2017年04月28日

うちは、角から何軒目?

image「角を曲がって3軒目です」がタクシーで帰宅する時の決まり文句だったのだが……。

岡崎市×××◯丁目◯番地3だから、3軒目なのだよ、きっと。

ところがしばらく前、隣地の1世帯が縦長RC工法の3軒に変わり、角の1軒目は空き地。
この段階で、うちは何軒目と言えばいいんだろう?と。

そしてこの度、角の空き地に集合住宅を建設中。
工事中の玄関を覗くと、郵便受けが10個。
ン? 10軒?

じゃあ、うちは何軒目?
「5軒目」が正解なんだろうけど。

世代交代が進む我が家周りの住宅街である。  

Posted by brother_p at 23:28Comments(2)TrackBack(0)

2017年04月27日

第一部総会、第二部対話集会、第三部懇親会

image今年の「出会いの駅おかざき推進協議会」総会は、18時から「平成29年度定時総会」

19時から「市長と語る対話集会」

20時30分から「懇親会」つまり飲み会
(またかよ)

image「まただよ!」(と、「小島だよ!」の感じで)

「市長と語る対話集会」的なものに初めて参加したけど、いいもんだね。
お約束の質疑もあるけど、予定外の質問も出たりして。
聞いてると、質問だかなんだか、わかんなかったりして。
それもまた、こういった会のお約束、いや定番だったりして。

……してが多かったりして。

でも、1時間じゃ短いね。
3時間はやりたいね。

懇親会メンバーは、出会いの駅おかざき推進協議会理事の「お友達」6人と、行政の方々。
「お友達」6人は、いつものHさんが他の会合でいなくて、N理事さん(時計店さん)

あまり飲まずに早めのご帰還、珍しいでしょ。
ドラゴンズが勝ったって、珍しいでしょ。  
Posted by brother_p at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月16日

出会いの駅と街づくり

image出会いの駅おかざき推進協議会で、駅前広場と駅周辺の開発の現場報告と、予定。

写真のような公園づくりは既報だが、回廊通路(ペデストリアン・デッキ)の案も明らかにされた。(下の写真)
image
今後の予定は、
平成29年7月、駐輪場完成(すぐだね)
平成29年10月、交流拠点施設オープン
平成30年4月、公園オープン
平成31年10月、ペデストリアン・デッキ完成

楽しみなことである。

でもこれでも刈谷駅前の数分の一?
設備じゃないか、中身だね。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月05日

セントレアのインバウンド状況

image岡崎信用金庫の情報誌「経済月報」のトピックスは「発展が期待されるセントレア」。
セントレアとは(言うまでもなく)中部国際空港のこと。

インバウンドで潤っているとのこと。
アベノミクス唯一の成功事例か?

image2011年には600万人の訪日外国人旅行者数が、2015年には2000万人に達する勢い。

セントレアもその恩恵に預かっていて、2015年は2年間で倍増の213万人。

ところがだよ、ところが。
写真の円グラフを見て驚いた。
出入国の外国人の内訳。

中国:40%
香港:10%
台湾:12%
韓国:12%
その他アジア:14%
そして、
欧州・北米・オセアニア10%!

驚くしょ、白人(失礼!)全部合わせて、10%

そーなんだ。  
Posted by brother_p at 13:24Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月03日

ロータリークラブで「交通安全」のしめ縄を配りました。

image「信号むし・スピードの出し(す)ぎは交通事故のもと気をつけて下さい。幸せにくらせるよう大門しめ縄をお届けします」
(原文ママ)

岡崎城南ロータリークラブ恒例の、年末交通安全運動。
12月2日15時から、岡崎北地区大門駅南でドライバーにしめ縄配りをした。
小学生の書いた交通安全のメッセージ付きでね。

しめ縄は大門の地場産業なのだよ。

ロータリーの地域貢献活動なんだけど、実は私不参加でした。ゲヘ。
ロータリー活動のご報告として、書きました。  
Posted by brother_p at 12:28Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月25日

on Friday, 8:30pm

image遅めの8:15出社。
もう、業者さんは来ていた。

昨日木曜日決行予定の「草刈り」は、ガッツリ雨のため中止、そして今日となった。
ご近所への「草刈りやります」通知案内には、8:30開始。

きっちり、8:30にスタートするように、業者さんにお願いして定刻開始。
この「雑草植物園」(上の写真)とも言われる?我が社の庭が、午前中にはキレイになるのだ。

imageいやいや、(下の写真のように)すっかりキレイになったのだ。
さすがプロ。
青空も、さらに青く見えるぞ。

次は、雑草が生えない工夫をしなくては。  
Posted by brother_p at 12:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月04日

まちづくり提案

imageJR駅周辺も計画が進んで来ると、行政としては住民のみなさんの意見も取り入れなくては、とこうなる。いつもね。

そこで、岡崎市、商工会議所、施工業者、住民の会合があった。
住民となれば、わが「出会いの駅おかざき推進協議会」ということになって、出席した。
即会議で決まるはずもなく、早急に住民の意見を出してくれ、「出会いの駅…」さんと言うことになり散会となった。

そんな急にと言うことになるが、わが「出会いの駅…」には強力な知恵袋がいる。
早速、皆さんの意見を元に、こんな「絵」を描いてくれた。

いいでしょ。

みなさんの頭にあることを、リアルに絵に描く。
それは、デッサン力がなくとも、絵が下手でも、大事なことだよね。

それがこんなに描かれちゃ、痺れるね。
岡崎の街も彼の力(職業)によって、素敵になっていく。

大事な仕事だね。  
Posted by brother_p at 12:49Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月15日

