2017年05月05日

釣果満点、くにひこ会

image釣果は満点だった。

K彦さんの釣り上げた魚を食す会は、ホームグランドのにて。
たぬきは、持ち込みの魚でも気ィ良く捌いて料理してくれる。

残念ながら、直前3人ドタキャン。
残念ながらというのは、会にとってじゃなくて、釣果に有りつけなかった欠席者に、アイム・ソーリー。

image鯛を中心に、イサキとか、××とか。
鯛やイサキの舞踊り、鯛も色々。

私にはよくわからん。
実は、味もよくわからん。
わいわい騒ぐのが好きなだけのようだ。
酒の味もわからんし。

先日のピザ会は「ピザにはワインでしょ」と半ば強制的に飲んでいただいた。
今回は、日本酒派の皆さんまかせ、なんせ魚だし、釣果だし。

刺身から始まって、卵とモツ、××、と続いて、煮魚、そして握り。
堪能して、参加者の満足顔。

吉例〇〇会って、満足度高いよね。
やすのり会(保庵)、のりやす会(ピザ)、いぬづ会(ホタルイカ)、くにひこ会(釣果賞味)。
それにひきかえオカダ会、単に飲むだけ。う〜ん。  

Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月23日

のりやす会は、第三回ピザ会

image1年半ぶり、と思ったら2年半ぶりだった。
待望の、第三回のりやす邸ピザ会。

日曜日の午後、オカダ会?メンバーが飲み物を持ち寄り、のりやす邸へ。
共通の知人のお葬式があって、集まりが遅れた人もいたけどね。

ピザとワイン、手作りのピザを味わった。
奥様手作り、ダンナは窯係。

昼間っから飲んじゃった。
みなさん、連日飲み過ぎのようだったけど。

それから、「ヨシヲ・すずき」のミニ・コンサート。
6月末の、天野会長年次最終例会が本番、その中間報告のコンサートというか、練習。
会長に歌ってもらう歌も、音合わせをしたのだよ。

今回は、S君にとって緊張の洋楽、英語の歌。
間奏も任せてしまって、圧かけ過ぎかなあ。S君。

次回は、クニヒコ会。
GW中の「釣果を食す会」を約束して散会となった。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月03日

これ、酢豚!?

image恒例の「愛環塾」食事会は、名古屋錦の「芳蘭亭」にて。
愛完熟じゃないよ、愛環塾。

前回昨年9月は天ぷら、今回中華。
店選びの基本は、美味しくて高い店。
(皮肉でも悪口でもないよ。褒めことば)

image写真のような驚きの酢豚が出てくる。
定番のフカヒレは出てくる。
しっかり、中華。
老酒が合う。

美味しい!と私が言っても、他の二人には信用してもらえない。
「本当に美味しいの?」じゃなくて「本当に美味しいって感じてるの?」なのだ。

なんせグルメ度(味がわかる度)は、M君が「10」ならば、K君が「8」かな。
そして私は「3」。
それが私へのグルメ度の評価。

imageK君から8月に借りた超高級ギター。
そのお返しにやっと「弾き易い」ギターを持参して参加のこの食事会。
そのギターはヤマハのエレガット。
借りたギターの10分の1、いや20分の1の価格のギターだけど「弾き易いよ」と。

私が「芳蘭亭」まで持ってきたギターを、K君が持って帰った花金(古っ)の名古屋錦の夜。  
Posted by brother_p at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月30日

焼きカレーったって。

image旅のグルメレポートは続く。

昼食は門司港の「焼きカレー」

焼きカレーったって、カレイを串に刺して炭火で焼くんじゃないよ。
そう言ってみたが、みんな違うって知っていた。

カレードリアの上等なやつというか、中に目玉焼きも入ってる。
これにはワインが合うかなと思って飲んでみたが、二杯目からはみんなと同じ生ビールにしたよ。
これは合うね。

夕食は、新幹線の中でそれぞれ弁当だから、これがこの旅最後のグルメレポートとしておこう。

さあ、今から船で巌流島上陸だ。  
Posted by brother_p at 12:30Comments(0)TrackBack(0)

抹茶と食べたのは「梅ヶ枝餅」だけじゃなくて……

imageそれぞれ思い思いの博多の夜を過ごした後、明けて二日目は、まず「太宰府天満宮」

参拝を終えて参道の裏道を歩いていたら、「お〜い、岡田くん」
茶店の中から私を呼ぶ声。

暖簾をくぐって入ってみたら、声の主のF江さんが庭で「一緒に抹茶飲もまい」と。

お抹茶と梅ヶ枝餅と梅干のセット。

imageF江さんと、世界情勢・天下国家を語りながら、餅を食べ、抹茶を啜った。
なかなか良い時間じゃと思っていたら、突然「ガリッ」と。

餅の中に何かある。
それも硬くて大きい金属のようなもの。

わ、歯が取れちゃった。
いや歯じゃなくて、歯を補正していたブリッジが取れた。
こんな硬くて大きいもの、噛んだら歯が欠けちゃうと思ったが、その噛む歯の方が取れちゃったような状況なんだよ、これが。トホ。

でもそんなことにもめげず、梅ヶ枝餅を味わい抹茶を楽しんだ。のだ。  
Posted by brother_p at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月29日

旅の目玉は、イカの目玉

image10/29-30の、ロータリークラブの博多例会。

順序が逆になったけど、昼食のグルメレポートをしておこう。

セントレアから福岡空港に着いてバスで2時間、車窓から海を眺めつつ佐賀へ向かう。
そこで昼食、「呼子のイカ」有名なんだそうだ。

image刺身から始まってイカづくし、美味〜。
随分甘いイカだなとみなさん感心していたが、実は醤油が甘かった。
こちらの醤油はこんなかと。

多すぎて残ったイカの天ぷらをお持ち帰り、バスの中でのつまみにいいとね。
グルメ旅の始まりだ。

お酒? 酒は朝から飲んどる。
Y則くんなんて、バスがお店による度に日本酒を買っていらっしゃる。

焼酎王国九州も、北部は日本酒があってよかったね。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月20日

