ボーカル

2021年06月16日

私、フラットくん。

IMG_0421リズム感が欠点なのは自覚してるけど、別に?

「趣味は音楽です」っていうと、
「楽器は何を?」っていうから、
「ギターをよく弾くし、得意ではあるけど、上手じゃない。」
「じゃあ、何?」
「歌」
「??」

若い頃のバンドでもリード・ボーカルをやってたけど、他のメンバーの中で上手いから歌ってたわけではなく、リアルに上手いっていう自覚があったので、歌ってたのだよ。

近頃、ビルボード社のお偉いさんから、「お前の歌は、はっきり言って下手だ」って面と向かって言われたけど、気にしない。
逆に、認められたくらいに思ってる。
なーんて、根拠のない自信が相手を怒らせるんだな。
「調子に乗ってんじゃねーぞ」みたいな言われ方によく遭う。。

実は、自覚してる私のボーカルの欠点は、音程がたまに下がり気味になること。
華麗なる?バイブレーション(ビブラート)で、包んで(誤魔化して)いるけど。

絶対音感を持っているIS上くんは見抜いていて、「オカダ、下がってるよ」。
そう、私はフラットくん。

フラットくんでも、世界的な歌手は多いよ。
トニー・ベネットとか。
味があるんだよね。

でも、味を追求するより欠点は矯正したいよね。70歳になろうとも。
まだ時間はある。
その上での「味」。

FullSizeRenderでも、近頃テクノロジーの発達により、自動音程矯正ソフトができて、プロの歌手もレコーディングでバンバン使ってる。
古くは「Pitch Shifter ピッチ・シフター」から始まって、近頃の定番新鋭機は「 Auto-Tune」。
こういったもの、機械好きのフラットくんと言えども、買わないね。
クソの機械くらいに思ってる。
自動で音痴を直して何になる。
作品としても違和感(素人には気付かれないが)が生まれる。
要するにクソ。

おりしも、youtubeチャンネル登録者236万人のRick Beatoも、6/16の動画で言ってるよ。
「Modern Music's Death By Auto-Tune」
「Auto-Tuneによる現代音楽の死」つまり、クソってね。

brother_p at 23:30 コメント( 0 )  

2021年03月06日

朝のミュージック(あさのりんご)

IMG_9810起き抜けのコーヒー、朝のミュージック。

自分の生活、自分の時間、自分の部屋。
朝の時間は、ゆったりと過ごしたくなってね。

前日夜更かししようが、朝眠かろうが、出勤とか活動が始まる前の時間、コーヒーを入れて、音楽を聴く。
そんな気になった。

ゆったりというか、眠気を楽しみながらまったりする時間。
朝のビートルズ、と思ったんだけど、それじゃあ目が覚めちゃう。
ほしいのは、まったり。

ということで、ジャズを聴き始めた。生まれて初めて。
これがいい。

選ばれしは、チェット・ベーカー。
TOKUからの流れだけど、初心者向けとも聞いてね。

トランペット奏者だがボーカリストでもある。
前にも書いたけど、楽器者の歌が好きなのだ。

チェット・ベーカーは歌も上手い。
ということで、初心者としては歌入りのものを聴いていたが、歌なしのジャズを聴いてみるとこれがまた、心地いいのだよ。

特に朝と深夜はね。

いや、待てよ。
歌詞を理解できるようになりたいって言ってたばかりじゃん。

でも、気持ちいいのだ。
まったりできる。
目が覚めない。

ところで、音源はApple Music だね。
アナログLP盤を聴いてんじゃないのってお思いかも知れぬが、意外とApple Music がまったりにあってるのさ。

むこうがやってくれる感だね。

brother_p at 23:30 コメント( 2 )  

2021年02月19日

MrB-6:CHASHVOX 'Beatleminus One'(1992)

IMG_9640CD 'Beatleminus One'。

6枚組アルバムが出てきたぞ。
1992年に出たCD、その頃買ったんだ、きっと。
何かと言うと、ビートルズからマイナス・ワンしたオケのCD。

ビートルズのコピーバンドが、ビートルズの曲の一人が抜けたカラオケを録音したもの。
つまり、カラオケ。

IMG_9652例えば、

5) She Loves You(All in)
6) She Loves You(−Paul)
7) She Loves You(−John)
8) She Loves You(−John & Paul)