年に一度のボウリング

image南部ダリヤ会といえば、お世話になっている地元信用金庫の地元3支店の会。

昨夜は、その催しで年に一度のボウリング大会、私にとっても年に一度のボウリングなのだ。
2ゲームで競うのだが、今年は1ゲームで切り上げた方が良さそう。

会社を出てくる時、「アキレス腱切らないように」と言われたし。

2ゲーム目は信用金庫の若手職員さんにバトンタッチすることとした。
結果は、辛うじて100アップ。
で、バトンタッチした若手も変わらぬやっと100アップ。

若い方はきっと、次のゲームで調子を上げるんだろうなあ。と。
スコアの結果はこんなだったけど、筋肉痛の結果はどうだろな。
明日出るやら、明後日出るやら。
年々遅くなっちょる。  
Posted by brother_p at 15:15Comments(0)TrackBack(0)

2016年07月03日

任命者責任を問われるのは、誰でしょう?

image「任命者責任を問う」って言うよね。

閣僚が疑惑やスキャンダルで「辞めろ」コールで責められた時など、「政治家の出処進退はご自身が決めること」と安倍首相。
(安倍内閣は特に多いのだね。身体検査が甘い?)

結局辞任になると、野党や国民?は「任命者責任を取れ」と言う。

その議員を選んだのは、誰?
知事を選んだのも誰?

国民、有権者だよ。
それも任命者責任だよね。

その任命者責任を発揮出来るチャンスが訪れる。
7月10日、参議院議員選挙。

必ず投票に。

今回のイギリスEU離脱を決めたイギリス国民投票。
「えっ、EU離脱に決まっちゃったよ」と驚く?EU離脱派の国民。
反面教師で一票の重みがわかったんじゃない? 皮肉なことに。

「誰が良いかわからない」
「誰がなっても同じ」
よく言われるよね。

候補者の性根はチェックできるよ。
誰からお金をもらい、何に使っているか。
インターネットで公表されてるよ。

「こんなに、建築業界、観光業界からお金をもらっているのか」ってオリンピック開催地の都知事候補者には投票しちゃだめでしょ。
任命者責任発揮して。  
Posted by brother_p at 11:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月30日

インタビュー「岡崎、大好き!」

image☆岡崎との関わり、岡崎への思い

生粋の岡崎っ子と言えます。
先代が戦時中に名古屋から疎開で岡崎に移って来て、焼け残った東岡崎駅前の実家で、1949年に東岡崎駅前に生まれました。
それ以来、大学・社会人の東京の7年間を除いては、ずっと60年岡崎に住んでいます。
住まいも会社も菅生川以南、子供の頃は康生が憧れでした。
今や岡崎は、「伸びゆく南部」ですけどね。

☆これからの岡崎のみどころはなんですか?

なんでしょうね。
住みやすい街だと思います。
観光とか力を入れてますが、あまり実を結んでいませんね(失礼)。私は今の「良さ」をさらに進めた「豊かな暮らしの街」が「岡崎」の進むべき道と思います。
これじゃ「みどころ」になりませんね。
以前、もう20年も前になりますが、地元タウン誌の編集長さんと「岡崎城を壊す」運動をやろうなんて(冗談で)言ってたことがあります。
岡崎城は求心力になるんだろうか、家康は?って。却ってその呪縛がない方がうまく行くみたいなね。あ、これ誤解されそう。皮肉じゃないんです。
観光の企画も、困った時の城だのみ、家康だのみ、花火・桜だのみみたいな。
私の友人が名古屋から来た時、東岡崎駅からバスで岡崎美術博物館に行き、またバスに乗って「りぶら」に行ったりします。そのあと岡崎公園を歩いて通って、東岡崎駅前の居酒屋さんってコース。居酒屋さんは特に岡崎名産でなくてもいい(あってもいい)んです。それで彼は素敵な街だなあって喜んで帰ってくれる。
みどころは「豊かな暮らしの街」岡崎で、我々もそれを進めて行くのがいいんじゃないかって思います。
いい街資産は、お寺の数じゃなくて「人と暮らし」じゃないでしょうか。

☆今後の夢・希望をメッセージをお願いします。

10年前社屋を新築しました。当時は何もなかったですが、今や400戸の住宅と健診センターと中学校のある春咲の丘です。
誰でも環境の良いところに住みたいと思いますよね。しかし、建てた時からその建物と住まいぶりは周りにとっての環境となります。したがって周りに溶け込んだ欲をいえば素敵な社屋を立てないといけません。だって周りにとってみたらそれが環境なのですから。周りの住宅街も健診センターも中学校も素敵な建物です。うちの会社の周りの旧住宅街もそれに影響されてから、かなりの新築されてるお家が目に付きます。それも素敵なお家ばかり。
これって岡崎にとって大事なことだと思います。
うちの会社も、印刷物という形を借りて、綺麗なものカッコイイものを提供しています。岡崎がこう言った綺麗なものセンスのいいもので溢れる街にしたいですね。それが社会貢献だと考えています。
それが、住みやすく、みんなから憧れられる「豊かな暮らしの街」への道だと思っています。

*FMおかざきでの「岡崎大好き!」の収録があった。
珍しく前以て、どんなこと答えよかと準備した原稿がこれ。
「岡崎城を壊す」下りはカットになったけど。残念。

と言いつつ、放送は明日7月1日。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(1)TrackBack(0)

2016年06月25日

えっ! イギリスがEU離脱?

imageイギリスが国民投票の結果、EU離脱。

こりゃまた、世界が変わる。

かつて2000年頃か、アメリカ・EUに対抗して、 GDP2位の日本を中心に日中韓のグループで世界経済の第三極になるのでは、なんて言われてたね。
中国がこんな世界の厄介者になるなんて思われてなかった?時代のこと。

