2007年06月04日

NO DIRECTION HOME その3「ジョーンとヨーコ」

baezブーイングもテーマだが、全編ジョーン・バエズが出てくる。

年上のバエズとディランを観ていたら、「ジョンとヨーコ」の関係を思い出していた。
ジョーン・バエズは「母性愛」を感じたと言っている。
だが、二人の関係はディラン主導だったようだ。
この辺はジョンとヨーコと違うようだ。  

Posted by brother_p at 10:22Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月02日

NO DIRECTION HOME その2「ブーイング」

bobNO DIRECTION HOMEを観た。

ニューポート・フォーク・フェスティバルに、生ギターでなくエレキギターを抱えて出てきたディランに対するブーイング。
音楽史上、大きなターニング・ポイントとなったあのシーンが出てくる。
というより、このDVDのテーマなのだ。

曲は「Like A Rolling Stone」。
この曲のデビュー時は、ギターがマイク・ブルームフィールド。
ギターとしてはじかれたアル・クーパーが、なんとかセッションに加わりたいとオルガンとして名乗り出たエピソード。わあ!
その後、ステージのバックは別のセッションバンドが受け持つこととなる。
そして、その名無しバンドの名は「The Band」となる。  
Posted by brother_p at 10:01Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月31日

シナリオ

wakatake先日出席した俳句結社の式典の写真が、主催者から届いた。

感謝状をいただき、来賓として祝辞をしたのだが、現地でいきなり話すことを言われた。
前もって、短めの一言をと言われてはいたが、「感謝状をありがとう」程度ととらえていた。
ところが「来賓祝辞」なのだ。

写真の私は、まことにうれしそうに話している。
そうなのだ。
前もって言われない方が、原稿が無い方が、楽しく話せる。
台本があるのは、緊張するのだ。

これも先日の「総会議長」のようなものは、台本があるのでかえって緊張する。
そして意識的に「役目を楽しもう」という方向に向かう。
ただじゃ終われない。
悲しいサガ。S・A・G・A サガ。  
Posted by brother_p at 18:28Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月30日

ピスタチオ百景-45:虫垂かっ!?

11f26f62.JPG速いもので、新社屋になって来月で1年。

今になって気付いた。
会社の周りを左回り(北半球だから?)に回ってみたら、ペロンと何かが出てる。
ナニこれ?って感じで、よく見たら現像関係の機械の排気のダクトだ。

デザイナーさん、設計士さん、建築会社さんは非常にステキに造ってくださった。
何の不満も、ない。

ところが、機械メーカーさんはどうだ?
引越の搬入・設置をお願い(もちろん有料)したのだが、この仕事ぶり。
ナニこれ?

彼等にとって「工場」とはこんなもんなんだ。
我等にとっては誇れる「住処」なのに。
手抜きとは違う。
どこがいけないの?って感じ。
この虫垂クンもそう言ってるみたいにブランと。

恐いなあ。
ウチの製品もこうじゃないといいが。
心配だ。
「レ・レ勉」(レイアウト・レビュー勉強会)をやろう。  
Posted by brother_p at 10:49Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月29日

お茶がたまる。

cha水がたまるのは膝。
お茶がたまるのは、私の机。

早朝会社に行くと、今の季節は温かいお茶が飲みたい。
無人の会社でひとりお茶を入れるのかと、ついコンビニでお茶を買ってしまう。
会社の自販機はとっくに「冷たい」飲み物だけになっているのだ。

小さなボトル345mlを買うのだが、2口くらいしか飲まない。
1日かけても飲まない。飲めない。
私の水分摂取は飲酒なのだ。

でもまた翌朝は温かいのが飲みたい。
かくしてお茶がたまる。

で、思うのは、いつまで飲んでもいいんだろう。
お茶はいつから悪くなるんだろう。

キャップの下に「080119」て刻してある。
来年の1月19日までいいのは、開封してない場合だよね、きっと。

今度からティーバッグにしよ。  
Posted by brother_p at 23:59Comments(1)TrackBack(0)

2007年05月28日

決断

503f2d59.JPG静かな週の始めのはずだった……。

松岡農水相の自殺、ZARDの坂井泉水の自殺?

一昨日、長女Mに鹿賀丈史のキャリアを聞き、ロレツの回らない台詞の舞台を見て、「よく自殺しないでここまで来れたよね。表現者ってキツイと思うよ。」なんてオアシス21の水を眺めながら言ってたのが。

「自殺」というキーワードが、こんなに一気に来ようとは。

松岡農水相の場合は、自らの口をふさいだのか、誰かにふさがれたのか。
他に及ぶ迷惑?を死人に口なしで収めたのか。
変な価値観だが、そういった人たちって居ることも知っている。

ZARDの坂井泉水は「負けないで」って歌ってたよね。
自分で死ぬ決意って、負けたのか、決断なのか。

今日、夜になって私もとても辛い決断をひとつした。
社長の仕事。
たしかに孤独だが、それが仕事。
プロとは鈍感と見つけたり。  
Posted by brother_p at 23:50Comments(4)TrackBack(0)