あま〜い。

image  
Posted by brother_p at 21:26Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月14日

愛環塾の大好物天ぷら、私の大好物ギター

image愛環塾3人の食事会。
しばらく間が空いたが、私がK春くんにギター(D−45)の件で連絡を取ったのがきっかけで即時開催となった。

会場は初めての店、天麩羅「八重垣・石川橋」
私以外の2人の大好物は天ぷらなのだ。
それも美味しい天ぷら、高い天ぷら。

だから今回も美味しくて高い店なのだ。
前回、私の番で張り切っておごったらしく、今回はK春くんの番ということで、安心して訪れた。

それこそ愛環塾現役の頃30年も前、世話役の3人は報酬の代わりに数ヶ月に一遍、天ぷら他の贅沢食事をするのが恒例だった。

その頃は、この「八重垣」の前身が錦のど真ん中にあり(さぞ高かったことでしょう)、その後大須八重垣(今もある)そして分家ということで、今日のお店となったのだ。
美味しかったぞ。

話題は天ぷらの話??と昔話なのだが、借りた?ギターの話も。

こんなギター弾き憧れの高価なギターのマーチンD−45なのだが、買って10年間ずっとケースの中で眠っていたという。
今回私が使うことになったのも、人助けでありギターも本望ってなもんだ。

この鳴りの良い弾きやすいギターのどこが気に入らないの?と聞いたら、「押さえると指が痛い」って。
「何たること、何たるお答え」だよね。
さすが、CとAmしか抑えられないという噂のK春くん。
こんな抑えやすいギターなんてないのに、ねえ青汁さん*。

じゃあ、代車じゃないや代わりのギターに適当なガットギター(ナイロン弦)でも渡しておこう。


注)青汁さん*=ギターフリーク、Tommy Emmanuelのフォロワー  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月16日

なんでもパンになる?

image先日の伊勢への旅行の途中、サービスエリア。

トイレに行きがてら、色々お店を回るのが好きである。
買わないけど。

見つけたのは「伊勢うどんgaパン」
わあ、パンの中にうどん。
こりゃ、なんでもありだね。

焼きそばパンはとっくにあるし。
キムチパン、あさりしぐれパン、梅パン。
明太子パンなんてのもあるか。

そろそろ、餅パンとか、冷麦パンとか。
究極のご飯パン、オニギリパンもいいね。  
Posted by brother_p at 10:35Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月21日

岡崎駅前に、オーベルジュ

image近日着工、岡崎ステーション・パークシティ。
目玉の一つは、オーベルジュ。

オーベルジュ、もちろん知ってる。
行った、行った。
と、知ったかぶり。

南部ダリヤ会で行ったばかりだからね、箱根オーベルジュ・オー・ミラドー。

簡単に言えば、「宿泊施設を備えたレストラン」である。

「今度の駅前の開発では、ホテル付きレストランができるよ。何室だと思う?」
「しったか」気取りで聞いてみたりしている。

駅前ならビジネスホテルと思っている人、駅前にホテルが少ないと思っている(いそうな)人は、「120室?」と答えてくれる。

ありがたい解答者だ。
一発で答えられたら、ネタにならない。

ありがたがりつつも、「聞くからには120なわきゃないでしょ。クイズだよ」と突っ込み。
「正解は10室」「ええっ、10室!?」
(おっ、想定通りの反応だ)

「セミ・スイートで10室ね」と、さも「君たちオーベルジュ知らないの?」と「ハナタカ」。

私も、ついこの1週間前に知ったばかり。
初体験のオーベルジュにね。  
Posted by brother_p at 16:35Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月12日

昼食時まで、お酒はおあずけ

image最初の立ち寄り地は「韮山反射炉」、世界遺産なのだよ。
何が「反射」してるのだろうと思いつつ、現地へ。

でもその前に昼食、韮山でお蕎麦とトロロ飯とお酒。

いつもはサービスエリアで、そば食べたりするのだが、今日は自粛。
お酒も自粛というより、バス旅行で出発間もなく配られる酒類(主に缶ビール)には手を出さないのだよ。
口もつけないのだよ、私。

旅と言えども、普段の生活のペースは変えちゃいけない。
従って昼は当然?飲むのだ。

蕎麦のお供に選んだのは「韮山反射路」。
大丈夫かと思ったが、小さく「花の舞」と書いてあるから、飲めるだろうと。

S田Y孝くんと二人で300ml瓶を2本頼んだが、1本しか飲まずお持ち帰り。
そうなのだ。僕(ら)は、お酒にガツガツしてないのだ。
旅の空と言えど。  
Posted by brother_p at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月04日

くにさんのちょーかをたぬきで

imageこれも恒例となった邦さんの釣果で酒を飲む会。

これは、釣れない場合もあるので、ちょいとリスキー。
今回は5月3日に釣りに出て、5月4日夜に宴会。

imageほどほどの釣果はあったのだが、これも1日ずれて5月4日だったら強風で船は出ず。
ってなことになっていた。

でも魚は釣れずとも、酒は飲む。
てことで私、酒を持ち込んだ。
北陸の某酒。

先ずはみんなは生ビール。
2杯目から冷酒がパターンなのだから、その頃にデキャンタに入れた某酒を振る舞う。
「銘柄わかる?」ってね。

「石川県の酒?」って、Y則くんに数分で当てられた。さすが。
ヒントを出し過ぎたか。
image  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月14日

