2012年03月28日

日課、定位置

近頃、(というか人に練習が大事と偉そうに言うようになってから)帰宅すると何時であっても、私の定位置にギターを置く。
そして、一曲でいいから弾く。
通して弾く。
弾くと言っても、私の場合は「歌もの」だけど。

その前に飲む。
実は(内緒だけど)、とっくに独り飲みは解禁になっている。
軟弱、Mr.Nanjack。

ギターに手が伸びる前に、その先に見える「首枕」のお世話で眠りの世界に入ることも、たまに有り。
で、よくソファの上で2時頃目が覚める。
さすがにそれからギターに手を伸ばすことはないけど。

今の弾き語り課題曲は「IF / Bread」。
弾いてたら、スカボロー・フェアに似てるなと思い始めた。  

Posted by brother_p at 23:05Comments(2)TrackBack(0)

2012年03月24日

きっかけ

18時から西三河印刷協議会。
西尾、知立・刈谷、安城、岡崎・豊田の印刷組合の幹部の懇親会だ。

場所は恒例の「八丁魚光」。
岡崎老舗の料亭、岡崎公園近く八丁味噌の発祥の地にある。

そこの仲居Mさん、ブラザー印刷にもヨシノ印刷にも縁の深い人だ。
ヨシノ印刷に勤めた後、仲居さんになったんだと思う。
(吉川さん、どう?)
彼女の旦那さん(私はタカちゃんと読んでいた)はブラザー印刷に勤めていた。
もう50年近く前、タカちゃんは私にお古のギターをくれた。

そのギターを抱えて、夜窓に自分の姿を映してポーズをとったりしていた。
その姿を窓越しの道路からタカちゃんに見られて、冷やかされたことを思い出した。

ビートルズに劣らず、私のきっかけを作った人と言える。
タカちゃんからギターをもらわなかったもう一人の私?は、今どんな人生を歩んでいるんだろうと思ってしまう。

タカちゃんは若くして亡くなった。
30年?もっと前か?
それから、Mさんはタカちゃんの姓を名乗って仲居さんを続けている。
もう80歳になるんだろう。

ここでの会合の度に、会えるのを楽しみにしている。  
Posted by brother_p at 20:31Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月18日

休日はyoutubeでRock!

近頃youtubeづいていて、睡眠を削ることもあったが、休日はゆっくり観られる。

観るのはRock、ギター。
今回は「永遠のロックギタリスト Char」、全部で4時間くらいか。
A面?がレコーディングとライブ、B面がギター遍歴を語る。

なんか、自分も「自分とギター」を語りたくなって来る。
ギターの名前をタイトルにしたエッセイで思い出をたどる、みたいな。
以前は、昔のヒット曲とそれにまつわるエピソードみたいな構成もいいかなと思ったりしていた。

ところで、買いまくった私のギター、今頃どこにあるんだろう?
20台以上はあったと思うが、手元には4台くらいしかない。

思い出しブログでも書いてみようか。  
Posted by brother_p at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月27日

それでいいのだ、IF

この土曜・日曜は、「IF」(bread, 1971)のギターを練習した。
学生〜社会人なりたての頃のヒット曲(全米4位)、その後日本の不倫ドラマ?の主題歌で有名に。

歌はおぼえていたが日の目は見ず、かなり経ってから従妹の結婚式で歌った記憶がある。
それでも30年くらい前。

とてもあのハイトーンは出なかったので、卑屈にもキーを下げ、ギターも普通のアルペジオで弾いて歌った。

それが最近のある日、オトモダチの一言で再度レパートリー?として浮上したのだ。
ハイトーンは、近頃私のキーが上がったお陰でなんとかカバーできている。
あとは、あのブレッド独特のギター。  続きを読む
Posted by brother_p at 09:01Comments(2)TrackBack(0)

2012年02月23日

ますます、幸せは安上がり

ギターチューナーったら、定価で2000円や3000円はしたもんだ。
大昔は、A音の音叉など買ってみたりして、コレも1000円近くした。

ところが、AppStoreで無料のアプリケーション。
オトモダチが持っていたので、私も手に入れた。サンキュ。
無料で高品質、欲しいと思った時にネットで即ゲットできる。

