2012年04月16日

春の宵は、つい寄り道

DSC08776昨日、ロータリーの会合の後、タクシーはやめて名古屋城まわりを散歩しつつ地下鉄駅へと。

途中、能楽堂のしだれ桜に誘われて寄り道をした。
岡崎に帰ったあとも東岡崎駅前で合流して、寄り道飲み会をする予定なのだが、その前にしだれ桜を愛でたのだ。

帰岡後、飲み会は出来たばかりの沖縄居酒屋。
メニューを評論?しつつ、娑婆の話、窓の外の駅前の待ち合わせのお嬢さんの姿も肴に。
私サイドは、背中を向けて見えなかったが、興味も無いし……。

9時前には早くもお開きとしたが、岡崎で合流組二人は不完全燃焼か、そのままは帰らなかったようだ。
岡崎公園へ行って散り行く桜で酒を飲んだか(はたまた、夜の花に会いに行ったか)定かではない。

私はもちろん!行かなかったが、今年は桜と接する機会が多かったなあ、と振り返ってみる。
また来年、きっと咲くサクラ。  

Posted by brother_p at 11:57Comments(2)TrackBack(0)

2012年04月06日

船からの桜

今日は17時から岡崎印刷組合の年次総会。
それに先立って、総会会場眼下の菅生川で屋形船による花見遊覧、45分間。

一昨年に続いて二度目。
天候にも恵まれ、水面から見上げる満開の桜を堪能した。

さあ、今から総会。
と言ってもかなり時間がある。

それまでの間、水上印刷(社長さんが全日本印刷工業組合連合会会長)がテレビ放映された時のビデオ鑑賞。  
Posted by brother_p at 16:59Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月31日

花見〜八丁味噌蔵〜懇親会

0331hune.jpg商工会議所工業部会3月例会はなんとも粋なツアーとなった。

菅生川(というのは俗称で、上流は男川、下流は乙川、だっけか?)を屋形船で流しながら、花見。
普段と違う目線での花見は新鮮、いいもんだ。

上陸して、岡崎公園の花見真っ只中を通り抜け、東海道二十七曲りを辿りつつ八帖町へ。
ここのは八丁味噌の老舗の味噌蔵ふたつ。
そのひとつ、太田商店丸や八丁味噌を見学した。

「八丁味噌」を名乗れるのは、ここともうひとつカクキュー八丁味噌のみである。
おぼえていおこう。

その後、その裏の「料亭魚光」で懇親宴会。
目玉が三つの、豪勢な例会だった。

ところが、この日はこれで終わらず、設計士のO大先生とカラオケ居酒屋に行ってしまった。

長い一日だった。  
Posted by brother_p at 22:35Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月30日

ロータリークラブは花見例会

28a045ec.jpgロータリークラブの花見例会、18時30分から。

例会のセレモニーをすませて、その後お弁当をいただきながら一杯、二杯、三杯……。
ただし、桜は窓の外。
カラオケも始まった。

その後、三々五々岡崎公園の夜桜へ。
その目的は、屋台の座敷で一杯、二杯、三杯……。

例会時のカラオケで火がついたのか、K彦さんの先導で岡崎ニューグランドホテルに戻ってカラオケルーム、数人。

私もいつも以外のレパートリーを披露した。
つまり、演歌だとか。
こちら系を歌うとほめられる。
ロータリー系では。

そして結構皆さま(私も含めて)出来上がり状態で、お開き。

あしたも花見、屋形船で。
これ、仕事です。

???  
Posted by brother_p at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月27日

花見

d3224c98.jpg便座なう。

seib**さん、tsot**さん、oniy**さん、朝早くから動いてるなあ。
(ats**さん、dais**さん、夜遅くまで動いてるなあ)


私は少し寝坊して、花見。
iPhoneのライブカメラで岡崎公園の桜見物。  
Posted by brother_p at 07:55Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月10日

ピスタチオ百景-39:どうにかもったサクラだが

窓桜社長室の窓からの見事な桜。

今日あたり、風に吹かれて散り始めた。
その散る様の美しさよ。

岡崎はこの土日はサクラ祭りだった。
この時期、サクラ祭りは各地であるのだろうが、当地岡崎は家康生誕の地、日曜日には家康行列が盛大に繰り広げられた。
天気もよく、大変な人出だった(らしい)。

3月の暖かさで、早く咲き、早く散り、サクラもこの日までもたないんじゃないかといわれていたが、しっかり咲いていた。
それで祭りも盛大でよかったのだが、いっそすっかり散ってしまった方が良かったと考えないでもない。

入学式とか、家康行列とかの季節のイベントの時に、すっかりサクラが散ってたりしたら、みんな温暖化を真剣に考えるかもしれない。  
Posted by brother_p at 04:11Comments(0)TrackBack(0)