イヌヅ会は、ホタルイ回

image先日3月27日のこのホタルイカI塚企画、天候が荒れていて漁船が出ず、ホタルイカはお流れ。
でも、宴会は開催した。

この日は再チャレンジのホタルイカの会、主役不在とならず開催された。

実はこの日の朝、開催を忘れていたがN康くんの別件の電話で思い出させてもらった。危ね。

ところが仕事をするうち、そして17時〜17時50分の新人研修をするうち、忘れてしまっていた。
新人研修を終えてぼ〜っとしていて、さあ今日は長泉かなんて思った瞬間「あ、ホタルイカだ」と思い出した。

ロータリー関連?の会は18時30分開催のルール?に救われて、なんとか間に合ったホタルイカ尽くし。

恒例となった「I塚ホタルイカ尽くしの会」、今年もしっかりありつけた。

2500円、タヌキ安っ。
いつもより、1000円高いけど。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月25日

ふしぎなべ

image明日からの「RYLAセミナー」の準備も万端整い、場所をセミナー会場から前泊宿のやまに旅館に移動。
今回の開催スタッフと食事、明日からへの気勢を上げる。

ここ美浜町は、源義朝由来の地。
いただいたお料理は「源義朝 御膳」だ。

そのメニューの中にあったのが、この「源平鍋」。
火にかけると、白い鍋の汁が赤へと変わって行く。

源氏の旗色は、白。平氏が、赤。
ということで、赤に変わりきったところで豚肉をいただく。
美味なり、能書きあればなおのこと。

酒も進む。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年02月01日

12種類の焼酎を賞味する。

image今回の「やすのりの宴」では、12種類の焼酎を味わうのだ。
イノシシの肉を賞味しつつね。

しかし、12種類飲み比べとはなんたる企画。
居酒屋「やすのり」の親父。

お猪口でチビチビやるんだけどね、酔う〜。

以下、試飲巡。
薩摩白波、黒利右衛門、赤利右衛門、西ノ海、薩摩富士、赤猿、貴匠蔵
財宝、一刻者、純黒、小松帯刀、そして極め付け、森伊蔵
imageimageimageimageimageimageimage






imageimageimageimageimage  
Posted by brother_p at 20:40Comments(2)TrackBack(0)

2016年01月31日

「やすのり庵」でイノシシと焼酎

imageということで??「その先」がこれ?という訳じゃないけど。
日曜日の午後は「やすのり庵」。

飲み会続きじゃ、以前と変わらぬ「その先」。
6人定員の「やすのり庵」集合、6人。
有資格者は、飲んべえ。
↑これが噂の「やすのり庵」  
Posted by brother_p at 21:04Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月21日

味を変えること、20回

imageラーメンチェーン大手の博多一風堂。
創業以来30年、20回もスープの味を変えているらしい。

離れて行く客もいるのだろうが、それにより「客を逃がさない」「新しい客を創って行く」という考えだ。
正しい経営を勇気をもって断行してるんだなあ。

味を大切にする。=味を変える。進化させる。

「企業の最大指命は顧客の継続的創造」なのである。
既存客・既存市場を守り、そして新顧客・新市場を開拓すると皆さん言う。
だが、既存客・既存市場を守るにも、「味を進化させること」が必須であり、経営の選択なのだと。

ウチも勇気を持って進化し、その価値を認めてくださる「既存客・既存市場」ともお付合いを続けることだね。
当然、お別れするお客もいるんだろうね。

ところで、そんな博多一風堂だから行ってラーメン食べてみたい。
なんて、思わないよ。
好きな味のラーメンならば、食べてみたい。
そういうことだよね。

そういえば、同名?の一風堂ってバンド。
80年代初頭に「すみれ September Love」がヒット。
このラーメン店の名前の由来らしいよ。
創業者さんはロックな人らしい。  
Posted by brother_p at 22:09Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月11日

ホタルイカは、なぜ光る。

IMG_5274またもや、犬塚くんのお陰で「ホタルイカづくし」の宴。
(写真は、去年とそっくり。これをしゃぶしゃぶ)
場所は、ホタルイカ恒例?のたぬき。

メンバーは、オカダ会レギュラーは4人と寂しかったけど、ゲスト3人の計7人。
職業は、石材店、廃棄物処理、税理士、法律事務所、学校経営、生花店、印刷会社とまちまち。
つってロータリーだもん。

ホタルイカの握り、ホタルイカの刺身、ホタルイカのサラダ、ホタルイカのかき揚げ、本番はホタルイカのしゃぶしゃぶ。
〆には、ホタルイカの炊き込み御飯のオニギリっ! 美味っ!

このお店(たぬき)、材料(イカ)持ち込みでよくぞここまでしてくれる。
しかも、割り勘一人2500円。
散々、飲んでね。

「ホタルイカはね、ルシフェリンという発光物質がルシフェラーゼという触媒によって光るんだよ」
「へえ、オカダさん。物知りだねえ」

あとで、気になって調べたら、ルシフェリンとルシフェラーゼで光るのは、「蛍」のことだった。
「ホタルイカ」じゃなかった。やべ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月10日

やすのり鍋−2

image1111好評やすのり鍋、再度開催。
今回は昼間っからでなく、午後5時スタート。
これなら、7時間超のロングランにはならぬだろう。って?

今回の鍋は、あんこう鍋フグ鍋鶏鍋味噌煮込みうどん。
超豪華のようだが、ナント会費1000円の質素なオトコ鍋。
1000円でこれだけあれば、逆に豪華ということか。

お酒やつまみはそれぞれ持ち込み。
好きな飲みたい飲ませたい酒を持ち込むのだ。
名前をなかなか覚えられない、美味しいお酒をたくさんいただけた。

メンバーは前回と同じ6人。
今回は寝る人は一人もいなかった。
「年末は疲れていたからかなあ」と前回眠ったYさん。
そうだろうけど、前回7時間超だもんなあ。

今回は、それでも10時お開きの5時間!