いいのかなあ。
AG、アフター・グーグル。
Ai、アフター・iTunes。

生活を大きく変えるだけでなく、これじゃあデフレを加速する。
社長としては!?だけど、生活者としては安上がり。

ところ、このギターチューナー、ヘッドにセットした従来型はフラット気味を検出し、iPodtouchは高めを示している。
これで、無料の方が正確だったら…。
インタフェースもかっこいいし、どーすんのよ。  
Posted by brother_p at 00:01Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月20日

グレッチ買った。

c050bc51.jpg499円。



かぶらなくて、ヨカッタ。499円もするし。

ホワイトペンギン。
綴り難しい。  
Posted by brother_p at 09:55Comments(1)TrackBack(0)

2008年12月20日

最強のコンビさ。

1217shinealight.jpgRolling Stones の映画「Shine A Light」を観た。

ライブの当日に、まだ決まっていない演奏曲。
それにヤキモキするライブ・プロデューサー?ディレクター?
カメラも照明も段取りができない。

1時間前、「曲順はいいから、せめて曲目だけでも決めてくれ」と祈るプロデューサー。
「最初の曲だけでも」、それもわからず、もう開き直って何が最初の曲か推理を始める。

ドキュメント映画なのに、その仕立てがいかしてる。

まさに、ロックだ。

キースとロニー(ストーンズの二人のリードギタリスト)へのインタビュー。
「ギターはどちらが上手いですか?」(オイ!)
「それは俺に決まってる」とロニー。
そう来れば当然インタビュアーはキースにも聞く。

しばらく間を置いてキース。
「どちらも下手だよ。だけど二人揃えば最強さ」

カッコイーッ!
涙出そう。(出た)  
Posted by brother_p at 12:10Comments(2)TrackBack(0)

2008年03月08日

帰宅後、ちかごろ

cbc7e274.jpg昨夜のように、商工会議所での会合が8時に終わったような日は、(夜の街へのお誘いはパスして)帰宅してみる。
会社では繁忙期で深夜まで仕事をしているが、帰社せず帰宅。
なんせ自宅は商工会議所から100m、10秒で帰れる。

そんな夜は近頃、歌ってる。
歌詞カードを前に、原曲キーで。

昨夜は、
Angie
Basket Case
Desperado
Eleanor Rigby
Everybody's Trying To Be My Baby
Every Breath You Take
……
そして、Hotel Californiaの復習?

ABC順にHまで。  
Posted by brother_p at 07:40Comments(9)TrackBack(0)

2007年06月11日

誘い下手だけど、誘われ下手?

clap&n今度の日曜に迫った「団塊オヤジロックバンド集合」。

まだ、曲を覚えてない。
まだ、歌詞覚えてないよお。

バンドのメンバーに「お客、何人くるの?」と聞かれ、「3人じゃない?」と答えたら巳喜くんが、「(その点)ボクラーズはスゴイ」と。
動員力だよね。
今回は、岡崎からン十キロ離れた春日井だし、このブログ以外他にはあまり伝えてないし、このライブに誘ってくれたK瀬さん夫婦が責任上応援にくるくらい。
その程度に思ってた。

前後に出演のバンドは応援がたくさん来るだろうが、私たちの出番には帰っちゃったりするだろうし。
あ、いじけてるわけじゃないよ。

そりゃ、来てくれればうれしいけど、誘い下手の私はどうも動員が苦手だ。
(今回は無料だけど)チケットを何枚さばかなきゃならないとか、そういうのってとても下手である。

だから、誘わず誘われず集まる、そんなのがいい。
計画中??のスタジオとライブハウスも、そんなのがいい。

「出ないか?」と言われ、「出る」と言っちまったのは、誘われ上手なのか、誘われ下手なのか、はたして。  
Posted by brother_p at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月19日

ドロップアウトして、はや3年。

ドロップ連休の2日間腰を休めて、日曜の夜は「DROP OUT 3周年ライブ」に行った。

DROP OUT はベンチャーズ・バンド。
他にもレパートリーは、渚ゆうこ、エミー・ジャクソン、ザ・ピーナッツといえば、わかるよね。
写真には写ってないが(意図的ではない)、女性が二人いる。