6)なら自分が「ビートルズのポール」の役で歌えるってことね。

これはいいと飛びつくように買ったのかな? 43歳の私。

IMG_9641ところが今回、今後気軽に聴けるように(歌えるように)iTunesに取り込もうとしたら、「CD2」がない。
空っぽ!
(よくあるのだなあ、こんなこと。はは)


ところで最近のテーマ、「ビートルズ・コピーを”痛くなく”しているか」。

このCD、演奏している「CHASHVOX」。
当時、日本最高峰のビートルズ・ライブ・ハウス「キャヴァンクラブ」(六本木)に出演中のビートルズバンドからのピックアップ・メンバーで結成されたCHASHVOXである。

<ビートルズオマージュ度:☆☆☆☆★>

努力賞、4点をあげておこう。
なんて、偉そう。

それから、このCDボックスの解説を書いているのが、宮森正隆さん。
ビートルズ大学学長、2019年10月に金沢まで講義を受けに行った。コロナ前。

その時はこのCDとのつながりは、気づいていなかった。

なんか、「断捨離」に相応しいつながり方ね(^_^)


brother_p at 00:30 コメント( 0 )  

2020年12月14日

懐かCD-#34:GILBERT O'SULLIVAN, 'alone again'

FullSizeRender1971年のLP「Himself」を買ったけど、「Alone Again」が収録されていなかった。

それで「Alone Again」欲しさに、後世?に買ったCDがこれ。
編集版ベスト・アルバムCDなのかな?

買った?
ジャケットは丁寧にカラーコピーで製本してあり、CD-Rタイトルは盤に手書き。
プラスティック・シェルは、DVD用流用。

誰から借りて、コピーしたCDか?
なんと姑息な。

ところでギルバート・オサリバン、楽曲はもちろんだけど「声」が魅力だね。
「歌い方」かな。

アメリカと言うか、ポピュラー・ソングの本場?では、この「気持ち良い個性」がアーティストの「魅力」と評価されるみたいよ。

アメリカのタレント発掘番組「AGT」(America's Got Talent)の審査員も、「類稀なる歌声」を発見した時の感激具合がすごい。

同じ個性を望まれる国とえらい違いだ。
ビッグ・ネームと同じになろうとする「訓練」を積み重ねる国と偉い違いだ。

70歳すぎたけど、改めて心に刻んでおこう。
と、教訓話にしてしまった^^; 長文のパクリCDのブログでした。

ここまで、読んでくれた方ありがとう。

brother_p at 01:00 コメント( 0 )  

2012年02月03日

10th ANNIV. 66 WAS HERE

リードギターのMくんはOffice66という屋号のデザイナーなのだ。

そのOffice66の10周年記念に作った豪華?ギターピックをもらった。
5ケもらったので、1ケは小銭入れに入れた。

Mくんは近頃ボーカルに力を入れているので、私は失業しそうだ。
ギターボーカルから、ベースボーカル(って言うの?)に転向しようかなあ。
3ピースもカッコイイ。

でもなあ、ベース弾けないし。
大学入ってすぐ組んだロックバンドでは、ベース弾きながらリードボーカルしてたんだけどなあ。
あ、それすぐ失格になって、ボーカルに専念したんだっけ。

10周年記念に、40年前の思い出。
(正確には44年前か)

brother_p at 18:23 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  

2010年03月28日

遠征カラオケ部

0328kiyomi.jpgスティービー・ワンダー、3曲
エリック・クラプトン、2曲
ローリング・ストーンズ、2曲
エルビス・プレスリー、2曲
キャロル・キング、2曲
コモドアーズ、2曲
テンプテーションズ、2曲
ドーン、2曲
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、2曲
ジョン・レノン、2曲
の計21曲歌っちまった。

さて曲名は何でしょう?

聞いてどーする?

brother_p at 22:12 コメント( 2 )トラックバック( 0 )