今回不参加の、NさんMさん、羨ましがってくれるかな?
でも、6人がコタツの定員だよね。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月11日

あいかん三人会食、アゲイン

デスクトップ会社では「+D営業研修会」をやっているんだが、抜けて名古屋栄で「あいかん三人」の会食会へ。
こちらが先約だったし。

今回は、天ぷらの「天一」。
よっぽど天婦羅が好きなんか、あの二人。
私は、それほどじゃないけど。

しかし、今回間隔短い。
前は数年あいてたのに。

というのも、M野くんからいただいてた印刷の仕事で大間違いをして、刷り直し。
当然費用は当社持ち。

それが申し訳ないねと、今回M野くんのおごり。
ちゅうことは、次回は私ね。

楽しい宴だったのだが、K春くんの重大な心配事があって、浮かない顔して参加。
でも楽しい語らいで、だいぶすっきりして帰ることができた。
さすが三人。

私は、社長室の掃除で出てきた1980年代当時の「あいかん西MG」のアルバムを持って行って、話の肴。
その何枚かを懐かしいと抜いた、K春くん。
あとの大量の写真は、お店に捨ててもらお。

ブログにも、SNSにも載せないよ。なんちて。

さ、宴を終わって、いつものコメダかな。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月15日

第二回ピザの宴

image三連休の最終日は敬老の日。
ただ、我が社は営業日。

そんな、お日柄?に第二回ピザの会。

自宅にピザの窯があるKN邸の庭で行われた。
私は重要案件・会議の合間、積極参加。
image
上の写真は、興味深げにピザ生地を窯に差し入れるSAさん。
そのうち、彼の自宅にも窯が出来たりして。

下の写真は、窯の持ち主っちゅうか、今回の宴の主催者K夫婦と窯の全貌。
ピザの仕込みはもちろん奥さん、焼くのはダンナさん。
このダンナさん、チーズはまるでダメだそうだ。

美味しいピザとワインをいただいて、さあ会社に戻らねば。
専務と部長が待っているのだよ、重要会議。  
Posted by brother_p at 22:05Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月13日

お盆その2 イカの会

image墓参りのあと、実家で食事をし、そのあと午睡。

気持ちよかったなあ。
畳が心地よかった。

すっきり目覚めて夕方、次の会「イカの会」。
もうすっかり恒例となった「イカの会」。

imageK彦さんが朝二時起きで、釣り船で遠州灘へ。
その釣果を夕方からお寿司屋さんに持ち込んで調理してもらい、酒とともに食する会なのだ。

今回は、イカ刺し、塩辛、茹でイカ、イカ寿司。
イカ尽くしだが、鯖も一尾釣れて、これは塩焼きでいただく。

イカ寿司は、塩とスダチで食べて、これ絶品。

美味しいイカに自然と酒と話も進むのだが、8時にもなればK彦さんは長い一日の限界が訪れる。
I塚くんの差し入れのドーピングも切れてきたようだ。
充実した宴も充実の2時間、お開きとなった。

吉例、イカの会。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月01日

夜ざくら屋台で(Yくんが)買ったもの

画像1岡崎城南ロータリークラブの例会場は、岡崎公園の真ん前。
例会時間は18時半〜19時半。

例会終えて、Y則くんと私は夜桜の岡崎公園菅生川原へ。
屋台が並ぶ。

Y則くん(と私)は、脇目も振らず焼き鳥屋台へ。
それも、ある焼き鳥のある。

「きょうはヒヨコある?」
と言って焼いてもらったのが、ヒヨコの焼き鳥5本。
「ウチへのお土産」と言って。

夜桜+屋台は、なぜかそれだけ。(無粋な)

そのあと二人で歩いて、東岡崎駅前の常連「たぬき」へ。

着いてさっそく、生ビールと「ヒヨコ」、Y則くんと私で一本ずつ。
遅れて到着の(オカダ会メンバー?)3人、彼らにも「ヒヨコ」を勧める。

ひたすら飲んでお開き。
「ヒヨコ」は、一本残ってた。
「これでお土産になる」とY則くん。

われわれ5人、ということは一人「遠慮します」が居たんだ。
ま、居るよね、普通。

さて、そんなヒヨコがどんなか、見たい人はこちらをクリックどうぞ。→「ヒヨコの焼き鳥」  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月27日

ホタルイカの宴

画像1昨日、I塚くんから吉報が入った。
「ホタルイカが手に入ったので、明日1830から食事会(実は飲み会)やります」
場所は東岡崎駅前「Tぬき」

今日当日、会議もそそくさと切り上げ(いや、しっかり会議ったあとで)駆けつける。

ホタルイカの刺身、ホタルイカのサラダ、ホタルイカのかき揚げ、ホタルイカの干物(こんな短時間にね)と本番はホタルイカのしゃぶしゃぶ。
美味、ボ〜ノ、好吃、まいう〜(古っ!)。

食も進み、当然酒も進むのだが、それにつれ話題は(オカダ会?に珍しく)ボーイズ・トーク加速。
悪口じゃないけど、某君への「あれはないよな〜」的な話題。

まあ、某君も桁外れのモンスターだからね。
やむを得ないか、たまにはいいか。

しかし、美味ホタルイカ。
I夫妻、ありがとね。  
Posted by brother_p at 22:54Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月31日

