2014年01月12日

今年も始まった。その1

今回のお正月休みは、整理週間だった。
整頓・清掃までは行かなかったが、整理は80%進んだ。
次は、整頓・清掃しつつ、整理も進めて行く。
(どれだけ大掛かりなんだ! 社長室のゴミ屋敷整理は)

画像1昨年(1年前)のお正月休みの課題。掃除・整理・整頓体重1kg減、66kg台キープそんなこと書いてたなあ。

写真は、昨年のお正月明けの社長室の応接テーブル。
やっと取り繕ってスペース確保した感がある。
この時(1年前)は、保管書類を分別evernote化し、かなりを捨てた。
課題も「掃除・整理・整頓」で、掃除(清掃)から始まっており、取り繕い感がある。
だが今回は違うぞ〜と、大整理を断行しているのだ。

「体重1kg減、66kg台キープ」の方は、今年のお正月は安定して「66kg台キープ」。
58kgコンスタントだった若い頃から10年かけて68kg代に到達?し、その後数年68kg代をキープ。
そして毎年1kgずつ減少傾向で、こちらは順調と言っておこう。

ただ、ブサイクな脂肪はぶよぶよと。  

Posted by brother_p at 09:53Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月05日

どう「5S」をやるか?の本。読めば出来るか?

画像18日間のお正月休みも、残すは今日一日。

8日のうち6日に「整理整頓」の文字が入ったお正月休みスケジュール。

まずは休日直前の本の整理整頓から始まった。
本を整理していたら、「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」「5S」の本が数冊出て来た。

さて、これらの本を読んでから整理整頓に取りかかるのか。
いやそうじゃない。
これらの本は本棚にも並ばず、社員に取られた。

で、私はというとひたすら「捨てる」ところから始めた。
何年も使ってないものは、これからも使わない。

そして、お正月休みの「整理整頓」スケジュールも8合目に達した今、まだ「整理」つまり「捨てる」ということが終わった段階。

逆に言えば、「整理」つまり「捨てる」がほとんどの作業なんだと。
「整頓・清掃」はそんなに時間が掛かるもんじゃない。

「清潔・しつけ」がちゃんとしてればね。  
Posted by brother_p at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月24日

清しこの社長室

画像1ついに、社長室に整理・整頓・清掃のメスがはいった。

ゴミ屋敷と化していた社長室が、応接の椅子に座れるまでになったのだ。
それも情けない話だが。

だが、まだ道半ば。
それどころか、25%くらいの3S率だ。

なんとか新年までには100%にしたいものだ。

会社のそこここで、整理整頓が乱れ、清掃が行き届かなくなっている。
そこで社長の大号令のもと、大環境整備(懐かし〜)と言おうにも、社長室がゴミ屋敷じゃ誰もついて来ないよね。

新年は会社が磨き上げられる年になりそうだ。

そう書いとかないと。
果たしてどうなる社長室。
続編を待たれよ。

クリスマスイブに、清しこの社長室。  
Posted by brother_p at 22:20Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月24日

トイレのつづき。

toto早起きは健康にいいというけど、夜更かしの私が早起きしたら体をこわす。
ってなもんだ。わかる?
「真理」とはそういうものなのです。
--
とここまで書いて(仮に)アップしたら、次女が「へりくつ」と書き込み。
早っ!

「真理」とはいかにこじつけか書きたかったのに〜。

朝早くから、社員が出勤する前から、毎日素手で便所掃除をしている社長さんがいる。
そうすると、心は洗われ、社員も変わり、社業も発展するらしい。
これぞ「真理」?

私は今日もトイレにこびりついた便を拭いた。
午後だけど。
汚れてるから、拭く。
それにより、またはここに書いたからと言って、誰が感化されるかも望まず。
気が付いたから、拭いた。

私に、伝えたいことがあるとしたら、
「『汚す役』と『きれいにする役』の役割分担なんてないよ」
ということ。  
Posted by brother_p at 06:03Comments(2)TrackBack(0)

2006年10月23日

ピスタチオ百景-31:たかがトイレ、されど一歩前進。

トイレブラザー印刷のトイレはF社長のブログでも紹介された有名なトイレだが、自らも紹介。

設計前、社員に希望を聞いたら「ぜひ女子トイレには和式便器も」というのがあった。
一瞬「?」と思ったが、すぐ「!」。
女子トイレには、和式と洋式が共存している。
男子は洋式+小便用。

いつか書いたアイドリング営業マン。
玄関ホール横のトイレを必ず使って行く。
「おや!」っとは思ったが、怒っちゃいない。

考えてみたら、外回りの営業マンはどこで用を足すかは、大事な問題だ。
そのチェックポイント?に当社が選ばれるとは喜ばしいことである。
そう思うでしょ。

ただ、もう一歩の踏み込みが甘くて、足元に飛沫と雫が。
バージョンアップもう一息のうちの社員でも、まだそれがある。
他の会社の社員さんならしかたないか。
でも、望みは捨てないよ。
ブラザー2.0、しかしβ版。みんなで直そ。  
Posted by brother_p at 21:47Comments(0)TrackBack(0)