1ドル=1ユーロ=1円 (デノミしてね)
もともと、円も元もウォンも「圓」(えん、円の旧字)だったんだよ。

なんて構想も今や夢のまた夢、いや一緒になんてやりたくないってところに来てる。
福沢先生の「脱亜論」正解!なんちて。

イギリスのユーロ離脱。
グローバル化ボーダレスと、それによってはからずも喚起されたナショナリズム。
共存と排他。
経済と政治の思惑。

世界平和の道は、遠回りしているのか、スケジュールどおりなのか?
Who Knows?  
Posted by brother_p at 18:53Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月15日

岡崎の由縁、由来

image岡崎の名前の由来は「丘の崎」。
愛知県の西中部の大半を占める濃尾平野三河平野に、丘の岬のようにせり出した丘陵地を持つ。

起伏と川と鉄道が交通の難所となっている。
鉄道が難所とは何ともなさけない道路事情だが、人造物が生活の妨げとなっている。

imageこの度、二つの大きな橋、殿橋と明代橋の間に人道橋ができることとなった。

駅周辺からこの人道橋を渡り、この「中央緑道」を備える道路へと続けようというのだ。ところが、この中央緑道も取り去るという計画という。
ま、確かに通行の邪魔になっているのか?

そのうち、人口減って、車も減って、交通も空いてくるんだろうにね。

印刷組合の日帰り旅行の朝、集合場所はこの中央緑道の終点あたり。
岡崎城主田中吉政の石像があるところ。  
Posted by brother_p at 20:05Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月02日

「身近な犯罪から身を守る」

image岡崎法人会 福岡・竜海・南部支部合同防犯研修会
「身近な犯罪から身を守る」
〜安心で安全な生活は自分で守ろう〜

14時より、岡崎市南部地域交流センター「よりなん」会議室で開催、100人ほど集まった。
「寄りなん」って言われたんだ(三河弁)。

講師は、恒例の愛知県岡崎警察署、生活安全課の課長さん。

終了時の講師お礼と締めの言葉が、私のお役目だった。
"今日は、恐ろしいがためになるお話ありがとうございました。
(中略・くだらない冗談を言った、はは)
物騒な世の中になったものです。私の若い頃は家に鍵をかける人も少なかったような気がします。そんな安全な国も油断も隙もない社会になってしまいました。
被害者にならないためには、今日お教えいただいたようにまずは自助、個人も地域も自分で身を守るということですね。
今日は、100人を超すご参加ありがとうございました。
今日のA課長さんのお話を聞いて、被害額も1000万円は減るのではないかと思います。
そんな効果のある研修会になったと思います。
ご参加の皆さん、ありがとうございました。
A課長さん、ありがとうございました。""

そんなこと話したかな、と思い出して見た。

今日はこれから夕方、会社である団体の見学会と委員会(これは会場提供)だ。
ちょこっと、プレゼンの時間をいただける。

顧客接点リニューアルの話をしよう。
皆さん、50歳前の経営者さんたち、ペルソナどんぴしゃ。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月31日

「オマエ、◯国人みたいやな」

image朝、通勤時のサークルK。

いつものように、バスぎりぎりの時刻。
「ホットのL、ください」

その時サーバには、ガテン系のおっさんがセルフでコーヒーを淹れていた。
私は並んだのだが、私の後にレジを済ませた連れらしきもう一人のガテン系B。
何気に、Bは話し掛ける感じで割り込む気配だ。

不快度が募る中、先のガテン系Aさんが「割り込む気なの?」と。
(おっ、言ってくれちゃって)
私も「割り込まないで」とフツーに、でもハッキリと。

「オマエ、◯国人みたいやな」とガテン系A。
朝のささやかな出来事。  
Posted by brother_p at 22:23Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月28日

ここも売れたか

imageよく取り上げるご近所住宅街の話。

工事が始まった。
団地の入り口の不動産会社事務所の土地も売れたようだ。
まさに、240数戸完売。

日清紡の約4万坪の土地は、この建築中の家と背中合わせのコンビニを除いて、全て手を離れたことになる。
売却したことになる。

コンビニの大家さんとして、わずかな土地は残してね。  
Posted by brother_p at 13:13Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月27日

総会は続く。出会いも続く。

image総会シリーズ、今日は「出会いの駅おかざき推進協議会」。

本会議事も大事だが、この会の楽しみは終了後の懇談会。
推進協議会理事役員と行政幹部の方との懇談会である。
行政の方と親しくなるのは、まちづくりで大切なことだ。
お上の施策と地元の関係は、良好に機能しないとね。

私も役員でないのに(理事だけど)、この会に出させていただいてありがたいね。

気分が良かったのか、二次会にも行っちゃった。  
Posted by brother_p at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月19日

JR岡崎駅前の開発

image「出会いの駅おかざき推進協議会」の臨時理事会が開かれて、開発業者さんからJR岡崎駅前の開発のプランの説明があった。

英前広場が写真のようになるという。
来年11月から変わって行く予定だ。

10万人都市の玄関みたいなのが、これで30万人都市の表?玄関くらいには見えるか?
実際には人口39万人都市、愛知県で3番目なのだが。

愛知県は、1位名古屋市230万人↓、2位豊田市42万人↑、3位岡崎市38万人↑、一宮市38万人↓、豊橋市37万人↓と、他の県なら県庁所在地レベルの人口の都市が並んでいる。

ところでこの駅前施設の計画には、「平成47年取り壊し」の計画まで組まれている。
へえ、そんな計画まで含まれてるんだ。
30年後、また新しい駅前が見られるってことか、楽しみね。

さらにところで、この企画・建設を進めるのは九州福岡の業者、岡崎市の公募に応じたということだ。
なるほどね。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月01日