年末、ヤスノリ会

画像1ほぼ毎週、火曜の夜の飲み会を「岡田会」と呼んでるらしいが、押し詰まった今日は「ヤスノリ会」。

石の公園団地内のK石材店、その旧事務所をヤスノリ君が力作の改築。
厨房冷暖房完備の立派な「隠れ家居酒屋」に変貌した。

そのお披露目も兼ねて、今日の飲み会、オーナー含む5人参加。
大晦日の11時〜16時、皆さん夜は恒例の大晦日行事を抱える中(私は無いが)、絶好の時間設定だ。

写真は、I塚君が持ち寄りの、鯛とどじょう。
鯛もどじょうも、地元で2の日3の日に開かれる市「二七市(ふないち)」で買って来たらしい。
というのは私の嘘で、どじょう入手は別所。
「たいもどじょうもふないち」というわけにはいかなかった。
向こうに写っているのは、珍しく私の持ち込みのワイン、貰い物だけどね。
邦さんは饅頭を持って来たが、写真には写さない。

しっかり飲んで食べて語った、大晦日の昼間。

しかし、絶好の隠れ家が出来たもんだ。
途中、ヤスノリ君のセガレさんも参加し、絶賛だった。
年末に、親父の株が急上昇。

ここの名前をつけねば。  
Posted by brother_p at 20:18Comments(1)TrackBack(0)

2013年12月18日

打ち上げ+WAO

画像1今週は、夜の部フルマーク。
要するに、「忘年会が続いちゃってさあ」と言うやっちゃ。

今夜は、クリマの打ち上げ+WAOの食事会。
今回クリマは、私は出展しなかったが、WAOと合同開催ということで参加させてもらった。

WAOはW井、A井、O田の年の離れた友人3人の会。
クリマは、W井夫妻、A井夫妻。

A井夫妻に連れられて現地に着く頃、「場所は何処?」と聞くと、「スバカマナ」だと。
「スバカマナ」はインド料理とベトナム料理の店。
私しゃ「スバカマナ」は昨日行った。
今日の昼食もココイチのカレーだった。

そうは言ってもW井夫妻とは会場で待ち合わせ。
場所は変えられないだろうなあ。

てなわけで集まってみると、W井夫妻は昨日はカレーだったと言い、A井夫妻はキムチ鍋だったという。
おいっ! それでも選ぶか「スバカマナ」。

このアバウトさと受容がWAOの特徴か。

一品料理を頼みまくり、おいしく宴を過ごすことができた。
写真は、いついかなるときでも「ソーセージ」を頼むA井くんのオーダー。

そう言えば5日間、カレーを食べ続けたインド旅行なんてこともあったなあ。
ちなみにクリマだが、A井夫妻マスク・W井夫妻Tシャツ両ブース共、出展料を上回る売上があったとかで、「黒字だ」と言っていた。
それは、よかった。

何回も出展することで、常連客も評判も増えてきたようだ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月29日

リニア新幹線の通る町

画像1飯田に来た。
愛知県印刷工業組合の日帰りバス旅行。
お昼前は、りんご狩りとアップルパイ作り。
りんごを二切れいただいたころ、自分で作ったアップルパイが焼き上がっていた。
うまし。
画像1
この飯田、2027年にはリニア中央新幹線が通る。
街は変わるんだろうなあ。

そう言えば数年前、ウチのAn藤君が「飯田に出張所出しましょう。」なんて言ってたなあ。
単身赴任?
岡崎〜名古屋まで在来線30分、名古屋〜飯田はリニア中央新幹線20分か。  
Posted by brother_p at 12:00Comments(2)TrackBack(0)

2013年08月16日

イカじゃなかった。ヒカリものだった。

画像1画像1画像1イカの会、その弐。
そう思ったが、イカじゃなかった今夜の会。
さすがに釣り人K彦さん、気を使って?か、鯵、太刀魚、鯖、などヒカリものシリーズ。
一昨日に同じく「政三」(おとといは休日返上と書いたが営業日だったようだ)。

音楽寅さんに続いて、「今日のTシャツ」は、マスクTシャツ(GUUMA)。(写真1)
お腹をたくし上げて頭にかぶると、ほらマスクが現れる。(写真2)
サッカーでゴールした後のパフォーマンスの要領ね。
(しかしなんだろか! このお腹は何? 誰?)
そして、もとに戻すとユニチャームのマスクが現れる。(写真3)

と、魚の味は後回しの書き方だが、いずれも絶品の青物ひかりものでした。
K彦釣人、またよろしく。
今頃、充実の熟睡か。

あ、そうそう。
このTシャツは、bCDプレゼンツ通販サイト「fook」で買えますよ。
(ちなみに「伝道バイブル」もね)  
Posted by brother_p at 22:13Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月15日

いかのかい、その壱

画像1吉例となった、「K彦さんの釣果を食す会」。
今回はイカである。

場所はこれも恒例となった寿司の「政三」さん、休日にもかかわらず店を開けていただいた。
なんせ、政三さんの包丁なしでは、この会は成立しない。

イカづくしは、イカ焼き、イカ刺し、イカの塩辛、イカのバター焼、そしてイカのニギリ。
これは塩でいただくと絶品。

日本酒を冷やでガンガン、いやほどほどに。
K彦さんは早朝2時からの活躍で、眠いと早退したが、われらも早めのお開き。
いや、ほどほどに。

参加メンバーにI塚夫妻が居たので、私はとっておきの「MUSIC TIGER」のTシャツで参戦。
I塚夫妻はサザン復活ライブに行くとの事なので、それにちなんでね。
「桑田佳祐のあいなめ音楽寅さん」のTシャツなのだ。
なんかタカトシライオンみたい?

