2013年12月15日

パンダマスクが変態、3代目?登場

画像1画像1







変態と言っても危ない話じゃない。
生物学上の変態なのだ。

パンダマスクがふっくらして、再デビューはクリエーターズ・マーケット。
(写真は、Musk de 66 Facebook より拝借)

以前は頬がこけててパンダらしくなかった。
(右写真の左)
であるにもかかわらず、数年前の採用説明会のプレゼンではデビューしていたのだ。
その後、頬に詰め物をするなど品種改良を重ね、今回のパンダマスクとなったのだ。
どうだろう? この出来は。  

Posted by brother_p at 09:12Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月21日

bCDパンダ発見

2fd0b6a0.jpgアソシエイツ101地区にしか生息しないとみられていたbCDパンダが、7月21日未明発見された。

地区:営業総務室奥
場所:デスク、キーボード上
頭数:1頭
状態:僅かに衰弱、下半身は確認できず  
Posted by brother_p at 06:30Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月22日

パンダはナンダ。

ぱんだ株式会社bCDのオフィスに住むパンダ。
眉間に宿命のスモール・bが哀しい。
やっぱりニワトリよりたまごが先。
広辞苑でもそうなっている。

広辞苑はアイウエオ順だから。

ところでこのパンダはナンダ。
展示会で(株)bCDのブースはいまいちインパクトがない。
そこでユルキャラの着ぐるみを考えてみようということになって、誕生したのがこのキャラパンダである。

お茶についてくるパンダのキャラよりよっぽどクォリティーの高いbCDパンダである。
といいつつもこのオマケのパンダ小皿もゲットしたけどね。

SCEサイトでこのbCDパンダグッズを売り出そうか。
着ぐるみとかかぶりものも売ったりして。
着ぐるみ=10万円くらいならお値ごろ。  
Posted by brother_p at 14:20Comments(1)TrackBack(0)

2007年01月08日

パンダ袋、姉妹編

パンダ袋私的に不評のパンダ袋を、ゆみちゃんにあげた。
うれしそうな顔をしたけど「もうひとつないの?」と言う。
お姉ちゃんのゆりちゃんの分も欲しいと言うのだ。
ゆりちゃんは、ふたつなければそのひとつを自分にくれとでも言いた気。

ゆりちゃんゆみちゃんは小学校高学年、ひとつ違いの姉妹。
もちろん私の子ではない。念のため。
姉を思いやる妹と、まず私の姉。
ふ〜ん。
それよりもこんなパンダ袋がいいの〜?

生茶は好きでないが、無理して?買って二人にあげよう。
こんどのパンダは後姿。
きっと「かあいい〜」と気に入ってくれるんだろう。
柄の選択の主導権は、お姉ちゃんかな。それとも。  
Posted by brother_p at 22:05Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月30日

チャイナドレス VS パンダ、パンダの負け。

パンダ袋近頃コンビニに寄ると必ずペットボトル飲料のコーナーに行く。
お茶にオマケが付いてないかと。

ファミマによったらK社の350ml生茶にオマケが付いている。
それも私の好物の袋物らしい。
生茶は私の好物ではないが、オマケにつられて買った。
「生茶パンダ小袋(全6色)」、350mlペットボトルを持ち歩くための子袋、じゃない小袋。
あ、「パンダの子袋」ってネーミングもいいねえ。

開けてがっかり。
タオル地っぽい袋に、パンダのプリント。
それもかすれてる。

これじゃあ、S社の烏龍茶に付いていた「チャイナドレス型」の圧倒的勝利。
パンダを6色集めるのはやめよう。  
Posted by brother_p at 03:50Comments(0)TrackBack(0)