ご近所

image会社から最短のコンビニが4月いっぱい閉店なので、昼食に雨の中を10分歩いてうどん屋さんに行った。

久しぶりに歩いた会社の東南一体の従来からの住宅街。
ずいぶん素敵な新築のお宅が増えていた。
えっ、こんなに空き地があったんだっけ? 
建て直されたお家も多いんだろう。

会社周り西と南に広がる春咲の丘220戸、素敵なお家が一気に出来たのだが、それに刺激を受けたのかも知れない。
刺激を受けたのは施主さん、そして建築会社もだよね。

環境が好循環で素敵になっていくと良い。街が綺麗になっていくと良い。
それは人に生活にとって、良いことなのだよ。

実は私は、印刷物やグラフィックの力で、仕事や町や生活を綺麗にしたい。
それが我が社の社会貢献、地域貢献だと思ってるのさ。

綺麗なデザインで溢れている地域にしたいよ。
これぞ、我が仕事。  
Posted by brother_p at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月14日

南部ダリヤ会総会、出席は「誰や」なんちて

image印刷工業組合60周年の祝賀会は欠席で向かったのは岡崎、南部ダリヤ会総会。

毎年恒例の参加で、60周年より重要かというとそうなるのか?
いつのも会場で、いつものメンバーで、いつも全く同じ席。
マンネリといえばそうなんだけど、印刷業・関連業の方々との交流よりは、地元の社長さんとお話しできる会というのがいいのかな。

福引は当たらなかったけど。
それもいつもか。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月02日

知らぬ間に…、完売か。

image更地になってた。

会社まわりに開発された225戸の団地。
5年前に販売が開始された。

その団地の案内をする敷地内の不動産ショップが閉鎖となり、更地となったのだ。

当初の売れ行きも順調で、早期に完売に近かったんだけど、売れてない区画もあったようだね。

で、このたび真の完売となったということか。
当社新築移転が、2006年。
住宅地売り出しが、2011年。
2012年春咲健診センターが出来、2013年翔南中学校が出来た。
で、2016年。

この春咲の丘の変貌の10年。
我が新社屋も10年。
不動産ショップの跡地には、最後のワンピースが埋まるのだろう。

次の10年は、我が社の変わる10年。
さあ、2016年。  
Posted by brother_p at 20:17Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月17日

まちづくり講演会

image夕方から、「まちづくり講演会」

主催は、「出会いの駅おかざき推進協議会」「岡崎商工会議所」「南部ダリヤ会」
岡崎南部のまちづくりを企画し、盛り上げる各団体だ。

私もそれぞれの会で役員議員としてお役目を果たそうとしている。

image今回の講演会の講師は、岡田邦彦氏。

「日本ど真中まつり」を大成功に導いた方だ。
元松坂屋社長としても著名な方である。

話は、祭りの成功ノウハウというよりは、「考え方」のお話だった。
成功事例を参考にするという話より私好みの話、面白かった。

私自ら「成功事例は失敗の元」なんて演題で講演した過去もあるくらいね。  
Posted by brother_p at 20:32Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月10日

宴の後

image月曜の朝、会社に向かう奈良井公園。
前夜の町内会の盆踊り大会の後片付けをやっていた。

今年度の町内会の担当の方たちだ。
日頃町内会活動に協力的でないわたしは、「ご苦労さま」の声もかけずに横を通り抜ける。

しかし、今年はちょこっと心境が違うかもね。
先週の岡崎大花火で、地元意識の芽生え?もあったり、地元盛り上げ大事だなと思ったり。

そう言えばこの盆踊り大会、例年は「うるさいなあ」なんて感じてたのが、今年はそれほどでもなかったかもね。  
Posted by brother_p at 08:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月01日

岡崎城下家康公夏まつり第67回花火大会

image今年は、「家康公四百年祭」の関係もあってか「岡崎観光夏まつり」の冠が「岡崎城下家康公夏まつり」に変わってた?

それは、私にとって関係ないが。
いや私、家康公四百年祭の特別委員だから、関係あるか。

今回の花火見物は、感慨一入だった。

見事な花火だったよ。
毎年、しらけ気味(失礼)に見てた花火の見事なこと。
綺麗で迫力満点、刺激的だった。

毎年進歩してるんだね。
特に今年は。
地元のスポンサー企業も力を入れてるみたいだし。
地元の盛り上げ、大事だね。

各地の花火大会もどんどん派手になっている中、本家岡崎*の面目躍如たるものがあった。
良かったよ〜。
自慢の地元の花火大会だよ。

(*徳川幕府から火薬の扱いを唯一?認められた土地岡崎で、花火という地場産業が発達したとやら)  
Posted by brother_p at 23:30Comments(1)TrackBack(0)

2015年07月19日

ミャンマーKIBOH奨学会総会と、あおい奨学会最後の総会

image本会を以って、あおい奨学会は2001年2月から14年間の役割を終える。
ミャンマーの14名の学生の支援をし、うち11名の医師を育てることができた。

これは、岡崎城南ロータリークラブ会員の近藤正俊くんの尽力に依るものと言っていい。
岡崎城南ロータリークラブが全国の他クラブに向かって、この支援活動を胸を張って伝えられるのも、彼のおかげだ。
感謝&ご苦労様。

その役割は、2014年スタートのミャンマーKIBOH奨学会に引き継がれる。
岡崎城南ロータリークラブの力を借りることの多かったあおい奨学会から、自立型のミャンマーKIBOH奨学会への移行だ。
日本(32名)とミャンマー(9名)両国に会員を持つ。