あさっては、いかのかい、その弐。
また、K彦さんの釣果のご相伴にあずかる予定。
こんどはイカじゃなかったかも。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月04日

「すぐおいしい、すごくおいしい」

画像1昨夜は、帰宅前に自宅前のコンビニに寄ったら、チキンラーメンが食べたくなって購入。

行くまではそんな気はなかったのに。
夜中の飲食、それもカップ麺はよくないのに。

体重増加覚悟で、美味しく食べた。
これも掟破りの缶ビールとともに。
(ちなみに、私はナイトキャップはしないのだ)

1958年8月25日に発売されたチキンラーメンは、55年のロングセラー。
常食ではないが、たまに無性に食べたくなる。
なつかしいというよりは、リアルにおいしいのだろう。

翌日の今朝、家に居る日曜の日課。
シャワーを浴びて、コンビニに。
もちろん前日の生活ゴミを持って。

梅のおにぎりと野菜ジュースとコーヒーを買って帰り、食べながらテレビ「張さんの喝!」を見る。  
Posted by brother_p at 11:40Comments(0)TrackBack(0)

2013年06月24日

生パスタを食べに行った。

画像1営業企画室の連中と、生パスタを出しているイタリアンレストランでランチをした。

うちのお客様が作っている商材が、どんなお店でどんな雰囲気でどんな味で出されているか、現地調査だ。

私にとって生パスタは初体験、多分。
ほおばった口一杯にひろがるもちもちの食感と美味。
これはいい。

お客様の商材の販売促進と販売態勢づくりのお手伝い。
お客様の良い所を見つけて、それを表現する。

当社の「仕事」だ。  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月21日

熟鮓(なれずし)を食す旅

画像1O信用金庫ダリヤ会で、日帰り旅行に行って来た。

琵琶湖北の余呉湖畔「徳山鮓」で、昼食に熟鮓(なれずし)を食べるのが目的の旅。
近所までバス、そこから狭い道をタクシーで徳山鮓にたどり着く。
地元のお酒「七本槍」をやりながら、食す熟鮓は絶品。
そして、猪鍋。
いや〜、すっかり飲み過ぎてしまった。
昼間っから。

その前には、渡岸寺観音堂の国宝十一面観音を拝観した。
この十一面観音は、官能的というか色っぽい。
ちょいと腰をくねらせて立っている。
さすが、国宝。

パンフレットをもらったが、ここには写真が載ってない。
十一面観音の写真は売店で絵はがきを買ってくれ、ということらしい。
さすが、国宝。

午後は木之本地蔵院、6メートルの「木之本のお地蔵さん」参拝し、木之本宿で「七本槍」と「木之本餅」をお土産に買って帰った。

お土産? そう、近頃の私はもお土産を買ったりするのだ。  
Posted by brother_p at 22:17Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月26日

伊勢海老づくし

画像1「しまかぜ」に乗っての旅、談話倶楽部総会をし、その後「海の博物館」と伊勢神宮の「せんぐう館」を訪ねる旅だった。

メインはもちろん総会と、その会場の鳥羽の料理屋さん「華月」での「伊勢海老づくし」の昼食だったようだ。

伊勢海老の刺身、伊勢海老のグラタン、伊勢海老の茶碗蒸し、伊勢海老のみそ汁(他にもあったが、忘れた)、メインは伊勢海老丸ごと一匹の蒸し焼き。

「海老なんちゅうものは、裸で泳いでいてくれれば剥かずにすむ」というズボラ論者の私だが、(蟹もそう)お店の方にご教授いただいて、写真のようにキレイに、おいしくいただけた。

サイドメニューに、牡蠣の蒸し焼き。
一人(一皿)2ケなのだが、動向のNさん(この写真にも写ってる)。
開いた殻を指して「実が入ってなかったよ!」とお店にクレーム。
「食べたんじゃないの?」とお店の人には確認され、まわりからは疑われ、それでもなかったと主張し、無事追加?の1ケが目の前のせいろで蒸された。

しばらくして「入ってるわ!」、と怪訝な顔のNさん。
もう一ケの殻を開けてみたら、そこに実が。
Nさんはそのもう一ケは食べて既に空だと思ってらしい。

やがて追加?の牡蠣は蒸され、Nさんは3つめの牡蠣にありついた。
ちょっとはバツの悪そうな顔をしてたような。

私もアワビでやったことあるなあ、伊豆で。
同行したY印刷のY社長夫人が、「あの時は、ほんと楽しい旅でした。オカダさんとご一緒できて」と言ってくださる。
すなおな感想だと、思う。はは。  
Posted by brother_p at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月21日

ワインでいただくコールドビーフ

画像1セミナー・試飲に続いて、直営レストラン「風」で食事。
ワインはやはり、食事といただくからワインなのだ。
食事との相性が命なのだ。

まず、食前にスパークリングワイン。
シャンパーニュ地方産ならば、シャンペンと言われるやっちゃ。

前菜は、マグロのカルパッチョ(多分?)。
違ったら教えて。

次に、椎茸のスープ。

メインは、コールドビーフ。
(写真は、ちょっと食べたあと)
ワサビ醤油と塩コショウでいただく。
アルガブランカ・ピッパとともに(多分?)
違ったら教えて。

美味〜。

デザートは、抹茶のムースをアルガブランカ・ドースで。
パーフェクト。  
Posted by brother_p at 21:01Comments(0)TrackBack(0)

ワインセミナー、と言ってもかなり飲んじまう。

画像1まずは、オーナー自らのセミナー。

スタッフによるコースもあるが、今回はオーナーのコース。
有賀社長自ら熱く、さらに熱くワインを語ること1時間半。
今回幹事会参加35名中20名参加なのだが、アルコール漬けの彼らは果たして目を開いて聞いていられるだろうかと(2回目の私は)心配もしていた。

