2010年03月27日

花見

d3224c98.jpg便座なう。

seib**さん、tsot**さん、oniy**さん、朝早くから動いてるなあ。
(ats**さん、dais**さん、夜遅くまで動いてるなあ)


私は少し寝坊して、花見。
iPhoneのライブカメラで岡崎公園の桜見物。  

Posted by brother_p at 07:55Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月10日

放心

月岡トイレ月岡温泉でのトイレ体験。
脱衣場のトイレは中庭に向かってガラス張り。
開放感溢れる放水だ。

足型の上に立つと、正面のガラスに洗浄水が放水、つられて催し私も放水。

これはめったに見られぬトイレだが、脱衣場の定番と言えば体重計。
風呂上りの友人Tが「体重を測ってみよう」と体重計の上に立つ。
その後「……。」無言。  
Posted by brother_p at 10:50Comments(2)TrackBack(0)

2007年11月18日

どなたでもご利用になれます。

244e9036.JPG地区大会は3000名以上集まっているらしい。
昼食時は混むだろうと頃合いを見計らってトイレに来た。

「オムツかえシートがあります。どなたでもご利用になれます」と標示のあるトイレに入った。
普通のトイレも混んではいなかったが。

入ってみたら、広い!
3畳くらいある。
広すぎて落ち着かないくらい。

折角だから用は二つ足して出た。  
Posted by brother_p at 11:20Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月16日

ピスタチオ百景-43:トイレの怪

jaguchi未だに会社には早朝出勤。
勘違いしたら困るけど、社員みんなが早出することを願ってるわけじゃないからね。
早朝からトイレ掃除してる社長じゃないからね。

我社のトイレは、白と黒のデザイン、大きな鏡(男子用も)。
そして、蛇口がいい。
下に向いているのでなく、ほぼ水平に放水?する。ステキ。

ある日の出来事。
私がトイレに行くと、写真の如く水が出しっぱなしになっていた。
「?」
止め忘れなのだろうか、そりゃそうだろう。
わざととは考えにくい。
でもどういった状況で忘れるんだろう。不思議。

これもある週の出来事。
男子トイレの個室のトイレットペーパーが明らかに無くなっていた。
2連でホルダーがついているのだが、二つとも無い状態だった。
「あ、なくなってるな。急にもよおして入った人は困るだろうな。」
でも、使い切った前の使用者は当然気付いてるのに、補充しないなんていけないよなあ。  続きを読む
Posted by brother_p at 15:44Comments(8)TrackBack(0)

2007年02月19日

ダブル・アクション

めがねマスク家庭のトイレで、男性が小用を立ってするか座ってするかの議論?がなされている。
私は座ってする習慣になったが、「男がなんで座ってしなきゃならんのだ」という心理?メンツ?の要素も大きいようだ。

私は座ってすることになって変わったのは、手間である。
ズボンを下ろす>座る>する、アクションがひとつ増えた。
往復?なのでふたつか。

私のトレードマーク??の「はね上げめがね」と「マスク」もそう。
遠くは近眼なので眼鏡、近くは(老眼なので)裸眼、はね上げ。
自動的に上がってくれればいいが、手動なのだ。
マスクも常にしているが、当然飲食時ははずす。
アクションが増える。

確か拳銃にもあったよね。
シングル・アクションとダブル・アクション。
これは、暴発危険防止のためアクションを増やしてあるのだ。

あ、トイレも同じか、暴発防止。

ところで和式便器の場合はどうなんだろう。
大小兼用の和式便器ってあるでしょ。
同じ論争があるんだろうか。  
Posted by brother_p at 12:37Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月19日