その二つの会の合同の総会が、7月17日夕方より開催された。
「もう引退する」と宣言した(にも;かかわらず)近藤正俊くんの取り仕切りで行われた。

総会の議事の後は、小宴を囲んで飲食と談笑。
私は体調不良(下痢〜風邪、つまり胃腸風邪?)でおとなしくしていたが、近藤くんから私に定番の振り。

「オカダくんは、軍事施設で干してあった軍靴を撮っていて、銃殺されそうになった」と近藤くん。
(かなり、盛ってある)
「われわれ訪問団のほとんどは下痢したのだが、オカダくんだけは一度も下痢したことがない」と近藤くん。
(その私は、2週間前から下痢が続き、その下痢は治ったが、咳が止まらぬ状態でこの宴席にを囲んでいるのだ)
そんなオカダくんも、体調不良いや急速度で回復途上なので、飲むのも食べるのも、騒ぐのも控えた宴だった。  
Posted by brother_p at 11:57Comments(1)TrackBack(0)

2015年06月06日

自転車道路交通法、強化

image6月1日、自転車の道路交通法が改正された。
強化されたという表現が適切か、罰則も強まった。

その準備だったのか、近所の道路にもはっきり塗り替えられた自転車レーンなど目についた。

概ね、ドライバーさん達は歓迎の様子だ。
もっとしっかり取り締まってくれ、運転に邪魔な自転車をみたいな。
それは、クルマ族にしてみたら、取り締まりの強化を自らも受け入れざるを得ない微妙な感じかもしれないね。
スピード違反等の取り締まりに不条理感をもってるドライバーって多そうだし。

歩行者さん達も歓迎の様子だ。
歩道を疾走する自転車、スマホしながらの自転車は、確かに危険だ。
対クルマならクルマが強いが、対歩行者なら自転車は凶器にもなろう。

そういえば私、自転車にハネられたことがある。
ブログにも書いたか。書いてないね。

その模様は……(続く)  
Posted by brother_p at 22:46Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月02日

当意即妙

imageロータリーの例会に来たら、全員に「ロータリーの友」(発行:ロータリーの友事務所)と「岡崎城下ど真ん中歩き」(発行:未来城下町連合)が配られていて、おや?と。

折しも、例会の卓話は「交流事業を考える」。
主に会津若松城南RC周年事業訪問の報告だ。

数人の卓話者は、口々に会津若松城南RC会員の歓待の心・催しのすばらしさを訴えていた。
地元会津の良さを伝える気持ちが溢れていることへの驚きと、教訓も。

それを聞いたとき、なんとこの「岡崎城下ど真ん中歩き」パンフレットのタイムリーなことか?
ロータリー会員も地元の良さの認識をしてないんじゃないか?
それで岡崎の良さを語れるのか?
このパンフには、それが盛り込まれている?
「知ってますか? ロータリアンさん?」って。

このパンフは、旧岡崎城郭内、城郭周りのお店・会社に数十部ずつ置かれている。
来店・来社された方がお持ち帰りになるのが狙いなのだろう。
今回ロータリーへこのパンフの提供者は会員のK司法書士事務所さん。
事務所に置いておいても、来所者が持ち帰ることもない、ということで提供してくださったんだろうが、なんとタイムリー。

当意即妙、と勝手に理解・賞賛している。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(1)TrackBack(0)

2015年04月28日

「ご近所」平和

image会社正面の生け垣の惨状。
椿は乱れ咲き、それよりも雑草生え放題なんだが……。
その生け垣に、踏み固められた道がある。
近所の子どもたちが入り込んで、駐車場で遊んだり、安い自販機で飲みものを買ったり。
してんだろか。
塞がないとね。

この生け垣に面した歩道には、例の不法駐車がたまに。
これは、駐車してあるクルマのフロントのワイパーにでもはさむ警告文を用意したのだが、まだ使うチャンスがない。

「ここはブラザー印刷の敷地につき、
 駐車しないでください。
 敷地を、歩行者のために歩道の形にしてあります。
 歩行者の安全のためにも、駐車は禁止します。」

そんな折、先日休日に会社裏庭の草刈りをしていたら、芝刈り機の騒音がうるさいと苦情を承った。

東と南L字型に10軒、北側正面道路をはさんで5軒に囲まれたブラザー印刷。

ご近所平和。  
Posted by brother_p at 17:31Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月12日

立候補は7名。

IMG_5266愛知県会議員選挙。
岡崎額田選挙区は、5人定員に7人立候補。

各地で無投票選挙区相次ぐ中で、投票が行われほっとしている。
豊田なんて無投票だし。
いいのか、そんなん。

岡崎額田選挙区のポスター掲示は、写真のように6枚しかないところもあり、投票日近くになってやっと7枚揃ったなんてところもあった。

低調。
これじゃ、選挙も要らなきゃ県議会も要らないよね。  
Posted by brother_p at 17:39Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月06日

昨日、雨の家康行列を歩いて。驚愕の事実? 

image今回図らずも家康行列に参加、家康四百年祭のPR隊として練り歩くことになったのだが、実は今回が「家康行列」初体験!