ところが、眠ってしまったのは私だけだったようだ。
となりのI上君には気づかれてなかったようだが。
(ンなわけないでしょ、とはI上君)

ただ、寝冷えしないように、持っていたコートをちゃんと腰から下にかけて寝たので、ご安心を(誰に?)。

この後、試飲。
5種類のワインを味わう。
きっとみんな5種類買って帰るのだろう。

しかし、5種類も飲めばけっこういい気持ちになっちまう。
ここでも、若者?は元気。

頼もしい。緑友よ。  
Posted by brother_p at 19:32Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月11日

立ち食い、恐るべし

画像1昼食を食べそびれ、午後から名古屋伏見に行く途中で昼食を採ると決めて会社を出た。
店に入って昼食を採る時間も取れぬまま、名古屋駅。
ホームにある立ち食いで済ますことにした。

入ったのは東海道線ホームの麺亭「憩いこい」
食券自販機で「エビ天玉子きしめん」600円。

カウンターで食券を示すと、それから初めてエビの天ぷらを揚げ始める。
なんと立ち食いそば屋さん(頼んだのはきしめんだが)で、天ぷらを揚げているのだ。
立ち食いそば屋さん、恐るべし。

立ち食いそば屋さんの弱みは、具材作り置き。
だったらそれを解消したら、強みとなる。

味はなんとも言えないが。
私、味音痴だし。  
Posted by brother_p at 19:02Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月16日

「あなたの心と体を温めます」

画像1昨日今日と、焼き芋を食べた。
何年ぶりだろう。
美味しくて、二日連続。

サークルKの石やきいも。
昨日は、1本155円。
今日は、1本248円。

おや、と思って見てみたら、昨日は「紅天使」、今日のは「安納芋」。
今日のが93円分美味しいかというと、よくわからないが味の個性の違いは確かにある。

価格もこんな高いものかと思ったが、考えてみたらコンビニのスイーツと変わらぬ価格帯、ナルホド。  
Posted by brother_p at 14:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月30日

まずは、カレーうどん。

画像1午後から、岡崎商工会議所の視察会で豊橋に来ている。

「ものづくり博2012 in 東三河」の見学と講演会なのだが、併設イベントに「ご当地グルメ物産大集合」。
そこで、豊橋カレーうどんが食べられるという。

ものづくりの展示場を見る前に、迷わずそちらへ。

豊橋カレーうどんハーフサイズ、500円。

説明書によれば、食べ方は、
1)カレーうどんを先に味わう。
2)食べすすめると、とろろがのったご飯が出てくる!
3)カレーとからめて二度目の味を楽しむ。
とある。

今、14時30分。
ハーフならば、夕方の交流会頃にはお腹もすくだろう。

特産のうずらのタマゴと、福神漬けが効いていた。
うまし。  
Posted by brother_p at 14:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年11月12日

レーイメン、レーイメン、レーイメン。Sing With Us.

画像1ロータリーの旅、2日目の早朝帰岡したのは、この「ミッキーの陣地やみつき行き」つまり、琴光喜の焼き肉店に行くためなのだ。

アザイツカサ
イクタカオル
イナガキヨシミ
オカダヨシオ

わたくしが「ア行の会」と呼んだこのグループ、果たして女性が何人いるかお分かりか?

着いたら、「宮崎産千枚刺し」を注文。
「われわれ、宮崎から来たもんですから」と琴光喜の心中慮って「岡崎から来ました」とは言わない心配り。
画像1岡崎城の図柄の化粧回しがどんと飾られていたので、大丈夫かと「岡崎から来ました」とカミングアウト。
肉食系おっさんのごとく、動物性タンパク質と脂質を摂取しまくり、話題はイ氏オ氏が入手したiPodtouch、その他はシモネタ。

画像1〆は冷麺、ここは敢えてレイメンと書こう。
オ氏の先唱で「レーイメン、レーイメン……」とゴスペルが始まった。
誰もついて来なかったが。

*女性は一人  
Posted by brother_p at 10:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月27日

とんかつ茶漬け

画像1昼食は、秋葉原から新宿へ移動して「すずや」さん。
歌舞伎町の入り口にある、古くからの知り合いのお店だ。

とんかつ茶漬けで有名な店。
すずやさんは発展していて、秋葉原にも支店があるらしいが、とんかつ茶漬けは新宿本店にしかない。
賄い飯から看板メニューになったものである。

WくんAくんに、一等地で賄い飯を売る店とその味を感じてもらおうと。
さて、どうだっただろうか?  
Posted by brother_p at 13:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月14日

卵を持っていてもいなくても

2012-10-14 14:03:25 写真1鮎の塩焼き、鮎のフライ、鮎の甘露煮、ワラビ、ご飯、お味噌汁、というメニュー。

鮎が雄か雌か、卵を持っているか。
同じ鮎でもどれがお買い得か、なんて話題など話が弾む。

2012-10-14 21:07:53 写真1ビールも進む。
5人中、1人下戸。
1人運転手で、3人ビール。

魚の食べ方の下手な私、使用前使用後をカメラしてみた。
  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)TrackBack(0)

温泉の後は、やはり鮎というというわけで

2012-10-14 14:27:25 写真1温泉のあとは、1時間くらいクルマを走らせて、鮎料理。

温泉の後で強烈に襲う空腹感。
一刻も早く昼食ありつきついたいのに、蓬莱泉の店に寄ろうと言う人がいて。

それでも、1時過ぎにはあり付けた鮎定食1700円。
ビールを飲んでも2500円。

寒狭川広見ヤナ。
川沿いにあり、河の梁で取った鮎を料理して食べる床食堂。  
Posted by brother_p at 13:58Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月29日

ランチは、やっぱカレーだね。 ーーインド旅雑感

2012-08-29 13:07:14 写真1インド同行のT生K彦両君は、ロータリークラブの仲間。

帰国してからのロータリークラブでインドの話題。
「今回もオカダ君はお腹をこわさなかったらしいね」と、もっぱら大変な所へ行ってきたね系の話題。
確かに他の二人は消化器系に異常を来たした。

帰国後10日経った今日のランチは、カレー。
と言ってもココイチとかじゃなく、本場系のカレーだ。

性懲りもなくって言わないで。
私はしっかり向こうのカレーを楽しんで来たのだから。

あ、T生K彦両君を誘えば良かった。
なんてね。

                       -----インド旅雑感  
Posted by brother_p at 14:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月27日

ついてないのは、私だった?

