2013年12月29日

ゴミ屋敷解消の道、中間報告

画像1社長室のゴミ屋敷解消も、5合目くらいまで進んだろうか。

社長のデスク横の足下の窓枠に、グザグザに積み上げられていた本どもにも、メスが入った。
1/4位は捨てたか。
残った8割はビジネス本、2割は趣味か。

DIYショップで棚板用木材を買って来て、見事に整頓された。

社長の読んだ本を社員に読んでもらうことは、ままある。
私の読書メモをブログで見て、「読ませて下さい」と言って来る社員もいる。

社員から「読んで下さい」と回って来て、未だ読めず3ヶ月経った本もある。
この本棚に。

今、kindleの電子本を購読することもちらほらあるが、この本は社員に読んでもらいたいときはどうすればいいんだろう。
コピーできないし、回し読みは出来ないっちゅうことか。

ちなみに、今は「リクルートのDNA」江副浩正著kindle版電子本を読んでいる。  

Posted by brother_p at 18:15Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月23日

「ゼロ」

02580-2-thumb-208xauto-23854「ゼロ」
なにもない自分に小さなイチを足して行く

堀江貴文 著

Kindle版をAmazonで購入

誰もが最初は「ゼロ」からスタートする。
失敗しても、またゼロに戻るだけだ。
決してマイナスにはならない。
だから、一歩を踏み出すことを恐れず、前へ進もう。

生い立ちから日の当たるところに出るまでの堀江貴文。
インターネットを知り、これだ!と思い、如何に自分が「営業」に目覚めたかというところが興味をひいた。

意外にも「営業」なのだ。
女性に声もかけられない堀江貴文が、営業に目覚めるくだり。

それと、このタイトル。
近頃の若者は、現状に掛け算を求める。
だが(現状の堀江貴文のように、すべてが失ったところ)ゼロに何を掛けてもゼロにしかならない。
ゼロには、地道に何かを足し続けて行くことしかないのだ。
と、ホリエモン。  
Posted by brother_p at 21:12Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月29日

明日、会社に行くのがシンドイあなたへ

no title電車の待ち時間にキオスクで文庫本を買った。
近頃買っても全く読まないので、買った時点でブログしてみよう。

「煩悩フリーの働き方。」小池龍之介

明日、会社に行くのがシンドイあなたへ
という腰巻(帯)のコピーにも惹かれて。

私は「明日、会社に行くのがシンドイ」ことはないので。
ま、明日は月曜日であるけれど、けっこう月曜日が待ち遠しいタイプなのだ。(本当?)

前書きをちょちょいと読んだら、軽妙な(人を食ったような)文章も面白くて、小池龍之介さん。

ところで、この本を買ったあと。
ホームを歩くおじさんに「前が開いてますよ」と教えて差し上げた。
喜ばれた。

今日の善行。  
Posted by brother_p at 08:24Comments(2)TrackBack(0)

2012年01月23日

『ストレスフリーの仕事術』

以前紹介した『ストレスフリーの整理術』の続編。

前著もそうだが、翻訳本のせいか表現がわかりづらい。
そのへん、ストレス。

前著もそうだが、考え方の説明に終始して、具体的なツールには言及しておらず、それがわかりにくさを助長しているのか。
まあ、考え方さえわかれば良いんだが。

早速、今日から実践。
考え方を学び、やり方は自分で工夫して。
----
著者:デビッド・アレン
監訳者:田口 元
二見書房・刊
----

この本の装丁だが、写真のタイトル部の印刷加工が気になる。
実際に破れてるのではないのだ。  
Posted by brother_p at 14:40Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月12日

「ストレスフリーの整理術」

落合の本は即読んだのに、この1冊は今日までかかった

「ストレスフリーの整理術」
論旨に「先送りしない」というのが出てくるのに、読破にこの一ヶ月というかかりようはなんだ!