練り歩く側どころか、なんと見物もしたことが無かった。

岡崎市民待望のさくら祭、そのメイン行事とも言える「家康行列」を見物したことすらないのだ。
今回で65回を数える「家康行列」、私の年齢は65歳だが、その間一回も見てないのだ。

なんたる岡崎市民。

今回行列に参加してみて、一緒に歩いた社長さん達の地元に対する姿勢、沿道の熱心な岡崎市民の姿を体験して、反省しきりというか、よくも今までシラケて?いたもんだと。
(屋形船にはのるけどね)

岡崎大花火にも、そんな態度の私だった。

地元密着、地元を愛するということを、見直さなくちゃと思った次第。

写真は、明代橋から見える小雨に煙る桜。
行列しつつ、眺めてた。  
Posted by brother_p at 17:35Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月05日

家康行列を歩く、家康顕彰四百年祭PR隊

image岡崎市さくら祭恒例の家康行列に参加した。

家康顕彰四百年祭のPR隊として、2時間かけて3.5kmを練り歩く。
そのPR隊列を先導するのが、四百年祭のPRに採用した「はんにゃ」と「おかざえもん」の乗る街宣車。
四百年祭のTVCMにも「はんにゃ」が出演している。

雨の中を、藤色の法被を着て、練り歩く。
沿道には、雨にもめげず岡崎市民の人並み。
私の前方は、この写真の景色。

「はんにゃ」は「おかざえもん」とはしゃぎすぎて、四百年祭のPRもおろそかに。
家康顕彰四百年祭特別委員から、おこられてた。

なんにしても、貴重な体験。おもしろかった。
特別委員長のA社長によれば「6000歩」ということ。
運動にもなった。  
Posted by brother_p at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月03日

今年は、小雨の屋形船

image愛知県印刷工業組合岡崎支部の総会の前に、恒例となった「屋形船遊覧」
菅生川を20分遊覧、1000円。

昨年は、強風のため欠航だったので、2年ぶり。
印刷組合員に声をかけたのだが、集まったのは3社5人(とその家族)。
Y社とB社。

毎年(あれば)乗っている私としては、なんでかなあと思う。

水面の高さから、沿岸の桜や菜の花を眺める。
いいもんだよ。
今年は、小雨の屋形船。
それはそれで、楽しめる。
20分だけど、「もう20分なの?」って思うよ。

ぜひ、来年はみんなで乗ろうぜ、屋形船。
岡崎印刷組合の社長諸君!  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月29日

岡崎桜まつり太鼓フェスティバル

image知人が出演しているというので、岡崎桜まつり太鼓フェスティバルを見に行った。

小雨だっかのが、本格的な雨の中。
岡崎城二の丸能楽堂なので、一応屋根はあるが、吹きっさらしで冷えること。

でも舞台の上は、34団体各18分だから、朝9時過ぎから夜8時近くまで、熱い演奏が続く。
私の知り合いの出番は、お昼前の出番の小学一年生。

前のグループも知り合いが出てたり、太鼓ってけっこうやってんだなあって。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月04日

マジ、チェックメイト

image久しぶりの、ご近所情報。

225戸の分譲もほとんど完了し、我が社屋を囲む住宅も、最後の一角が着工となった。
「詰み」である。

何にもない日清紡績の一角に進出した我が社。
いつの間にか、大きな健診センターが出来、中学校が出来、我が社との間を埋めるように(と言うには広過ぎ?)225戸の住宅街が完成しようとしている。

環境の良いところに引っ越そうとここに来た。
それが今、ここの住民にとってウチが環境となっている。  
Posted by brother_p at 22:07Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月28日

まちゼミに、ブラザー印刷参加

まちゼミ12第4回おかざき駅前ゼミ(通称「まちゼミ」
2015年3月14日ー4月13日の一ヶ月間に渡って、JR岡崎駅周辺で全35講座が催される。

まちゼミ11今回は、ブラザー印刷も参加。

3月30日13時〜15時、「俳句を詠んで楽しもう!」と題して、句会を行う。

同時に、本づくりの楽しさも語り合おうって目論み。
定員20名なので、お申し込みはお早く! ですよね。

tel->0564-51-0651

まちゼミ1 まちぜみ2  
Posted by brother_p at 17:39Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月24日

Nothing's Gonna Change My World?

imageImagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
No religion too
Imagine all the people
Living life in peace

イスラム国が日本人を人質にした。
身代金の期限の72時間が過ぎた。

頭の中は、このジョンの歌詞。

これは、
平和のためのマントラじゃない。
日本国憲法第9条じゃない。

私は信者でもない。

でも、頭の中でリフレイン。  
Posted by brother_p at 20:18Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月26日

「音楽でつなぐ私たちのまちづくり」

DSC0043211月26日、コンサートがひらかれた。
場所は、地元岡崎シビックセンターコンサートホール「コロネット」

題して「音楽でつなぐ私たちのまちづくり」
〜JR岡崎駅イメージソングお披露目会〜

DSC00437ジャズの街として定評のある?岡崎の南の玄関「JR岡崎駅」のイメージソングをつくり、それを駅構内でBGMとして流す。もちろんジャズ。

その出来上がった曲のお披露目コンサートなのだ。

DSC00442主催は、「出会いの駅岡崎推進協議会」「岡崎信用金庫南部ダリヤ会」「岡崎市」「岡崎商工会議所」。
私はそのうち三つの団体の関係者として絡んでいる。

プログラムは:ー
1.JR岡崎駅イメージソング披露(作曲:山中惇史
  演奏:山中惇史(写真・上)
2.羽根音頭(ジャズバージョン)披露(作曲:磯村泉)
  演奏:岡崎市立翔南中学校吹奏楽部
3.JR駅前羽根の街唄(ジャズバージョン)披露
  (作曲:深谷英治・作詞:志賀為利)
  演奏:田村俊子(ピアノ)、村田羽衣(ボーカル)
4.岡崎市立翔南中学校校歌(ジャズバージョン)披露
  (作曲:山中惇史・作詞:加藤政幸)
  演奏:岡崎市立翔南中学校生徒有志、山中惇史
5.ピアノ演奏
  演奏:山中惇史
  演奏曲:リスト作曲「リゴレットパラフレーズ」  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月04日

戦争は終わる。あなたが望むなら。

image長年来ていた「WAR IS OVER」を捨てることにした。
もうボロボロ、コテコテになっちゃったし。

ジョン・レノン・ミュージアムは2000年10月9日(ジョンの誕生日)に開館し、2010年9月30日に閉館した。
東京出張の折とかに数度訪れ、このWAR IS OVER ウィンドブレーカーもここで買った。