2年少し前、同じココ「サテン・ドール」でデビュー・ライブをやった。
その時はレパートリーは7曲で、2回のステージの曲はまるで同じのを2回演奏した。
アンコールがあれば3回目。

それが今回は、27曲に増えたそうだ。
2回ステージでおつりがくる。  
Posted by brother_p at 19:32Comments(3)TrackBack(0)

2007年03月09日

ギターー(゜∀゜)ーーッ! その53:一夜限りのミカエラ

ミカエラバンド昨年復活したサディスティック・ミカバンドが、昨日8日一夜限りのライブを行った。
と、今日スポーツ紙で知った。

奥田民生(私は、岡田吉生)がゲスト出演。
ドラムはオリジナルメンバーの林立夫とは違うみたいな写真。

気づいたのはギターの持ち位置。
加藤和彦と奥田民生は、今時の持ち方。オヤジなのに。
ベースの小原礼はちょい低。
高中正義は、昔ながらの(ジョンとかノーキーとかの)高さに抱えている。
飾りで持ってる?ギターとリードギタリストの違いはあれ、やはり時代にミーハーなのがイカスんじゃないの、西銀座駅前。  
Posted by brother_p at 16:31Comments(3)TrackBack(0)

2007年01月04日

ギターー(゜∀゜)ーーッ! その52:初レレ

hatulele元日の夜、恒例の実家集合。

父の仏壇を前に、母と私弟妹の家族が食事とおしゃべり。
母が「おとうさんも喜んでるわ」。
母がそう言うからそうなんだろう。

仏壇を背にしてる私が、ふと振り向くと古いウクレレ。
あ、私が最初に買った弦楽器?
中学校の終わり頃買ったのか、ギターより先とは考えづらい。

マジと見れば、オバQの絵とBEATLESの文字。
共にいまだにみんなに愛されている。
このウクレレもBEATLESも、この時なければ今の私もない。

ってことを思うのもお正月。  
Posted by brother_p at 00:29Comments(2)TrackBack(0)

2006年12月22日

ギターー(゜∀゜)ーーッ! その51:サイレント・バイオリン

サイレントサイレント・バイオリンというものがある。

サイレント・ギターのバイオリン版(なんだそれ)なのだが、機能は「美・サイレント」参照。
平たく言えば、まわりをうるさくしないで弾けるバイオリン。
サイレント・ギターより少し高くて、7〜8万円。

RCのクリスマス例会に、いつもはン千万円の、ケースだけでもクルマが買えるというバイオリンを持って登場のK渕先生が、この日は7万円のサイレント・バイオリンで演奏した。

オーボエ、ピアノとのセッション。
音量で負けてはならじと、サイレント・バイオリンを使うこのねじれた使用法がイカス。

あ、そういえば、リー・リトナーがPVライブで弾いてたのが(サイレント・バイオリンじゃなくて)、ヤマハのナイロン弦のサイレントギターだったっけ。  
Posted by brother_p at 09:38Comments(1)TrackBack(0)

2006年11月10日

ギターー(゜∀゜)ーーッ! その46:SLOW HAND MADE...

Blackie焼け焦げブラッキーの写真。
いいえ、カタログ。

SLOW HAND MADE...
THE RETURN OF BLACKIE.

そうなんです。
ブラッキーの復刻版だから、ハンドメイド。
クラプトンだからスローハンド、なんて説明してどうする。

リイシュー REISSUE とも言うよね。

ところが、本ものモデルが60万円で、この復刻版が300マンエン!
1000台限定?(不確か)で、売上はクラプトンの建てた「ヤク中病院」に寄付されるらしい。
ミキくんには「買うなよ」と釘を刺している。
彼も「300万円は高いですよね」と言っているが、これは60万円を買う伏線のような気がせんでもない。
3年後に建てるスタジオとライブハウスのためにお金はとっときなさい。

11月24日発売、その1週間前の17日、私はクラプトン・ライブに行くのだ。  
Posted by brother_p at 21:04Comments(0)TrackBack(0)