「愛する××に」なんてのもあるんだろう。
そこに私は、「人格で一番大切なのは、機嫌の良いことです。」と刻印してもらう。

「伝道バイブル」を直販で買うと、私のサイン入が無料で手に入るみたいなもんか(全然違うか)。
ところで「伝道バイブル」、売れてる?けど、まだこのブログの読者の数、フェイスブックの友達の数ほど売れてないなあ。

お忘れの方、よろしくね。

brother_p at 08:59 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年07月29日

JOY OF LIFE --YOKO ONO

画像1名鉄東岡崎駅北口に巨大な看板が出現した。

JOY OF LIFE

YOKO ONO
2013

画像1
かあっこいい。

どこに出しても恥ずかしい駅ビル「岡ビル百貨店」の前に、なんて思ったが。
そんな気持ちもぶっ飛ぶ存在感と訴求力。

なんか「印刷も承ります」に似てるなあ。
(似てないか)

1971年の「WAR IS OVER」を思い出す。
2002年の「ROCK AND ROLL HERO」を思い出す。
2010年の「印刷も承ります」。

8月10日〜10月27日開催の「あいちトリエンナーレ」。
その岡崎会場の玄関として、名鉄東岡崎駅前に設置されたのだ。

「厭離穢土・欣求浄土」の看板とかあったところだ。
それもまた、いい。

brother_p at 10:29 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年07月25日

「何にでも目玉をつけてみよう」第4次ブーム

IMG_3174先日、新人さんとお客様まわりをしている途中、「素楽紙土」さんに寄った。

素楽紙土さんは、まあ言ってみれば画材屋さん。
「書く」、「描く」ことについて、あらゆるものが置いてある。

新人さんは、店内くまなくまわりショッピング。
私は旧知の店長さんと懇談。

帰り際、新人さんがレジを済ませてる頃、「目玉、ある?」って聞いてみた。
「ありますよ、ほら」
6mm径のものしかなかったが、それとアロンアルファを買って帰った。

さあ、「何にでも目玉をつけてみよう」ムーブメント?の再燃か。
2000年、2005年2010年と大ブーム?(独りだけど)があったので、4回目。

みなさん、大事なものに目玉を付けられないようご注意を。

brother_p at 23:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年06月29日

クリエーターズマーケットで「伝道バイブル」が売れた。

画像1会場に着いたら、15時。
式典参加のA山さんを道連れに。

結構な賑わいだった。
「伝道バイブル」はなんと、3部売れていた!
両隣の「ムスコット」と「グーマ」も例年になく売れているようだ。

A山さんも義理で1部買って帰ってくれた。
「青山さん江、いいかげん、いいきげん」と著者のサイン入り。

これで4部!

brother_p at 17:40 コメント( 3 )トラックバック( 0 )  

2013年06月25日

「ムスコットVol.1」刊行

画像1マスクブランド「ムスコット MUSCOTTO」のマガジンが発刊となった。

「ムスコットVol.1」
ーマスクをかぶったら強くなれた気がした。ー
おなじみ、ムスコットブランドのコピーだ。


Hyper Mask Creator のEl Mascara De 66による責任編集。
Hyper…と言っても沢尻○○カの旦那らしき人とは訳が違うクリエイターだ。

税込み300円。
ぎょえー、金取るか。
6/29-6/30のクリエーターズ・マーケットで手に入るのだよ。

brother_p at 14:06 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年06月05日

「伝道バイブル」校正中

画像1会社で、一冊の本が私に渡された。
タイトルは「伝道バイブル」。
あれ、「伝道ヴァイブ」と似てる。

「伝道ヴァイブ」のブログ本は、出ると噂されていた。
いやハッキリ出ると発表?してた。


ところが、サンプルが出来ただけで発行してなかったのだ。
理由はというと、6巻合わせて厚さが11cmにもなり、あまりに重い、とか。
「伝道ヴァイブ」という響きが良くない、とか…。
理由は定かでないが。

ところがここに来て突然「伝道バイブル」、内容はブログ「伝道ヴァイブ」の抜粋本だ。
これならいい、これはいけそう。

校正ということで、さっそく読み始めた。
これはいい、これはいけそう。
-----
「伝道バイブル」
岡田吉生がわからない人も、
わかっているつもりの人も。
-----
と、帯に。

それからウチの技術は、こういった校正段階でも本の体裁で見せることができるのだ。
1冊でも作れる。
OKが出れば、大量に刷ることが出来る。

みんなが読んでくれればの話だが。

brother_p at 13:54 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年05月25日

マジカル・ミステリー・ツアー、その参:伝えきれない面白さ

画像1地下道シリーズ。
喫茶店の向かいの、喫茶店の広告ディスプレイ。

オードリー・ヘップバーン、ブルース・リー、ジェイムズ・ディーン、マリリン・モンロー、ビートルズ。
画像1もちろん、ギター現物も目を惹いてるよ。

テレキャス・シンラインにジャガー?
本物かなあ。
ヘッドのロゴが隠れてていて、今となっては確認しづらい。
本物だったら、ガラス割って盗まれちゃうぞ、みたいな。

なんとも、妙な魅力溢れる地下道。

なんで、そんな個性溢れる地下道にトリック・アート描いちゃったんだろう、みたいな。

brother_p at 13:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2013年05月15日

大島が飛んだ。

IMG_0001これでも意外とスポーツ新聞を愛読しているのだ。

5月11日中日スポーツ。
一面の写真。
キャプションに、「最後に最後にビッグプレーが飛び出した。中日は10日、広島戦で4-3とリードした9回2死満塁、迎の強烈な打球を大島洋平外野手がダイビングキャッチ。4月18日以来、今季3度目の連勝は劇的な幕切れだった。」
「飛んだ」という見出しなのに、ダイビングの空中の写真は撮られてないが、捕球のあとの伸びきった体、安堵の表情。
イイ。

IMG同日7面、「3回戦でフェデラーに勝った錦織のリターン」。
サーブをエア・ケイでリターンした瞬間。
シルエットがいいね。

スポーツの写真はシャッターチャンスをモノにするのが難しい。
こんな瞬間の写真が撮れたらカメラマンさん、たまんないだろうなあ。
まさに醍醐味。
こんなに大きく紙面を飾ってね。

なぜか、カメラマンさんにおめでとうと言いたくなる。

brother_p at 08:10 コメント( 0 )トラックバック( 0 )