2012-08-28 05:53:33 写真1夕方の会議の後、ラーメン部長。
「社長。随分店を回ったみたいですね、定休日ばかりで」
「結局、中華料理屋さんに入ったんだけど、巨大唐揚げを残してお持ち帰り」
「そこ連れて行ってくださいよ」
と、唐揚げ大好きラーメンそれ程のラー部長。
「どこかよくわかんないよ」
「わかります。こうたのラーメン屋さんでしょ」

結局二人で行くことになった。
「まさか休みってことないよね」と私。
「大丈夫です、調べましたから。休みは火曜日です」

行ってみた。
灯りが消えてる。
まさか!
いや、やっぱり!

ついてないのは私だったのだ。
先日も、同行者を巻き添えにした私、というのが真実だったのだ。
ああ。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(4)TrackBack(0)

2012年08月10日

ラー部改め、和食部

2012-08-10 21:00:05 写真1今日のラーメン部の定期集会は、ラーメン屋さんでなく和食屋さん。

これでまた、S部長はラーメン嫌いという噂が裏付けられた。

ヨシヤくんが頼んだ「カツカレー定食」は、カツカレーに赤出しにスイカ。
ここで、定食とはいえカツカレーと赤出しのミスマッチが話題となった。
やはり「部活」なだけに、研究心の旺盛なメンバーだ。

写真は「カツカレー定食」と並んだ「カレイの煮魚定食」。
当然赤出しとスイカ付き。

カレーとカレイのツーショットをお楽しみください。  
Posted by brother_p at 21:01Comments(1)TrackBack(0)

2012年08月03日

Bar体験

no title昨夜は、ヨシヤの受賞祝い(いつの話じゃ?)ということで、本人が「バーに連れて行ってください」

バーの前に腹ごしらえ?で、もんじゃ焼き「木村屋」。
よしやはもんじゃ焼きも初体験。
「東京出身だから、もんじゃ焼きはむにゃむにゃ」と訳が分からん。
それが、よしやの強みだ。

バーは岡崎ニューグランドホテルの「グランディール」。
6人がカウンターに横一列にならんで、バー体験。
結局、bCDの納涼懇親会なのだ。

もんじゃ焼き「木村屋」さんは大繁盛で、バー「グランディール」さんはガラガラだった。
そういえばその前夜の、焼き鳥「ととや」さん(写真)は大繁盛で、その後のバー「デンバー」さんはガラガラだったなあ。

写真のサンダーくんは、当社bCDの作なんだけど、知らないうちに随分と変わり果てたもんだ。  
Posted by brother_p at 15:21Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月30日

みそだのみ

no titleJR岡崎駅のキオスクに並ぶ岡崎土産。

写真の16アイテムのうち、なんと10が八丁味噌がらみ。
商品に八丁味噌と表示してある。

この八丁味噌だが、岡崎の二社しか「八丁味噌」を名乗れないことになっている。
「まるや八丁味噌」と、「カクキュー八丁味噌」である。

創業670年と創業360年、ロングセラーを続けている会社?である。  
Posted by brother_p at 17:09Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月16日

ラー部集会

今やひと月一回ペースのラーメン部部活。
今日はその集会だ。

行ったところは「まんぷく家」井田248号店。
食べたメニューは「まんぷく家特製ラーメン」800円。
なんでも「家系」ラーメンの味なんだそうだ。

no titleおや、具にニワトリとうずらの煮卵が両方乗っている。
これは、おや狙いか。

6時半、私たちが行ったころはガラガラだったが、食べ終わったことには、待つ客の列ができていた。
今回は恒例の「マックに寄ってソフトクリームを食べる」という、ラー部のルーティンが崩れた。

帰ってから、買い置いたハーゲンダッツのクッキー&クリームを食べた。  
Posted by brother_p at 19:26Comments(2)TrackBack(0)

2012年07月08日

ごはんですよ!

no titleサークルKのおにぎり。

「ごはんですよ!」115円、「新発売 New」とある。
いつもの「うめ」を止めて、この「ごはんですよ!」を買った。

「ごはんですよ!」は、昔からある桃屋の海苔の佃煮「江戸むらさき ごはんですよ!」
家庭でご飯に乗っけて食べたり、おにぎりに入れたり。

でもそんな「家ですること」が商品になる時代なんだなあ、と。
それも、「家で食べていた」からこそ、そのブランドが生きてくる。
+コンビニの組み合わせ。

「家で作って食べればいいんじゃないの?」というお方は、この時代についてこれないね。  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月25日

ラー部、集会

no title近頃、月イチペースのラーメン部。

今日は近所の「末広」。
いつも満員のこの店だが、スタートが早かったからかガラガラ。

写真はラーメンにかぶりつくS部長なのだが、実は食べきれずギブアップの部長の「食べる振り」ショット。
この後一口も食べず、ごちそうさま。

今ラーメン部は、「実はS部長はラーメン嫌い」疑惑に揺れている。  
Posted by brother_p at 23:47Comments(4)TrackBack(0)