2007年12月03日

朝の公園

552e705f.jpg珍しく背広を着て出勤。
コート無しでもちょっと肌寒い程度。
実は、ズボンの下にタイツは履いてるけどね。
いいのかなあ、12月だよ。

でもクルマ族は、クルマを降りて、おお寒い。
部屋に入れば、暖房ガンガン。
現実の実感が薄い。

ぼんぼん首相が、庶民の感覚とかけ離れて、現実把握ができないのに似てる?
恐いことだ。

公園の横を通ったら、暗闇から人声。
タバコの仄かな香り。
(臭いといわないと怒られる? 嫌煙家に)

目を凝らすと、ベンチで数人の老人がおしゃべりしている。
美味しそうに(そこまで見えないか)タバコを吸っている。

朝の爽やかな(寒いか)空気の中、タバコを吸っている。
家で吸うと怒られるんかな。
真っ暗な寒空にタバコを吸う。
嫌煙家には残念なことだろうが、これはペナルティーでなく、タバコの味を引き立たせることのようだ。  

Posted by brother_p at 06:13Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月11日

ここどこ?

keshikiどこの写真。
昨年の今頃はまだこの辺に会社があった。

え? 日本なの?
そう、我が社は日本にしかない。
そうじゃなくて。

電線があり、左側通行となれば、「やっぱ、日本だね」。
5月初旬なのに30度越しそうな日が続いたと思えば、急に20度を切りそうな日が。
しかも雷鳴まで轟く大嵐。

雨が上がってこの景色。
爽やかで、キレイ。
地球に病巣は広がっているのにね。
温暖化、砂漠化。

魔性の女の、誘惑の微笑みのような景色。
こんな悪女と付き合わされて、老人死んじゃう。
温められたり、冷やされたり。

神様、人(間)を見放したネ。
地球を任せたけど、「人を見る目」無かったって反省してるよ。  
Posted by brother_p at 10:46Comments(0)TrackBack(0)

2007年02月22日

ピスタチオ百景-37:菜の花の花は菜の花の花

菜の花当社プレゼンルームのすぐ窓の外に、数株の大きな菜の花が咲き誇っている。

確か、1月のうちからもう咲いていた。
これも暖冬かっ!
それに、ちょうどプレゼンルームから見える位置に咲いているので、誰かが植えたのかと思ったが、違うらしい。
タネが飛んできて、偶然ココに咲いたのだ。
Curtin Fig Tree みたい。
スケールはかなり違うが。

ところでこの「菜の花」って、植物の名前だろうか?
名前なら、この植物に咲く花は「菜の花」の花ということになる。
いや、花は花だよとなれば、花の名前は「菜」かよっ!
わからない。

「菜の花」って俗称・総称なのか。
そういえば、アブラナってのも聞いたことあるし、ナタネってのもあるなあ。  
Posted by brother_p at 05:16Comments(0)TrackBack(0)

2007年02月05日

不都合な真実

不都合な真実本屋さんでアル・ゴアさんの「不都合な真実」が平積みされていた。
封切られたばかりの映画「不都合な真実」の書籍版である。

「不都合だからといって目をそむけてちゃいけませんよ」というなかなか良い邦題(と言っても An inconvenient truth の直訳か)。
10年前のSCE出版「地球の未来を開く鍵」(ジョン・エンライト著)と論旨は同じである。

ところでこのゴアさん、映画のプレミアムで来日した1月に、「英語でしゃべらナイト」のパックンのインタビューを受けている。
このインタビューが良かった。
さすが、映画の中でも自分のことを「”元”大統領候補」と言って笑いを取るセンスの持ち主だけあって、秀逸である。
巧みに日本語を操り、パックンの目をトロンとさせていた。

それと面白かったのは、ハーバードの先輩後輩ということを告げたあと、パックンはタメ口で話していた。
逆だなあ。
日本だと、先輩とわかると妙にかしこまって「体育会系」になったりする。
特に名のある?学校だったりすると。

私の周りにもいるなあ、「先輩!」って言うのが。
この私に向かって、だよ。  
Posted by brother_p at 10:10Comments(3)TrackBack(0)

2006年12月09日

受難の季節

20度初冬は受難の季節。
暖房の入れ始めの頃。

バスに乗った。
車内が異常に暑い。
確かに寒い日だが、気分が悪くなるくらい。
昇降でドアの開閉が激しい運転席近くは、運転手さんにとっては強めの暖房をお好みなのかもしれない。
暖房は社員福祉かよ。欧米かよ。(関係なかった。)

会議に行った。大阪。
会議室内が異常に暑い。
確かに寒い日だが、気分が悪くなるくらい。
こちらは遠出で厚着、と言っても会場ではコートは脱いでいる。
背広族も暑そうにしてる。
暖房は(冷房も)かかりすぎ位が「大好き」人間が多いのかなと思う。

今年はあまりウォーム。ビズって言葉を聞かないような気がする。
わたしは、冬はウォーム・ビズ、夏はクール・ビズ。
つまり、ラフかっこうが仕事着なんだけど。

でも、温暖化って深刻だよ。
それと、自分には関係ないって性根も深刻だ。
室温は、冬は20度、夏は28度、文句あるかよ。欧米かよ。(関係なかった。)

ネクタイを捨てよ。
前世紀の遺物、明治のちょんまげだよ。  
Posted by brother_p at 20:47Comments(0)TrackBack(0)