ある日、社員のH瀬くんの(PCの)デスクトップに、写真右のような図が出ていた。
仕事をよどみなく進められる秘訣かなと、興味を持った。
私には大きな課題なので(実はH瀬くんもなのだろう)ね。

「それ何?」と聞いて、即この本を借りた。

はじめてのGTD
「ストレスフリーの整理術」
GETTING THIGS DONE by David Allen]

著者:デビッド・アレン
監訳者:田口 元
二見書房・刊

さあ、読んだぞ。
あとは実行だ。
「次にとるべき行動は何か?」なのだ。  
Posted by brother_p at 15:14Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月10日

まず、ツイッターでお知らせして

9c1ab5c1.jpgまた、ツンドク在庫が増えた。遠くに見えるは、仕掛りグーグル。

とツイートした。

ねらいは、それをみて「社長、早く読んで回してください」って催促を期待して。

という割には、まだGooleは、6合目なのだよ。  
Posted by brother_p at 17:30Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月18日

「貴流心氣体」

0817心気体.jpg「貴流心氣体」
貴乃花光司・著、扶桑社・刊

160キロから80キロダイエットした貴乃花の著。

ストレッチと四股を基本にした「食べたい物を我慢しない」ダイエット法が書かれている。
食べたい物は特にない私だが、運動不足解消の目的もあって、興味深く呼んだ。

靴下も履きづらいほど体の硬い(メタボなんじゃないの?)私の体質改善となるかどうか?

また胸を張って報告できる日が来るかどうか?  
Posted by brother_p at 00:10Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月20日

「デザインで視せる企業価値」

0720企業価値.jpg「デザインで視せる企業価値」
会田一郎・著、幻冬舎・刊

2010内定者への推薦図書とかで、早く読んでくださいとA井君にせかされ、今日読んだ。

なるほど、当社入社内定者には最適な推薦図書だ。
「デザインと企業戦略の一体化」を著者は説く。
ERP、BPR、アウトソーシング、リストラクチャーが内向きなのに対し、デザインの力による企業改革という外向き、つまりユーザーへの惹きつけが大事だ、と。  
Posted by brother_p at 18:56Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月03日

読書の果てに

読書の果て睡魔は突然襲ってくる。
とくに読書と運転(で20年前にやめた)。

近頃は読書の時間が多い。
本来なら、経営計画立案時に読書なんだろうが、今頃硬軟とりまぜ読んでいる。

読んでいると、突然眠りに落ちる。
グァクっとくる。首によくない。
ということで、首枕とワイヤレスヘッドホンとマスクをして、突然に備えて読み始める。
窓マスクは何故か?
社長のデスクの後ろには窓がある。
開けると豊かな緑が見える。ビートルズのフィギュア越しだが。
今の季節、窓を開けると気持ちがいい。

ところが、てきめんにくしゃみが出る。
ノドが変になる。
なんだろこれは?
温度差? 花粉? 排気ガス??

それでマスク。  
Posted by brother_p at 09:44Comments(0)TrackBack(0)

2006年10月01日

アフター・KAK□

afterKK昨日の午前中のN印刷経営計画発表会で、I社、B社、N社の「KAK画月間」が終わった。
行事の多い9月だけに手帳の埋まる月だった。

昨日、終わった後のS社長の開放感の午後。
3社長で味噌煮込みうどんを食べ、I社長の列車の時間まで、本屋さんとCD屋さんをうろうろ。
私は何を買うでもない。いや、買っても読まない、聴かないので買わないと決めていたにもかかわらず、写真の3点。

「オシムの言葉」木村元彦著、両社長推薦。
「Web2.0でビジネスが変わる」神田敏晶著、S社長は買ったが読んでないと言いながら探し出してくれた。

「Web2.0で…」の神田敏晶氏はI社長に縁の深い人。
親しい友人を通じて私も知らない人ではない。
私の中では、Webジャーナリストであり、ビートルズバンドをやっている、といったところか。

なぜ買ったか。
ささっと読んで、bCD出向のA井くんに回そと。
で、「オシム」をささっと読んで、弾みをつけて「Web2.0で」をちゃちゃっと読んでと思ったが、30時間経った今「オシム」を開いてもいない。

写真手前のCDは何か?
あまりにわかりやすい?買い方の2冊のあとで、買いたくなった「RICKEN'S JAM」。
もちろん(と思う人はいないか?)立憲麦価ファンのためのCD、創る側も聞く側も。

注1)立憲麦価は変換ミスで正しくは「リッケンバッカー・RICKENBACKER」。
注2)リッケンバッカー:ギターメーカー名、ジョンレノンが使ったことで(あまりにも)有名。  
Posted by brother_p at 17:31Comments(1)TrackBack(0)