これを愛用していた私は、街中でよく発見された。
ミャンマーにも着て行った。
軍事政権下なのに。関係ないか。
入管では緊張した。わきゃないか。

戦争は終わってないが、捨てることになった。
もうボロボロ、コテコテになっちゃったし。

ところで、世の中戦争だらけ。
戦争が無くなるどころか、増えている。
そして、停戦に向かう活路が見出せない。
平和への活路が見いだせない。

このオノヨーコ(とジョンレノン)の「WAR IS OVER」も無力だったよね。
そう言うなかれ。
毎度書くけど、「WAR IS OVER」の下に小さく「IF YOU WANT IT」。

「戦争は終わります。あなたが望むなら。」
さすがのオノヨーコ、すごいです。

あなたが望んでないから、戦争は終わらないのです。
戦争を望んでいるから、戦争は続くのです。

敵がいることを望んでいるかのようです。
相手を敵と名付ければ、欠点を探します。
欠点を見つければ、そこを攻めたくなります。

味方と名付ければ、良いところを探します。  
Posted by brother_p at 13:04Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月10日

土曜の朝、出勤のためNRI公園を横切る。

image昨日土曜の朝、出勤のためNRI公園を横切る。
土曜は通常休日なのだが、お盆連休確保のために出勤日となっているのだ。

NRI公園には、町内盆踊りの櫓の骨組みが出来かかっていた。
「おおっ、今日は町内盆踊り大会の日か?」

だとしたら、私は準備の手伝いをしなくてすむのか。
出勤だし。
本番の盆踊りの騒音?に悩まされずすむのか。
帰り遅いし。

な〜んて、地域密着してない私。

ちなみに、お盆連休確保と言いつつも、11日(月)12日(火)は営業日で、13〜17日がお盆連休というブラザー印刷である。  
Posted by brother_p at 00:30Comments(2)TrackBack(0)

2014年08月06日

クレーンが目に付く、近所

image今朝、始業と同時くらいに会社を出た。

6時過ぎには出社してるので、始業と同時と言っても、ひと仕事(もふた仕事)もした後なのだ。
(な〜んちゃって、かっこいい? その割に仕事片付いてないか)

会社の駐車場の向こうに、夏の空。

そう思って眺めていたら、向こうにクレーンが見える。
そういえば、最近近所でクレーンが目につくなあ。

会社周りの区画には、(何度もお知らせしてるように)226戸の住宅街が出来上がろうとしているが、さらに周りにも住宅地が開発されている。

そして、そこそこに新築の戸建て住宅がチラホラ。
これは、旧住宅街の空き地や建て替え。

この辺、ひょっとして発展?
なんて、余裕の気持ちで出かけた。

ウチも発展しなくちゃね。  
Posted by brother_p at 21:44Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月27日

チェックメイト

imageクレーンは、我が社屋をつり上げようとしているのではない。

会社の東側に着工となった一軒はラス前、あと一軒で会社の周りは住宅で埋まる。
つまりチェックメイト、あと一手でツミだ。
ビンゴならリーチ(立直?)。

かと言って、会社経営がチェックメイトになっているわけではないよ。
狭き道だが、まだまだ活路を開かねば、ってとこか。

そう言えば、64歳。
コチラも詰まないようにしないといかんね。

敷かれたレールは無い。
生きてくってのは、活路をつくり続けることなんだろうね。
生きる道、活きる路。  
Posted by brother_p at 10:01Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月16日

地域密着という名の品質低下

IMG_8906近頃よく聞く「地域密着」なんだけど、おやと思ったりする。

もちろん、全国区の大企業と違って、中小零細企業は地元に目を向け、身の丈?の仕事をすることは大事なことであると思う。
そこには、地域に目が届く堅実な企業活動となり得るとも考える。

ところが、地域密着という名の品質低下は気になるね。
印刷物で言えば、地方ゆえのダサさがあったり。
他の業種商品でも、地方ゆえの品質レベルがあるよね。
どこへ持って行っても恥ずかしくない品質あっての地域密着と行きたいもんだね。

ましてや、地元密着(優先?)の名のもと、よそ者企業の排他の動きは言語道断。
良いものを手に入れるという、市民の権利を妨げるものだよね。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月24日

二階東南角が社長室、なんだけど

imageそろそろ、我が社屋の周りもチェックメイト状況。
社屋の真東部分の3世帯分?のみが未着工なのだ。
写真は、真東から見た社屋。
一番左の窓が社長室。
手前は造成済み未着工の空き地。
imageすっきりと見えているのだが、実は左にもう完成し、入居済みの住宅があるのだ。

いずれ、もう近い将来、カーテンが閉まるように住宅が遮り、社屋のこのステキな?「横顔」もみなさんからは見納めになるんだよ。
ぐすん。  
Posted by brother_p at 21:50Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月13日

見えなさレポート

imageという訳で、当社の周りは住宅で埋められて来た。
春咲きの丘の北側を東西に走る片側歩道(ここも花と緑)付きの二車線道路。

この道を使って、我が社への西からつまりJR岡崎駅側からのアプローチ。
住宅に遮られて見えない我が社、50m手前から姿を見せ始める。
写真がその様子だ。  
Posted by brother_p at 22:43Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月11日

出会いの小径にポケットパーク

image出会いの駅おかざき推進協議会の事業の中に、ポケットパークの建設がある。
JR岡崎駅東地域の土地区画の結果、数か所できた空き地を、小さな公園にしようというものだ。

