2013年12月19日

焼き味噌も八丁味噌

画像1岡崎城南ロータリークラブは今年で25周年。
来年3月4日には記念式典が挙行される。

定番の事業として、
記念例会・懇親会、これはともに岡崎ニューグランドホテルにて。
その後、姉妹提携をしている会津若松城南ロータリークラブとの宴会、これは八丁魚光にて。

その八丁魚光の試食会も兼ねて、25周年実行委員会の忘年会?が開かれた。
八丁魚光は地元じゃ有名、みなさんご存知なので、単に年末に皆で飲みたかっただけというのが真相か。

ここのお料理に決まって出るのが、「焼き味噌」。
小皿に味噌を盛り、焼いたものだ。

もちろん味噌は、地元「八丁味噌」。
八丁魚光というからには、この八丁味噌の発祥の地に在るのだ。
ここ八丁には、八丁味噌の二大味噌蔵「まるや」と「カクキュー」がある。

二大味噌蔵と書いたが、「八丁味噌」を名乗れるのはこの二つだけなのだ。
と、なぜか強調してみる。  

Posted by brother_p at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2009年12月26日

生理学研究

12226SW.jpgブラザー印刷の部活に「生理学研究」がある。

暴燃会でその研究発表があった。

というより余興にこの「スター・ウォーズ」、頭にギヤをつけ、脳波でピンポン玉を上昇させるのだ。

この装置?、価格は99ドル80セントらしい。
「マッスル・センサー」の13,000円よりお買い得?
いやいや、「マッスル・センサー」もなかなかのもんです。

宴会では、やはり「スター・ウォーズ」の勝ちか?

ブラザー印刷が「マッスル・センサー」を売ってるってことは、「生理学研究」は部活じゃないね。
一部署だね。
ブラザー印刷株式会社生理学研究所って。  
Posted by brother_p at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

暴燃会2009

1226bounenkai.jpg例年仕事納めとして行う忘年会、今年は12月26日という早い開催。

新人(と言っても歳はいっているが)3人の企画で、ノリノリの会となった。
タイトルもそれらしく「暴燃会」。

他の社員もついて行ってたような。

お客様にもお土産が当って、良かった。
このPさんは、私のしめの「1、2、3、だあーっ!」を(好評につき)、「K社の新年会で使わせてもらいます」って。おみやげ。  
Posted by brother_p at 15:58Comments(0)TrackBack(0)

2007年12月01日

忘年会の夜・ほっかー

f7d89209.jpg居酒屋を出て、二次会はキャバクラに行くという。
おいおい今夜はそちら系かよ、と思ったが、40分待ちで他を探すこととなる。

結局、シックなバーに行く。
結局、ChicなBarに行く。
そのバーの名前を知って驚いた。

その店の名はHockerホッカー。
えっ!
わが「ほっか」に幸先がいい。  
Posted by brother_p at 01:25Comments(0)TrackBack(0)

2007年11月30日

忘年会の夜-1

c46b1820.jpg新幹線に乗っていると電話がかかって来た。
今夜の忘年会、蒲郡への到着時刻の確認だ。

6時頃、着いたらまずチェックインという。
え!?
泊まり?
そうか、そういえばそうだった。忘れてた。
パンツもシャツも高松一泊分しか持って出てない。
しかし、岡崎〜蒲郡、JRで9分、泊まりかよ。

4人の忘年会は、居酒屋さん。
それがずいぶんおみずっぽい。
女将さんはスナックのママ風、和服の若いオネエサンがお給仕してくれる。
ははあ、此処が選ばれた理由はこれか。>Tくん、Kくん。

トイレに行くと、目線の辺りにお店他いろいろなインフォメーションが掲示してある。
あ、これ地域ブログ的じゃん。
お店の繁盛狙いのブログを書く場合、お店の紹介を書くばかりでなく、関わりのある情報を載っけるといい。
この掲示のようにネ。  
Posted by brother_p at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年12月31日

年末表彰/忘年会にて

忘年会28日午後、仕事納めと忘年会の話。
場所は「葵丘」、料理は自然食、アルコール抜き。
烏龍茶を飲み、食事を続けていたら、体調が変になった。
この後のアルコール漬け忘年会に影響しなければいいが、といったところ。

忘年会に先立って年間表彰がある。
・勤続表彰
・勤務表彰
・技術表彰

永年会社に尽くすことがいいのかなあと、思う中での勤続表彰。
皆勤賞というアタリマエを称える必要があるんだろうかと、思いながらの勤務表彰。
技術表彰のネタなんてそうそうありはしない……と、ここ2〜3年口に出しつつもこの制度を続けていた。

ところが今年、賞状を渡す社長私の心境が違っていた。
表彰の後の社長挨拶でも話したが、
帰属意識というか、ちっぽけな会社でも会社を誇りに思い、勤務し続けることの重要さ。
時を守り、日々勤勉に通い続けること。それを称えることの大切さ。特に今の時代、モラルの乱れの中で。
そんな思いというか、自覚というか、社長の中に大きくなってきたものがある。
それは、社員さんに伝えなければならないことである。  続きを読む
Posted by brother_p at 06:44Comments(1)TrackBack(0)

2006年12月26日

きよしこの夜

きよしこ12月も最後の週ともなると、忘年会もひと段落というのが毎年のことらしい。
私は今週3つあるけど。
そのうちひとつは当社の忘年会で、この3年アルコール抜き忘年会である。

「毎年のこと」と書いたのは、ことしはいささか異変があるから。
学校の先生方の忘年会がないというのだ。
橋の下生活者の老人を殺して金を奪った事件が起きたのは、ここOK崎市。
中学生が容疑者。
そこで、市内に60校ある小中学校が一斉に忘年会を自粛している、と寿司屋の大将。
それもなあ。

夜の町には大打撃。
飲酒運転取締強化と相俟って、飲食店は閑古鳥のところも多い。
事件で自粛は一時的だが、飲酒運転対応は飲食店の大きな課題だ。

どうもこの国の人は(またこのフレーズごめん)酒よりクルマが好きなようだ。
公共交通機関とか運転代行が普及しても、「クルマに乗りたい」病なのだ。
こんなに温かい年末になっちまってるのに、「クルマに乗りたい」病でいいのかよ?  
Posted by brother_p at 05:10Comments(1)TrackBack(0)

2006年12月10日

一週間、その2

403357ef.JPGチュヤ、チュヤ、チュヤ、チュヤ、チュヤ、チュヤヤー、……。
月曜日には体調万全。
火曜日は「花りこ」Rの友人どもと。
水曜日はN君と美合「志のじま」。
木曜日は駅前「喜久鮨」税務調査官と法人会役員さん。
金曜日は創作彩席「亀泉」bCDの忘年会。
チュヤ、チュヤ、チュヤヤー、……。

美食・痛飲の一週間。
誘ってくれる人の少ない私の珍しい日程。

今朝、奥さん、「路上で寝ることがないように」。
「そんな記憶はない」。
記憶がなければ起きてないと同義、とは酔っ払いの論理か。

路上で寝たことは、確かにある。
でも、寝返りをうったらそこは車道なのに、不思議に歩道におさまっている。
酔っ払いにも一分の魂、じゃなくて「生存本能」。
頼りにしてるよー。  
Posted by brother_p at 22:54Comments(4)TrackBack(0)