2012年06月18日

「環境問題の真実を語る」を聴く

「原発と放射能について」
ー環境問題の真実を語るー
中部大学総合工学研究所教授 武田邦彦氏

引き続いて、商工会議所建築部会の講演会。
それまで、すこし待ち時間があったけど、スタバ。

(スペンサーが亡くなったって…)

講演はいつもの武田節(酒は飲め飲め、じゃないよ)。
原発不要。
CO2と地球温暖化とは無関係。

「節電したら電気代値上げになる」という私の警鐘と一致点も多い。
ただ、正しいこともあんな言い方したらかえって通じないなあって思うところも。

なんて偉そうに、ゴメン。
自分を棚に上げてね。

最後に武田教授のメッセージを、
「なぜ、節電して日本の子供の未来を奪わなければならないのか?」  

Posted by brother_p at 15:18Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月19日

ウチの空が

ba0a4935.jpgウチの敷地は60m×50m、正方形に近い長方形。

その角のふたつに電柱が立てられた。
もちろん敷地の外だが、数十センチ。

あと二つのコーナーにも立つのだろうか?
電柱と電線で囲まれてしまう。

それじゃ、プロレスのリングのよう。


そういえば、社屋を建てていたころ。
ひとは周りの環境のことをいうけど、自分自身が周りにとっては環境なんだ。
そんなこと、思ってた。

思えば昔。
思いは変わらず。  
Posted by brother_p at 08:29Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月09日

エコはおいといて

1dd582b6.jpg今年の夏は暑かったなあ。(と、過去形?)

これから毎年暑くなって行くとしたら、露天の駐車場って流行んなくなるよね。
しばらく(いや、ちょっとでも)駐めたあとの車内の暑さたるや。

こうなったら、アイドリングしたまま、冷房かけたままの駐停車OKにしないと、人が死ぬよ。ホント。
赤ん坊じゃなくても。
(パチンコ屋の駐車場の車中で死んだ幼児がいたでしょ)

法律?でOKにでもしないと。
環境問題とか、エネルギー問題とかいってる場合じゃないでしょ。
温暖化防ぐために、温暖で死んじゃうよ。

ちなみに。私はクルマを運転しない(クルマがない)し、環境破壊には心を痛めている。
誤解なきよう。  
Posted by brother_p at 13:49Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月27日

清いカラダ

f466e0b1.jpg昨日一日、手元にマスクがなくて、マスクしないで過ごした。

鼻・喉が渇くは、コンディション最悪。
たまに、本当に稀に、マスクをしないとこの有り様。

清い体になったもんだ。  
Posted by brother_p at 06:21Comments(0)TrackBack(0)

余波

0bf87513.jpg昨日は、顧問税理士さんの監査の予定だったが、中止。
その理由は、アイスランドの噴煙。
海外旅行先から戻って来れないのだ。

こんなところに余波が。
世界はひとつ。


なお、本文と写真は関係ナシ。念のため。  
Posted by brother_p at 05:30Comments(0)TrackBack(0)

2007年02月01日

心の汚染

地球の未来SCE文庫の「地球の未来を開く鍵」(ジョン・エンライト著)が100冊売れた。
SRA社のT社長ありがとう。

それにつけても、この冬の不気味な暖かさ。
社長室は、昼間窓を開けて仕事をしている。

人類の欲望は、自らの住処を滅ぼすまで広がり続けると言うのか。
ジョン・エンライト先生はその欲望を「心の汚染」と表現した。

「内なる要因……観念」
・人間は特別高等なので他の生物に何をしてもよい。
・所有と消費によって幸福になれる。
・環境は環境、人間は人間、未来は未来。
・何とかなる。(専門家がどうにかしてくれる。)
・自分たちにはどうしようもない。
・今までの生活を変えることはできない。
・犠牲を払ってまで行動できない。
(「地球の未来を開く鍵」ジョン・エンライト著より抜粋)

神様は地球を人間様に預けたが、文字通り「ヒト」を見る目がなかったようだ。  
Posted by brother_p at 05:56Comments(0)TrackBack(0)