もう一歩。あと一歩。

もう一歩休日の会社には、よく居る。
日曜日の午後出社すると、廊下の換気扇が、ひとつつけっぱなしになっていた。
「またやらないヤツがいる」って話ではないよ。

小用便器の前には、滴(したた)りが数個。
もう一歩、前に出なきゃ。
あと一歩、踏み込まなきゃ。

「アップを撮る時は、もう一歩踏み込んで撮りなさい」。
篠山紀信が言ってた。
自分もそう思って(撮って)たから、すごく納得した言葉。

ほんの一歩のことだけど、これが大きいんだよね。
この一歩の差は、単なる一歩じゃない。
物理的な、60cmってわけじゃない。

なかなかこの一歩が踏み出せない。
トイレも。
写真も。
日々の仕事も。
相手があることには、これが大切なんだよ〜。

守備範囲という言葉がある。
グランドの上に守備の境界線が画いてあると考える人は、60cm派。
この一歩が限りなく遠い。

相手様を補うのが守備範囲と考える人もいる。
その人は、いつもこの一歩を踏み出している。
そういう人がうれしい。  
Posted by brother_p at 03:13Comments(9)TrackBack(0)

2006年10月24日

トイレのつづき。

toto早起きは健康にいいというけど、夜更かしの私が早起きしたら体をこわす。
ってなもんだ。わかる?
「真理」とはそういうものなのです。
--
とここまで書いて(仮に)アップしたら、次女が「へりくつ」と書き込み。
早っ!

「真理」とはいかにこじつけか書きたかったのに〜。

朝早くから、社員が出勤する前から、毎日素手で便所掃除をしている社長さんがいる。
そうすると、心は洗われ、社員も変わり、社業も発展するらしい。
これぞ「真理」?

私は今日もトイレにこびりついた便を拭いた。
午後だけど。
汚れてるから、拭く。
それにより、またはここに書いたからと言って、誰が感化されるかも望まず。
気が付いたから、拭いた。

私に、伝えたいことがあるとしたら、
「『汚す役』と『きれいにする役』の役割分担なんてないよ」
ということ。  
Posted by brother_p at 06:03Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月23日

ピスタチオ百景-31:たかがトイレ、されど一歩前進。

トイレブラザー印刷のトイレはF社長のブログでも紹介された有名なトイレだが、自らも紹介。

設計前、社員に希望を聞いたら「ぜひ女子トイレには和式便器も」というのがあった。
一瞬「?」と思ったが、すぐ「!」。
女子トイレには、和式と洋式が共存している。
男子は洋式+小便用。

いつか書いたアイドリング営業マン。
玄関ホール横のトイレを必ず使って行く。
「おや!」っとは思ったが、怒っちゃいない。

考えてみたら、外回りの営業マンはどこで用を足すかは、大事な問題だ。
そのチェックポイント?に当社が選ばれるとは喜ばしいことである。
そう思うでしょ。

ただ、もう一歩の踏み込みが甘くて、足元に飛沫と雫が。
バージョンアップもう一息のうちの社員でも、まだそれがある。
他の会社の社員さんならしかたないか。
でも、望みは捨てないよ。
ブラザー2.0、しかしβ版。みんなで直そ。  
Posted by brother_p at 21:47Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月13日

F会長はトイレを撮って帰った。

ペングリッ10月12日は午後から、(株)フェロー会長なりたてのフルイ○さんが弊社初来訪。
F会長とWさんと私とコミPenチームの打合せ。
この日は、bCD社の「あさいわかい」も加わって。
ということは「あさいわかいふるい」トリオの完成だ。

5人でみっちり打合せ。
Penglish、介護日誌、etc.みっちり打ち合せをして、これで翌日の「コミPenフェア」もばっちり。

F会長は、新社屋のトイレの写真を、嬉しそうに撮って帰っていった。

帰る前にはもちろん大盛り上がりの食事会、なんか一人で盛り上がっていたような記憶が今蘇ってきた。
F会長が帰った後も、あさいわかいと深夜まで。
あさいくんは終電に乗り遅れていた。
いつもに増してハイテンションの私のせい?
そう、物事の始まり、なんかやるぞーって時はテンションがあがるよね。  
Posted by brother_p at 18:11Comments(0)TrackBack(0)