ほとんどが出来上がろうとしている。
imageその名も、
「バラの広場」
「ジャスミンの広場」
「フジの広場」
「カズラの広場」
「ニンドウの広場」

これらのポケットパークのある通りを、この度「出会いの小径」と呼ぶこととなった。

image社員と「ニンドウの広場」横を通りかかったとき、「お買い物の帰りとかに、子供が休めていいね。助かる。」と言っていた。
その社員は、小さな子供が二人いる。

そうか、そうだね。
いままでこの協議会の役員をやっていて、漫然とこのポケットパークのことを考えていた。
職務怠慢、頭脳の怠慢を思い知った。

ユーザー目線の説得力は大きいなあ。

なんにしても、鈍感な私。
この企画は、しっかりそれを見据えてつくっただろうに。  
Posted by brother_p at 22:40Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月06日

ゴミ出していいのかなあ。

image5月6日は世の中祝日だが、当社は営業日。
世の中大型連休だが、当社はカレンダー通り。
さらに、祝日>営業日に。

飛び石のままで残したり祝日を営業日にするのは、有給休暇を取りやすくするため。
なんちて。

6日朝、通勤のバスを降りて会社に向かう道に、ゴミの集荷場?(ゴミステーションって言うんだ)にゴミが集められてる。 

「あ、今日は火曜日。可燃ゴミの日か」
それくらいは知ってる。

でも、祝日でも集めるんだ。
知らなかった。
今期、町内会の組長なのに。

ここにゴミステーションがあるんだったら、通勤途中に自分のゴミ捨てられるよね。便利。
ゴミもってバス乗るの、いやじゃないし。

あ、それいけないのかなあ。
自分の町内でないところに捨てたら。
町内会の組長なのに知らないや。

看板(写真)みたら、いけないって書いてない。
じゃあ、いいんだ。きっと。
町内会の組長なのに知らないや。
今度、捨ててみよ。  
Posted by brother_p at 16:30Comments(2)TrackBack(0)

2014年03月28日

角を取られる。

画像1近所平和シリーズというか、開発・近所の住宅建設のレポート。

ついに北東角が着工。
そう言えばちょい前、地鎮祭してたなあ。
角を取られるったって、角(つの)じゃないよ。
オセロでもポイントのポジション、詰むか。

なんだかようわからん重機が、わが社屋を襲おうとしてるよな。

画像1今朝通勤時、この東側(左側)の道を、駐車の工事車とハザードを点けた工事車が道を塞いでたなあ。
ちょこっとの間なんだろうけど。

クレームじゃないよ、ブログで記録。

そろそろチェックメイトだね、わが社。  
Posted by brother_p at 19:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月17日

東側も、迫られる。

画像1西側南側レポートに続いて東側。

社屋から10mの庭を隔てて石垣、その上に竣工間近の住宅。
4月1日の消費税増税を見据えて、急ピッチの建設の仕上げ段階か。

この手前にも3棟建設予定で、当社は囲まれる。
そこまでが、「春咲きの丘」225世帯。

写真の向こうに見えるのは、その「春咲きの丘」でなく「自由の丘」の数棟。
相乗効果で建築、街が新しくなる。

その真ん中にブラザー印刷、いや端っこか。

折しも今日、岡崎市から平成26年度固定資産税課税明細書が届いた。  
Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年03月13日

「脱亜論」

画像1「脱亜論」
〜「興亜論」なる攻撃から日本を護る為に〜

時事新報・明治18年3月16日社説の現代語訳(原文・時代背景解説付き)

Kindle電子書籍で読んだ。

何故、この本を?かというと、この社説を書いたのは福澤諭吉先生。

その中に、
「悪友と仲良くするものは悪名を免れない。私は心からアジア東方の悪友である支那朝鮮との絶交を宣言するものである。」

おっ!との記述。

近頃の日中日韓の問題も、今に始まったこっちゃない。
ずっと友好関係を保っていて、急に悪化したんじゃない。
明治18年(1883)3月16日、ちょうど131年前、福澤先生は見切っておられた。
なんたる慧眼。

この本、amazonで102円。
ぜひ読まれたし。  
Posted by brother_p at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年02月27日

こちらもそろそろ迫られる。

画像1「迫られる」と言っても借金の返済じゃない。

南向きのプレゼンルームの窓から外を眺めると……。

まず、広々とした視界を提供している窓枠。
昨年、ジャングル状態を刈り取られた裏庭。
続いて、視界の下半分を遮る石垣。
その上に、工事用の柵が見え始めている。
そして、距離を置いた向こうに紅い屋根の住宅が出来ていた。
その向こうには、開発造成時に残すこととなったクスノキの大木。

もうじき、その住宅までの間にも住宅が出来る。
石垣の上に出来るのだから、窓からの景観が消える。
この位置から、空は消える。残念。  
Posted by brother_p at 18:01Comments(0)TrackBack(0)

2014年02月24日

ついに隣地が着工

画像1近所の約220戸建て売り住宅街も、だいぶ出来上がって来たぜ、春咲の丘。
出来上がって売れたところから、もうとっくに住んでいる。

そして、ついにウチの会社の隣接住宅のひとつが着工となった。

5e915961ちょうど1年前、会社の西側通用口あたりの様子を、写真で見比べていただこう。
その時は、その先の住宅着工で、名物レトロの二中講堂がみられなくなったというとき。

今回の隣接地の一棟目着工に続いて、会社の南と東の二方が住宅で埋まっていくのだなあ。

我が社屋、なんでこんなに(無用の)駐車場が広いの?
コンビニでも作ったら?
ってな疑問が投げかけられて来たが、ここに至っては良かったなあと。
社屋の上に、十分な空が確保できる。  
Posted by brother_p at 14:00Comments(0)TrackBack(0)